トピックス

『呪術廻戦』作者・芥見下々の発言が物議「最悪やな」「作家の覚悟を感じる」

1月30日放送の『漫道コバヤシ』(フジテレビONE)に、大人気漫画『呪術廻戦』の作者・芥見下々氏が登場。トークの中で繰り出した発言が、物議を醸しているようだ。 「呪術廻戦」は芥見氏の初連載作品で、2018年3月より『週刊少年ジャンプ』にて連載がスタート。高校生の主人公・虎杖悠仁が〝呪い〟をめぐる戦いの世界へと足を踏み入…

つづきを見る

金曜ロードSHOW『ヱヴァQ』EDカットに落胆「浄化されずに終わったんか…」

1月29日の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)では、大人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの劇場版第3作目『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を放送。〝本編ノーカット〟だったが、エンディングがカットされていたため、ファンから怒りの声があがっている。 『金ロー』はエヴァ新劇場版シリーズ3作を一挙放送中。3回目と…

つづきを見る

祝・日本アカデミー賞! 京アニ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の魅力

『京都アニメーション』が生み出した珠玉のアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。その映画作品となる『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が日本アカデミー賞にノミネートされ、ファンから歓喜の声が続出している。 同作の主人公は、感情を持たない少女であるヴァイオレット・エヴァーガーデン。彼女は「愛してる」の意味を知…

つづきを見る

『日本アカデミー賞』福田組“排除”に納得の声続出「どこで評価されてる?」

1月27日、『第44回日本アカデミー賞』15部門と新人俳優賞の受賞者・作品が発表された。さまざまな話題が上がる中、注目したいのは「福田組」こと福田雄一監督作品の不甲斐なさだ。 ご存知の通り、福田作品といえば独特のコメディタッチな作風が最大の特徴。2017年の実写版『銀魂』、翌年の『50回目のファーストキス』などヒット作…

つづきを見る

アニメ『進撃の巨人』が海外で大ブーム! ツイッタートレンドを埋め尽くす事態に

今から10年ほど前に、社会現象を巻き起こすほど人気を博した『進撃の巨人』。現在はNHKにて、アニメ第4期『進撃の巨人 The Final Season』が放送されている。国内では、『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』といった作品のブームに押されてしまい、『進撃』シリーズの人気は若干収縮傾向にある。しかし、同作の海外人気は加速して…

つづきを見る

アニメ『名探偵コナン』コンプラ厳守で原作改変!?“矛盾描写”にツッコミ殺到

1月23日、アニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)第995話「代役・京極真(後編)」が放送された。同話ではコンプライアンスを守るためか、原作とは異なる描写が。ネット上では、このシーンにツッコミが殺到している。 今回の物語は3部構成で、この日に放送されたのは解決編。空手の達人・京極真が、ひょんなことからTVドラマの代役を…

つづきを見る

お茶の間騒然!『金曜ロードSHOW』で放送された“気まずい映画”ニュースランキング

大人気映画を数多く放送し、家族団らんのひとときをより一層楽しくしてくれる『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)。旬の話題をお届けする『まいじつ』に掲載された中から、芸能記者が選りすぐった〝金ロー〟にまつわる記事をご紹介します(1/18配信まで集計)。 1位 金曜ロードSHOW『パラサイト』にお茶の間凍り付く…「ほんと…

つづきを見る

女性への配慮でまた改変!? アニメ『ダイの大冒険』に再び落胆の声

1月23日に放送されたアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(テレビ東京系)第16話で、コンプライアンスを意識した原作改変が行われ、ファンからは落胆の声が広がっている。 昨年10月より放送がスタートした同作。国民的RPG『ドラゴンクエスト』をもとにした作品で、1989年から1996年にかけて『週刊少年ジャンプ』にて連…

つづきを見る

長寿漫画『はじめの一歩』が迷走中!? 麻雀漫画化に困惑「ボクシングして!」

『週刊少年マガジン』で連載されているボクシング漫画の金字塔『はじめの一歩』が、最近になって〝迷走〟していると話題に。ボクシングで戦ってきたキャラクターたちが、何故か麻雀で戦っているという。 同作を知らない人は少ないと思うが、物語としては主人公の幕之内一歩がボクシングを通して、人としてもボクサーとしても成長していく作品。…

つづきを見る

金曜ロードSHOW『ヱヴァ破』人気シーンをカット!「許さない」とファン激怒

1月22日の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)では、シリーズ第2作目『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のが放送された。しかし、同作きっての大人気シーンがカットされてしまい、ファンから怒りや悲しみの声が続出している。 カットされていたのは、主人公の碇シンジと、『NERV』特殊監査部所属の諜報員・加持リョウジの〝デート…

つづきを見る