アニメ『ONE PIECE』985話“地雷系女子”うるティに悶絶「アニメでカワイさ倍増」

アニメ『ONE PIECE』985話“地雷系女子”うるティに悶絶「アニメでカワイさ倍増」

『ONE PIECE』99巻(尾田栄一郎/集英社)

アニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)の第985話『お玉への思い ルフィ怒りの一撃』が、8月1日に放送された。作中ではカイドウの手下で最強の6人と評される「飛び六胞」のうるティが登場し、視聴者の注目をかっさらったようだ。

※アニメ『ONE PIECE』最新話の内容に触れています

真っ先に「鬼ヶ島」の奥に乗り込んでいったユースタス・キッドを追いかけ、ルフィは単独で城へと向かう。一方でカイドウのもとには、「百獣海賊団」の大看板・キングの招集によって「飛び六胞」が集結。そこからうるティの大暴れが始まった。

カイドウは「飛び六胞」の面々をビッグ・マムに会わせる予定だったが、着替え中のため後回しにすることになったと報告。うるティはカイドウの部下であるにもかかわらず、「グダグダじゃねえか!」とため口でツッコミを入れる。

さらにカイドウは「飛び六胞」に対して、失踪した息子・ヤマトの捜索を命令。これにもうるティは「めんどくさ! あんたの家庭問題じゃん」と反応し、弟のページワンから「おい!」とたしなめられていた。

「ワノ国編」最強の人気キャラが爆誕

うるティは青とピンクが入り混じったロングヘアーに、口元を覆い隠す大きなマスクがチャームポイントのキャラクター。いわゆる〝地雷系女子〟のようなデザインで、原作に登場した時から大きな注目を集めていた。

今回、アニメによって自由奔放なうるティの姿が描かれたことで、視聴者たちは《コミックの時からうるティ好きやったけど、アニメ見たらもっと好きになった》《アニメのうるティとペーたん、カワイさ倍増してるよな。めっちゃ好き!》《うるティちゃん、カイドウにずけずけと…。すごいし、カワイイwww》とメロメロになってしまったようだ。

また、うるティの声を担当しているのは、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の赤城みりあ役などで知られる若手声優の黒沢ともよ。フレッシュな魅力が遺憾なく発揮された演技に対して、ネット上では《近年のワンピースキャラの中でも相当ハマリ役だと思う》《台詞の言い方や声が絶妙にうるティ!って感じがして、とても魅力的》といった称賛の声が巻き起こっている。

見た目・性格・声と、全方向で隙のないうるティ。今後描かれる戦闘シーンでは、また新たな一面を見せてくれることを期待したい。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』99巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去のアニメ「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】