最新記事一覧

NHK朝ドラ新ヒロイン永野芽郁の意外な素顔と過去

NHKは6月20日に、来春から放送が始まる連続テレビ小説『半分、青い。』に、女優の永野芽郁が主演することを発表した。同局で記者会見した永野は「誰かの(朝の)習慣になるドラマに出るのは不思議。自分らしく、楽しく演じられたら」と喜びを語った。 NHKのホームページによると、永野が演じる役柄『楡野鈴愛(にれのすずめ)』につい…

つづきを見る

「セーラー服」の発祥地は福岡か京都かで論争が勃発!

昔のアニメ『ハレンチ学園』(1970年10月~1971年4月)や、映画『セーラー服と機関銃』などで“大活躍”していたのがセーラー服だ。最近ではクイズ番組などで、タレントが着用していることもある。 そのセーラー服を日本で初めて制服として採用したのは、福岡か京都かで論争が起きている。 福岡市にある旧福岡女学校(現:福岡女学…

つづきを見る

なぜ?東京湾で高級魚「天然トラフグ」が繁殖中

トラフグは、下関など主に西日本で水揚げされる高級魚だ。しかし、その大半が東京湾から水揚げされたトラフグに取って代わられる日が来るかもしれない。 「昨年6月に調査したところ、江戸川区にある葛西臨海水族園前の砂浜で、天然のトラフグの稚魚が数十匹発見されたのです。トラフグは4月中旬から5月中旬に水深の低い浅瀬で産卵し、成長す…

つづきを見る

アメ車が日本で売れない理由と中国で勝負せざるを得ない状況

アメリカの自動車が日本で売れないのは、ドナルド・トランプ米大統領が指摘しているように、日本市場が閉鎖的だからではない。アメ車が日本人の心に響かないだけの話だ。 昨年実績を見ると、日本市場でのアメ車販売台数は約1万3600台。一方、アメリカでの日本車販売台数は役666万1000台で、アメ車は約490分の1しか売れなかった…

つづきを見る

「ラーメン大好き」キアヌ・リーブスが今回の来日で訪れたのは…

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』」(日本公開7月7日)を引っ提げ、前作以来2年ぶりの来日を果たしたキアヌ・リーブス。今回も大好物のラーメンを食べに行ったエピソードが明かされ、好感度がますます上昇したという。 訪れたのは、まず東京の赤坂にある『九州じゃんがら』で、チャド・スタエルスキ監督や関係者と共に午後2時ごろ入…

つづきを見る

北朝鮮の「偉大なる指導者」も真っ青になる過激な駄玩具

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル40【ロケット弾】~ 最近、また北朝鮮が頻繁にミサイル発射実験を行っています。政権寄りな新聞社、テレビ局ほど盛んに煽っているようですが、国民はもはや思考停止状態といったところでしょうか。失態続きの安倍政権としては、もうちょっと騒いでほしいところでしょうが、まぁ、毎度のことですから…

つづきを見る

「アッコにおまかせ!」で露骨に排除されはじめた峰竜太

日曜日の昼の情報バラエティー番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、MCの峰竜太が画面に映る場面が“激減”している。これには、6月2日にタレントでアーティストの泰葉が行った記者会見が影響しているという。 東京都内で開かれたその会見で、泰葉は元夫の小朝から度重なる暴力を受けていたと明かし、夏までに提訴する意志を明らかに…

つづきを見る

中国・習近平主席が孤立化…血で血を洗う権力闘争

学校法人『森友学園』と『加計学園』についての問題で揺れる安倍晋三内閣だが、アメリカのドナルド・トランプ大統領、中国の習近平国家主席、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領にくみしていけるのは、結局、安倍首相しかいないだろう。習主席とプーチン大統領には、選挙というものがない独裁体制を権力のよりどころにしているし、トランプ大…

つづきを見る

勝新太郎没後20年「座頭市」をはじめ語り継がれる数々の伝説

6月21日は俳優の勝新太郎の没後20周忌だった。これに関しては、テレビシリーズ『座頭市』の製作費を約20億円も肩代わりしていた、ストリップ劇場『浅草ロック座』の名誉会長である斎藤智恵子さんも今年4月に亡くなっており、一時代が過ぎた感じがある。 勝は23歳のときに大映京都撮影所と契約し、1954年の映画『花の白虎隊』でデ…

つづきを見る

「AKB総選挙」上位NGT48メンバーへの不正投票を告発する証拠

「恋愛禁止ルールで我慢できる恋愛は恋愛じゃない!」とコメントした『NMB48』須藤凛々花。これに対してはファンから「恋愛禁止ルールを破るアイドルはアイドルじゃない!」と批判されている。 そんな須藤に関する騒動の裏で、いつの間にか正当化されつつあるのが、『NGT48』メンバーに対する『第9回AKB選抜総選挙』での不正投票…

つづきを見る