社会

手芸用品の「ユザワヤ」が店舗増路線から一転して閉店ラッシュへ

大型手芸用品店『ユザワヤ』の閉店が相次いでいる。 ユザワヤは『ユザワヤ商事』が運営する手芸用品小売り業態で、全国に60店舗を展開している(2016年10月末現在)。ユザワヤは創業から2000年ごろまでの約50年間、主婦が住む郊外の駅前立地を中心に、3000坪クラスの大型店を構えるケースが多く、店舗数も6店舗ほどと、比較…

つづきを見る

小池百合子都知事が選挙時に掲げた「満員電車ゼロ」の公約はどうなった?

通勤ラッシュの詰め込み電車車両を改善しようと、“満員電車ゼロ”を公約に掲げた小池百合子都知事に、早くも暗雲が漂い始めている。 定員倍増の総2階建て車両を導入することで、混雑を解消しようという施策には、「車両の戸口が1階だけだと乗降に時間がかかって意味がない」といった指摘が以前からあった。また、「ホームも2層にするなどの…

つづきを見る

浅田真央愛用寝具「エアウィーヴ」がベンチャー企業世界大会の日本代表に選出!

画期的なイノベーションの95%はベンチャーから生み出されるといわれている。日本でも、古くはソニーやホンダ、近年ではソフトバンクやHISといった日本を代表するリーディングカンパニーは、いずれもベンチャーから大手へと成長した企業だ。 米フォーブス誌が毎年発表する、世界のトップ2000社に入っている企業は、アメリカ466社に…

つづきを見る

北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰

スーパーマーケットで一世を風靡した『ダイエー』がイオングループの子会社になって、まもなく2年が経とうとしている。そんななか、かつてダイエーが運営していたスーパー『TOPOS(トポス)』の最後の一店舗『TOPOS北千住店』(東京都足立区)が11月14日に閉店した。 TOPOS北千住店の歴史は古い。 「1969年に中国地方…

つづきを見る

薄利多売体質に陥った飲料業界で誕生する「コカコーラ&キリン連合」の多難な前途

  4兆円以上といわれる国内の清涼飲料水市場で、大手2社が協力への動きを見せている。業界首位のコカ・コーラグループと4位のキリンホールディングス(HD)が、資本業務提携を検討していると発表したのだ。 飲料業界には多数の企業が参入し、各社ともに次々と新商品の投入している。同時に薄利多売に陥り、利益率の低さも課題となってい…

つづきを見る

畑が荒らされる「獣害」がひど過ぎてオオカミを放つ計画が進行中

野生のシカやイノシシが、畑の作物や植林の樹皮を食い荒らすことに頭を悩ませている地域で、駆除の切り札として、海外から輸入したオオカミを野に放つ計画が浮上している。 福岡県添田町では、住民グループなどが10月23日に、聴衆200名を集めて『オオカミフォーラム』を開催した。そこで演壇に立った添田町役場の担当者はこう訴えた。 …

つづきを見る

日本の年金制度は中国、韓国、南アフリカ、メキシコ、インドより下の評価だという事実

年金支給額の新たなルールを盛り込んだ年金制度改革関連法案が、11月29日に衆議院本会議で可決した。 毎年の年金の支給額は、物価や現役世代の賃金の変動によって決まる。これまでは、賃金が下がっても物価が上がっていれば、年金は据え置きだった。しかし、改正案では2021年度から年金額も下げられることになる。 年金は世代間で意見…

つづきを見る

ドラッグストア(撮影許可取得済み)

コンビニの競合相手にドラッグストアが急成長中

これまでは商圏も商品構成も違うことから競合関係になかったコンビニエンスストアとドラッグストアだが、コンビニ業界はすでに、ドラッグストアがコンビニ市場を侵食し始めていると厳戒態勢に入っている。 コンビニはすでに全国で5万店を超え、市場規模も10兆円に達した。対するドラッグストアは、2013年度の経産省調査によると、全国に…

つづきを見る

Night taxi

ASKA再逮捕で浮き彫りになったドライブレコーダー映像はタクシー運転手の大きな副業

歌手のASKA(58)が覚せい剤取締法違反で再逮捕される直前に、タクシーのドライブレコーダーが記録した車内映像が各テレビ局のワイドショーなどで放送され、タクシー会社のモラルが問われるということが起きた。 車内の映像が放送され始めてから、SNSを中心に疑問と批判の声が多く挙がり、映像を記録していたタクシー会社の『チェッカ…

つづきを見る

「女性が美しく存在するため」に資生堂が保育園事業に参入へ

化粧品大手の資生堂が、保育園運営を手掛けるJPホールディングスと2017年1月に合弁会社を設立し、保育園事業に参入する。 2017年秋に第1号施設となる『カンガルーム掛川』を資生堂の掛川工場(静岡県)内に設置するが、入園対象は0歳児から小学校入学前の乳幼児で、50名程度を受け入れる予定だという。 「新会社の持ち株比率は…

つづきを見る