テレビ東京

女性への配慮で“名シーン”を改編!? アニメ『ダイの大冒険』にガッカリ声

1月9日に放送されたアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(テレビ東京系)第14話で、〝女性に配慮しすぎ〟な原作改編が話題に。「むしろ女性差別」と注目が集まっている。 昨年10月より放送がスタートした同作。国民的RPG『ドラゴンクエスト』をもとにした作品で、1989年から1996年にかけて『週刊少年ジャンプ』にて連載…

つづきを見る

人気お笑いコンビ解散の危機! 不仲芸に賛否「腹抱えて笑った」「胸クソ悪い」

12月29日に『ゴッドタンSP 芸人マジ歌選手権』(テレビ東京系)が放送。お笑いコンビ『流れ星』の不仲が「ガチすぎる」と話題になっている。 『マジ歌選手権』とは、人気芸人たちがオリジナルソングを作り、マジで歌い上げる人気企画。この日は『バナナマン』日村勇紀、『東京03』角田晃広、『ロバート』秋山竜次、バカリズム、『フッ…

つづきを見る

『M-1』で不正発覚!? 出演者のカンニング疑惑で大騒ぎ「もしや常習犯?」

12月25日放送の『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説』(テレビ東京系)で、『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)にてカンニングをしたコンビがいると暴露された。 この〝都市伝説〟を話したのは、今年の『M-1』に出演したお笑いコンビ『ニューヨーク』の屋敷裕政。屋敷はお笑い芸人の中で、『M-1』でカンニングをしたコン…

つづきを見る

『やりすぎ都市伝説』炎上! 新型コロナをめぐる都市伝説に「BPO案件ですね」

世界のさまざまな分野から、禁断の都市伝説を紐解いていく人気特番『やりすぎ都市伝説』(テレビ東京系)。同番組の告知記事をめぐって、ネット上で「悪質だ」という批判が相次いでいる。 騒動の発端となったのは、12月22日にテレビ東京の公式サイト『テレ東プラス』で公開された『コロナワクチン接種による人類の新たな線引き、コロナ禍で…

つづきを見る

乃木坂46ファンは薄毛が多い!? 冠番組で“育毛剤”のCMが流れて騒然

幅広い世代から愛されている大人気アイドル『乃木坂46』。彼女らの冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で流れるCMが、ファンの間で大きな注目を集めている。 話題なのは、お笑いコンビ『空気階段』鈴木もぐらが出演する育毛剤『CHAP UP(チャップアップ)』のCM。中年太りの鈴木がグレーのガウンに身を包み、「CHAP UP…

つづきを見る

『有吉ぃぃeeeee!』アイドル出演にガチゲーマーが反発「マジでうるさい」

12月20日に放送された『有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)のゲストとして、人気アイドルグループ『日向坂46』のメンバーたちが登場。ネット上で賛否両論を巻き起こしている。 「同番組は〝芸能界随一のゲーマー〟である有吉弘行がゲストの自宅を訪問し、話題のゲームなどを楽しむという趣…

つづきを見る

美輪明宏の“霊感なくなった”告白に呆れ声「今頃になって…」「胡散臭い」

一部信者が虜になる一方で、世間的には「胡散臭い」などとされているスピリチュアルタレント。その代表格である美輪明宏が、霊感がなくなったことを明かして物議を醸している。 それは、12月1日に放送された『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)でのこと。美輪はなんと「最近はパタッと何も見えなくなった」と衝撃の事実を告白。これにMC…

つづきを見る

好感度神話にキズ?『サンドウィッチマン』伊達の“後輩イジメ”に賛否!

お笑いコンビ『カミナリ』の竹内まなぶが、11月24日深夜放送の『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京系)に出演。同じ事務所の先輩『サンドウィッチマン』伊達みきおへの恨みを語った。 強面な見た目とは裏腹、温和で人優しく、それが高い好感度に繋がっている「サンド」。しかし、竹内は「サンドさんは他事務所に…

つづきを見る

『乗り継ぎ対決旅』で大炎上! パンクブーブー・黒瀬のキャラは演出か否か…

テレビ東京系の『ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅6 ~信州縦断!紅葉の旅~』が11月11日に放送。対決に参加した、お笑いコンビ『パンクブーブー』の黒瀬純が大炎上している。 今回、太川陽介チームには『AKB48』横山由依と『トレンディエンジェル』たかしが参戦。村井美樹チームには『ももいろクローバーZ』高城れにと黒…

つづきを見る

「大江麻理子がNo.1だ!」さまぁ~ず三村が太鼓判を押した“実力”とは

テレビ東京の報道局に所属する大江麻理子キャスターに、フリー転身説が浮上している。かねて、彼女ならば民放4局がそろって「獲得意向アリ」といわれるほどの人気者だ。 「美人で知性派、スキャンダルも皆無。経済通としても評判が高い。ニュース番組や情報番組でも絶対に欲しい存在でしょう」(女子アナライター) 大江キャスターは、かつて…

つづきを見る