最新記事一覧

野崎萌香は侍ジャパン『勝利の女神』!? 菅野から山本への“乗り換え”が話題

こんどは『オリックス・バファローズ』の山本由伸投手がターゲットか。7月27日付けの『NEWSポストセブン』が、山本投手とモデル・野崎萌香の〝ホテル密会〟をスクープ。野球ファンをザワつかせている。 記事によると野崎は、コロナ禍の7月11日、ペナント前半戦最後の登板で7回零封9勝目を挙げた山本投手と都内の高級ホテルでデート…

つづきを見る

瀬戸大也、池江璃花子、内村航平…代表選手の“予選敗退”に様々な反応

東京五輪・競泳の男子200メートルバタフライで決勝進出を逃した瀬戸大也が、自身に対する批判の声について言及。ネット上で物議を醸している。 瀬戸は大会初日の7月24日、本命種目400メートル個人メドレーで、まさかの予選敗退。決勝進出ラインに0.32秒届かなかった。レース後、瀬戸は決勝に向けて体力を温存させる作戦だったこと…

つづきを見る

『ミヤネ屋』宮根誠司が公開パワハラ! リポーターへの嘲笑に「胸クソ悪い」

7月23日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、司会・宮根誠司の発言が再びパワハラだと話題に。視聴者からは、宮根に謝罪を求める声が相次いでいる。 この日の番組では、東京五輪開会式直前の国立競技場の様子を、西山耕平リポーターが取材。ブルーインパルスが来る瞬間に静寂が生まれ、その中から「ゴーッ」という音と共に飛…

つづきを見る

転売ヤー擁護『ホビージャパン』大炎上で廃刊か…過去には“独禁法違反”も

人気模型雑誌『月刊ホビージャパン』の編集者が、自身のツイッターで転売屋を擁護するようなツイートを投稿して炎上。同誌編集部の公式ツイッターが謝罪文を公開したのだが、尚も世間の人々の怒りは収まらないようだ。 問題となったツイートの中で編集者は、《転売を憎んでいる人たちは、買えなかった欲しいキットが高く売られてるのが面白くな…

つづきを見る

日本人の“大坂なおみイジメ”止まらず…敗戦で非難が加速「人選ミス」

東京五輪の開会式にて、聖火ランナーのアンカーを務めたテニスの大坂なおみ選手。その姿は堂々たるものだったが、なんとネット上では、彼女を聖火ならぬ烈火のごとく叩く勢力が見られている。 「大坂選手はBLM運動に共感を示すなど差別反対メッセージを発していますが、どうやら日本には、〝反差別〟という当たり前のことも気に入らない人々…

つづきを見る

『ロンハー』若手女芸人が番組“ディス”?「あるある」「わかるw」

7月27日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、この日初出演の女性芸人が番組をディスり、視聴者から共感を得ている。 女性芸人14人が集い、現在の相方と違うメンバーとコンビを結成するとすれば、誰を選ぶか発表し合う企画を放送した。 メンバーの中で、ピン芸人の吉住は番組初出演。話を振られると、「リアルにこの番組、親が『…

つづきを見る

明石家さんまの“瀬戸大也イジり”が物議「芸人ちゃうぞ」「前時代的」

明石家さんまが7月27日、日本テレビ系の東京五輪中継で、競泳の瀬戸大也選手をイジって話題になった。「さんましか言えんだろ」と驚く声もあれば、「良い事と悪い事の区別がつかない」との声も。視聴者の賛否は分かれた。 さんまは有働由美子、平泳ぎの渡辺一平選手と3人でトーク。有働は女子200メートル個人メドレーで、大橋悠依選手が…

つづきを見る

『ロンハー』女芸人が感動の涙!?「胸アツだった」「自分まで泣きそうに」

『蛙亭』のイワクラが、7月27日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演。番組中に泣きそうな表情を見せ視聴者の感動を誘った。 女性芸人14人がゲスト出演。今とは違う新コンビを結成すると仮定して、コンビを組みたい女性芸人を3位から順に発表し合った。 ピン芸人の吉住は「『一人で楽しくやってるんだから放っといてくれよ』…

つづきを見る

フジ卓球中継で福原愛イジリ?「危うい」「苦笑いさせるな」と視聴者困惑

7月26日にフジテレビで中継された、東京五輪「卓球混合ダブルス」の決勝。コメンテーターとして元卓球選手でメダリストの福原愛が出演したが、彼女に対する番組側の質問に視聴者は困惑してしまったようだ。 決勝は日本の水谷隼・伊藤美誠と、中国の許キン・劉詩ブンの戦いに。結果は4対3で日本が勝利し、日本卓球界初の金メダルに輝いた。…

つづきを見る

Adoの『タマホーム』CMに苦情殺到!「マジうるさい」「反ワクチンなの?」

「ワクチンを摂取したら無期限の自宅待機」という斬新なルールを打ち出したとウワサされ、株価が大暴落している大手住宅メーカーの『タマホーム』。現在は歌手のAdoを起用したCM『ハッピーソングAdo篇』が放送されているのだが、多くの苦言が寄せられている。 CMは「ハッピーソング Ado篇 A」「ハッピーソングAdo篇 B」の…

つづきを見る