社会

北朝鮮の恐るべき「二枚舌」和平の裏で武器密売か

北朝鮮が、外貨の稼ぎ頭の石炭輸出を全面禁止にされるなど国連の制裁が厳しくなる中、武器密売を中東やアフリカに広げていると国連安保理制裁委員会の専門家が指摘した。 その内容は、内戦下にあるイエメンでイランの支援を受けるイスラム教シーア派の反政府武装組織『フーシ』に武器密売を試みていたというものだ。 「北は有名なシリア人の武…

つづきを見る

トランプ「不倫の口止め」に選挙資金の疑惑にメラニア夫人が大激怒!?

トランプ大統領の指示で、不倫相手とされる2人の元ポルノ女優に“不倫の口止め料”を支払った。トランプ米大統領の元個人弁護士のマイケル・コーエン氏が、捜査当局との司法取引に応じてこう証言した。これに対してトランプ大統領は8月22日「司法取引のために話をでっちあげている」とツイートで反論した。 「コーエン弁護士は、ニューヨー…

つづきを見る

「金欠地獄」東京五輪…今度はメダルの材料を小中学生から徴収

東京五輪がまたまた“マイナスな話”で世間を騒がせている。今度は何とメダルの材料不足だ。 メダルの原材料は使用済み携帯電話等の小型家電リサイクル金属で、金・銀・銅の合計約5000個のメダルを製作する予定だという。 これまでの回収で金と銅のメダルに必要な量はメドがついたが、 銀は確保できておらず、学校との連携で五輪に間に合…

つづきを見る

朝日新聞『慰安婦報道』検索逃れ発覚に「姑息だ」と非難続々

朝日新聞が「慰安婦報道」での誤りを認めた英文記事に、インターネット上での検索を困難にする「メタタグ」と呼ばれるプログラムが設定されていたことが分かった。つまり、朝日新聞が誤報であったことを認めた2014年以降、世界に向けてはほとんど発信されていないも同然の状態だったことになる。 同件が発覚した発端は7月、米カリフォルニ…

つづきを見る

止まらない「あおり運転」加害者への怒り。遂に殺人罪が適用!

身内に甘い警察の体質がまたまた露呈した。 長崎県警の50代の男性警視が女性の運転する車にあおり運転をし、軽傷を負わせたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで今年1月に書類送検されていたのだが、8月10日付で不起訴処分になった。 県警は書類送検したことや内部処分の有無を発表していない理由を、「任意捜査だったた…

つづきを見る

体操パワハラ問題をめぐって「朝日生命解約祭り」が勃発!

リオオリンピック体操女子日本代表で、団体4位入賞メンバーの宮川紗江選手が、日本体操協会の塚原千恵子強化本部長からパワハラを受けたと告発した問題で、ネット上では“朝日生命解約祭り”が勃発している。 「朝日生命体操クラブは、もともと朝日生命保険相互会社が運営していましたが、企業スポーツの縮小により、一時は存続が危ぶまれまし…

つづきを見る

害虫パニック!「外来カミキリムシ」今なら駆除1匹で500円

中国やベトナムなどが原産のカミキリムシ「クビアカツヤカミキリ」(体長20ミリ~40ミリ)が日本に侵入し、これまでに東京、群馬、栃木、埼玉、愛知、大阪、徳島の7都府県に生息域が拡大していることが分かった。 クビアカが国内で初めて確認されたのは2012年の愛知県だが、森林総合研究所(つくば市)は、被害の出た桜や農園の桃の木…

つづきを見る

トランプ大統領の「エコヒイキ疑惑」夫人のスロベニア人両親が米国帰化

去る6月20日、アメリカのトランプ大統領は「不法移民の家族を一緒に収容する」とする、大統領令に署名した。それまでは、入国書類なしで米国境を越えてきた親子を別々に収容する政策をとってきたが、国内外からの圧力や強い反発を受け、自らの政策を翻したわけだ。 ただし大統領令では、こうした施策の開始日やスケジュールが示されていない…

つづきを見る

女子高生コンクリ詰め殺人犯「元少年」逮捕に燃え上がる絶望の怒り

ニュースサイト『デイリー新潮』が8月21日、『女子高生コンクリート詰め殺人事件』の犯行グループの1人が、今度は殺人未遂事件で逮捕されたと報じた。この件を受けてネット上では、“少年法”と“実名報道”の是非について、あらためて熱い論議が交わされている。 『女子高生コンクリート詰め殺人事件』とは、今から30年近く前になる19…

つづきを見る

高校野球ドーム開催論を吹き飛ばした「夏はやっぱり甲子園」の声

全国で記録的な猛暑が続いた中、「球児たちを殺す気か!」と議論になった第100回全国高等学校野球選手権大会、いわゆる“夏の甲子園”が無事、終わった。 8月21日に行われた決勝戦は北大阪代表の大阪桐蔭が秋田代表の金足農を13‐2で破り、史上初となる二度目の春夏連覇を果たした。 「ドーム球場で行うべきだとか、開催時期をずらし…

つづきを見る