社会

永田町で飛び交う大阪・橋下市長12月任期満了後に東京五輪担当相就任

第3次安倍内閣が10月7日に発足した。しかし、永田町界隈では“隠し球”人事に早くも関心が集まっている。12月以降、新たに橋下徹大阪市長の電撃入閣が俄かに囁かれているのだ。 「今回の内閣改造の話題といえば、丸川珠代環境相と馳浩文科相くらいで地味。それより安倍首相と昵懇の仲の橋下市長が退任する12月後に、留任した遠藤利明五…

つづきを見る

大どんでん返し!インドネシア高速鉄道競争で「日本が中国に惨敗」の裏事情

えっ? 列車大事故をやらかした中国に日本が負けた? インドネシア政府が進めている高速鉄道計画(新幹線計画)で、日本と中国が激しい受注競争を繰り広げた結果、中国案が採用されることになった。 いったい受注競争の裏側で何が起きていたのか。 首都ジャカルタとジャワ島東部のスラバヤ(730km)を結ぶ高速鉄道計画が進む中、まずジ…

つづきを見る

日本列島を喰い尽くす!「外来スズメバチ」の驚くべき生態が判明

被害が日本列島全体に拡大するかもしれない。 凶暴で、狙いをつけた獲物を執拗に追い回す外来スズメバチの『ツマアカスズメバチ』。中国原産の外来スズメバチの被害に日本の養蜂家が苦しんでいる。 一昨年に韓国から貨物船などで対馬に入り込み、すでに九州地方で確認されているという。ツマアカスズメバチの外来種としての最大の脅威は、その…

つづきを見る

怯え太り…チキン暴君・金正恩の「やけっぱちミサイル発射」の恐怖

韓国陸軍が、北朝鮮の核兵器や長距離弾道ミサイルなどを破壊するための特殊部隊の編成を進めている。 韓国陸軍特殊戦司令部(特戦司)は、「敵(北朝鮮)の戦略的核心標的を打撃するための特殊部隊の編成を推進している」と明らかにした。韓国軍が、北朝鮮に対する「先制攻撃」を、現実的な選択肢として想定し始めたといっていい。 そんな危機…

つづきを見る

Rock concert

安保法案成立翌日に…安倍首相の妻アッキー「コンサート会場でノリノリ」で大ヒンシュク

安全保障関連法案が強行採決で成立(9月19日)した翌日に、安倍晋三首相の妻で“アッキー”こと昭恵夫人(53)が、世界最高峰のDJが集結したダンスミュージックフェスティバル『ULTRA JAPAN 2015』(東京・お台場)の会場に現れ、関係者から総スカンを食っていたことが明らかになった。 「東日本豪雨災害で鬼怒川が決壊…

つづきを見る

Business People in the City

また正社員がヘルゾー!アベノミクス新3本の矢が撃ち抜く「1億総格差社会」

「“1億総活躍社会”を目指す」のだという。まるで小学生の作文並みのネーミングだ。安倍晋三首相が国会の閉幕に合わせた会見での発言である。 さらには『新3本の矢』と銘打ち、 1.希望を生み出す強い経済=GDP600兆円 2.夢をつむぐ子育て支援の拡充 3.安心につながる社会保障の充実 以上を新たな目標として掲げているが、そ…

つづきを見る

東京・小平市美人看護師殺害事件「NEWS ZERO」が被害者の鍵付きTwitterアカウントを放送の“...

9月28日放送の「NEWS ZERO」(日本テレビ系)が、被害者と思しき看護師の“鍵付き”Twitterアカウントの投稿を放送した。だが、このTwitterアカウントは、外部に非公開とする“鍵付き”であることを示すアイコンが付されていた。これは承認を得たユーザーのみが閲覧可能のはずなのだが…。番組は、被害者と男の関係が…

つづきを見る

韓国でヒートアップ! 売春は「犯罪」か「職業選択の自由」か…年内に下される憲法裁判所の判決

韓国・ソウル市鍾路区(チョンログ)の普信閣(ポシンカク)前で9月下旬、約700人の女性が売春の合法化デモを行った。ハント全国連合とハント女性従事者連盟が主催したもので、女性たちは性売買特別法の廃止と性売買従事者の労働者認定を求めた。 デモに参加した女性たちはサングラスとマスクで顔を隠し「売春禁止法を廃止しろ」「売春は生…

つづきを見る

こんな所でも中国マネー乱舞!「若い子爆買い」で飛田新地が高齢化!?

中国人観光客が日本で購入する4大商品は「魔法瓶」「セラミック包丁」「洗浄便座」そして「電気炊飯器」だといわれているが、番外でダントツ人気なのが実は“風俗”なのだという。 中国人の“爆買い”が、大阪の遊郭・飛田新地にも押し寄せている。夜ともなれば、団体から離れ、別行動でやって来たと思われる観光客が出没。スマートフォンの翻…

つづきを見る

ステロイド剤でさらに悪化…それでも安倍首相が画策する「憲法改正への執着」

ドタバタの国会劇場は閉幕した。歴代の政権が禁じてきた集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法が9月19日未明に可決成立し、とりあえず安倍晋三首相は胸をなでおろしたといったところ。ただ、周囲は「採決が近づくにつれて顔色が青ざめていき、今にも倒れるかと思った。政権を放り投げた8年前とそっくりの表情だった」(自民党幹部)…

つづきを見る