『PS5』値上げに呆れるゲーマーたち…「ソニーは転売ヤーの味方」「箱に負けるぞ」

『PS5』値上げに呆れるゲーマーたち…「ソニーは転売ヤーの味方」「箱に負けるぞ」

『PS5』値上げに呆れるゲーマーたち…「ソニーは転売ヤーの味方」「箱に負けるぞ」 (C)PIXTA

市場に出回ることが少なく、今や入手困難となっている幻の次世代家庭用ゲーム機『PlayStation5』(PS5)。ただでさえゲーマーからの不満が高まっていたところで、なんと公式から“値上げ”が発表され、驚愕の声が巻き起こっている。

物価上昇の影響?『PS5』がついに値上げへ

「PS5」の販売元である『ソニー・インタラクティブエンタテインメント』は9月15日より、日本及び一部の国や地域で本体価格を値上げする方針を発表。従来よりも5,500円値上げした金額となり、日本での販売価格は、Ultra HD Blu-rayディスクドライブ搭載が搭載された通常版が税込み6万478円、デジタル・エディション版が4万9,478円での販売となる。

値上げの理由としては、世界中で発生している物価の上昇などが挙げられており、価格の改定は避けることができなかったようだ。「ひとりでも多くの方にPS5の体験をお届けできるよう、今後もPS5の供給状況の改善を最優先に取り組んでまいります」というコメントも発表されていた。

もともと手に入れられない代物なだけに、今回の値上げは購入者にとっては大きなダメージとなることが予想される。ネット上では、《いい加減ユーザーのこと考えないと、箱に負けるぞ》《本当に普及させる気あるのか、ソニーは》《PS5値上げとかバカじゃねえの。買えねえもん値上げされたところで余計興味なくなるだけやん》《そうせざるを得なかったとは思うけど、心象的も含めて全てが“悪手”でしょ》といった批判が続出している。

歓喜の声を上げるのは転売ヤーか…

「PS5」の売り方に不満の声が上がるのは、ほかのゲーム機の状況とも関係しているだろう。『任天堂』の大人気ハード『ニンテンドースイッチ』は一時入手困難だったものの、企業努力によって現在は好きな時に購入できるレベルまで復帰している。また現在の厳しい状況にもかかわらず、販売価格を変えていない。

ただでさえ売り上げに大きな差がついているが、ますます「ニンテンドースイッチ」と「PS5」の差は広がってしまいそうだ。

また値上げに伴い懸念されるのが、悪質な“転売ヤー”の存在。定価が高くなり、一般ユーザーが手を出しにくくなったとしても、豊富な元手がある転売ヤーには無関係どころかむしろ有利。さらに価格が上がる前に購入した本体を、価格高騰後に転売すれば、少なくとも値上げ分の5,500円が儲かる計算になる。この事実に気が付いた人も多く、《PS5値上げで転売ヤーホクホク》《ソニーは本当転売ヤーの味方だね》といった嫌味も飛び交っていた。

いつの日か、「PS5」に神風が吹く日は来るのだろうか…。

文=大獄貴司

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】