猛暑

高校野球ドーム開催論を吹き飛ばした「夏はやっぱり甲子園」の声

全国で記録的な猛暑が続いた中、「球児たちを殺す気か!」と議論になった第100回全国高等学校野球選手権大会、いわゆる“夏の甲子園”が無事、終わった。 8月21日に行われた決勝戦は北大阪代表の大阪桐蔭が秋田代表の金足農を13‐2で破り、史上初となる二度目の春夏連覇を果たした。 「ドーム球場で行うべきだとか、開催時期をずらし…

つづきを見る

ショック!猛暑で「販売中止」に追い込まれた夏の人気商品たち

今年の夏は異常な暑さだ。7月から記録的な猛暑が続き、各地で35度を超える日が珍しくない。総務省の発表によると、熱中症による全国の死者数、救急搬送数ともに、2008年の集計開始以来、過去最多のペースだという。 この暑さで影響を受けたものがある。アイスだ。フタバ食品は8月6日、氷菓『SACRE(サクレ)』について「販売を一…

つづきを見る

猛暑対策「エアコンの潜在能力」を最大限に引き出す方法とは

連日の猛暑でエアコンはフル稼働という家庭も多いだろう。そんな中、ネット上で、室外機に“ある工夫”をすると効率よく部屋の温度が下がると話題になっている。 その方法とは、室外機の上に水をくんだバケツを置き、タオルを一部水に浸るようにして敷くというもの。 コーヒー仲間のバンライケンさんに教えていただいた、エアコン室外機の水冷…

つづきを見る

観測史上最高気温「41.1度」を記録した熊谷市にライバルの舘林市は…

異常とも言えるこの夏の猛暑に「もういいかげんにしてくれ!」という声があちこちから聞こえている。 そんな中、7月23日午後2時16分に、埼玉県熊谷市で国内の観測史上最高となる41.1度を観測したことが分かった。記録が更新されるのは、2013年8月12日に高知県四万十市で41.0度を観測して以来、約5年ぶりのことだ。 熊谷…

つづきを見る