社会

台湾で起きた日本人像「首切り事件」の闇

台湾の烏山頭(うさんとう)ダム建設の功労者である日本人技術者の八田與一(はった・よいち)氏の銅像が、4月16日早朝に頭部を切り落とされる形で破壊された。 このニュースは台湾で大きく報じられ、翌17日になって中台統一を目指す中華統一促進党の元台北市議会議員の李承龍が犯行を自供し、当局に出頭した。 すると今度は、4月22日…

つづきを見る

誤認逮捕続出?北京で「スパイ密告」に奨励金制度施行

4月10日から中国の首都である北京市が、一般市民からのスパイ行為の通報を奨励する制度『反スパイ法』を施行している。すでに同法により、日本人だけで4名以上が中国当局に拘束されたが、そのうちの2名は会社員と主婦、あとの2名は日中間の交流活動に従事している“友好人士”だ。 中国市民が意図的に罪のない日本人を告発しないか、奨励…

つづきを見る

スマホ

直撃取材「インターネット出会いトラブル」の実態

インターネットを経由して面識のない人々同士が出会い、犯罪やトラブルに巻き込まれるというケースはあとを絶たない。しかし、頻繁にインターネットで出会っているからといって、全員が危険な目に合うわけではない。とくに、女性が被害に遭うケースがよく見られるが、一体どんな女性が狙われているのか? “生主”と呼ばれる、動画配信サービス…

つづきを見る

「ミサイル協力協定」結ぶイラン・北朝鮮の深い関係

2010年3月に、韓国海軍の哨戒艦『天安(チョンアン)』が撃沈される事件が起こった。北朝鮮がイランと協力して製造した新型魚雷『CHT-02D』が、同艦を沈めたのである。 「1980年のイラン・イラク戦争がきっかけになり、北朝鮮とイランは兵器のやりとりを始めました。イランはイラクからスカッドミサイルの攻撃を受け、その対応…

つづきを見る

北朝鮮の「シリアやリビアへの武器提供」罪悪を告発する証拠

シリアのアサド政権が自国民に向けて、サリン(神経ガス)による攻撃を行ったと、広く非難されている。この攻撃で子供31を含む88人が死亡した。 シリアは、2013年に化学兵器禁止条約(CWC)へ加盟をしているが、北朝鮮は未加盟だ。現在、未加盟国は同国に加えイスラエル、エジプト、南スーダンの4カ国のみ。北朝鮮は化学兵器の保有…

つづきを見る

高樹沙耶に有罪判決!逃亡した「共犯者」の行方は…

沖縄県の石垣島の自宅に大麻を隠し持っていたとして、大麻取締法違反(所持)の罪に問われた元女優の高樹沙耶(本名:益戸育江)被告に対して、那覇地裁は4月27日に懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。 「ふたりの“大麻パートナー”が、高樹の逮捕された直前のタイミングで、海外へ逃亡しています。ひとりは輸入業…

つづきを見る

別々だったの!? 意外と知らない日本「3つの公安」

テレビドラマなどで“公安”や“公安警察”という言葉を聞いたことがあるだろう。そこで、公安とはなんだろう? と疑問に感じている人も多いのではないだろうか。実は、日本では公安という組織が3種類ある。『警察庁や都道府県の公安部門』、『公安調査庁』、『公安委員会』、この3つである。それぞれの公安について紹介しよう。   ドラマ…

つづきを見る

「貧乏国家」北朝鮮で先進的商業施設やインフラを建設できる理由

北朝鮮では国民と、党や軍の幹部に太った人を見かけることがほとんどない。しかし、金正恩党委員長だけは超の付く肥満体(推定170センチ、130キログラム)だ。なぜ北朝鮮の高官や幹部は痩せているのか。 「トップの特権階級に属する層は、持病のある人が多いのです。北朝鮮の政治に深く関われば関わるほど、それだけ病に悩まされるという…

つづきを見る

金正恩「記念切手発行」するほどの中朝友好を無慈悲に打破

北朝鮮は金正恩委員長時代の5年目を迎えたが、いまだに北京を公式訪問していない。北朝鮮の最高指導者が就任後に中国を訪れないということは、これまで一度もなかった。 ただし、朝日新聞は、2009年6月16日と18日の2回にわたり、一面記事で、《北最高指導者・金正日労働党総書記の後継者に決定した三男の正恩氏が、同月10日ごろ中…

つづきを見る

「最悪前歯折れる」三ツ矢サイダーCM中止に見る常識感覚の差

三ツ矢サイダーのテレビCMが公開中止になった。このCMは、4月15日から放送されていたアサヒ飲料の三ツ矢サイダー『僕らの爽快編』で、俳優の神木隆之介と女優の芳根京子が出演していたものだ。 このCM中に、芳根が建物の屋上でトランペットを吹いている場面がある。そこへふたりの友人が後ろから駆け寄って、斜め後ろから軽く体当たり…

つづきを見る