アニメ『SPY×FAMILY』“犬”を放置したまま2期へ…シリーズ構成にモヤモヤ

アニメ『SPY×FAMILY』“犬”を放置したまま2期へ…シリーズ構成にモヤモヤ

『SPY×FAMILY』9巻(遠藤達哉/集英社)

アニメ『SPY×FAMILY』(テレビ東京ほか)は分割2クールでの放送が予定されており、現在は1クール目のクライマックスに差し掛かっているところ。しかし、そのシリーズ構成に対して、視聴者からはツッコミの声が相次いでいる。

※アニメ『SPY×FAMILY』最新話の内容に触れています

6月18日に放送された第11話『〈星〉』は、アーニャが優秀な生徒に贈られる「星」(ステラ)を獲得する物語だった。

勉強も運動もできないアーニャだったが、ボランティア目的で病院に連れていかれたところ、溺れている子どもに遭遇。超能力を活かして人命救助を果たし、見事「星」を授けられる。

星を獲得したアーニャは、ご褒美に何をもらうべきか悩む。そこで、ペットとして犬を飼いたいと家族にお願いするのだった──。

ラストシーンでは、収容施設らしき場所に閉じ込められている“白い犬”の姿が。フォージャー家の新たな一員となるペットをめぐって、何やらひと悶着が起きる…という匂わせで、今回のエピソードは幕を閉じた。

1クール目の構成にツッコミ殺到

ところがそんな本編から一転、次回予告では犬の姿はどこにもない。「MISSION:12 ペンギンパーク」として、ロイド一家が水族館に出かけるエピソードが描かれるようだ。

同アニメの1クール目は、次回放送される第12話が最終話になる予定。つまりはペットをめぐる話はおあずけとなり、数カ月後の2クール目に引き継がれるのだろう。

そうしたシリーズ構成に対して、違和感を抱く視聴者は少なくない。家族の一員となりそうなペットが、放置されたままになることについて、《来週は犬回かと思ったら、まさかのペンギン回だった》《犬の登場フラグは立ったけど、次回はペンギン回なんだ。なぜ?》《スパイファミリーの犬の話はあと1話では無理だろって思ったけど、チラ見せしただけかよwww》《あれだけ匂わせた犬はまだ出番なし》といったツッコミが続出している。

ちなみに第12話の「ペンギンパーク」は、原作では“番外編”として描かれた作品。そのため第11話と第12話を入れ替えたところで、物語に何も支障は出ない。むしろ原作の順序でいうと、「ペンギンパーク」の方が掲載は先だった。

ペットの話まで描き切ることは尺的に難しかったのだろうが、いっそ最終回のラストシーンで“匂わせ”を盛り込んだ方が、すっきりと終われたかもしれない。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『SPY×FAMILY』9巻(遠藤達哉/集英社)

◆過去のアニメ「SPY×FAMILY」レビューはこちら

【あわせて読みたい】