中日ドラゴンズ

門倉健“3度目”の失踪! 愛人を巡るトラブルに呆れ声「情けなさすぎる」

中日前2軍投手コーチの門倉健氏が再び〝失踪〟していることが、7月8日発売の『週刊文春』の取材で分かり、物議を醸している。 門倉氏は今年5月15日に、愛知県豊田市のマンションにスマホと財布を残したまま失踪。翌日に家族が愛知県警に捜索願を提出し、行方を捜していたが、20日付の消印で2軍マネジャー宛てに直筆の退団願が郵送され…

つづきを見る

金銭トラブルに妻の奇行も? 中日コーチ・門倉健の“失踪”に残る疑問点

元プロ野球選手で、『中日ドラゴンズ』の2軍投手コーチを務めていた門倉健が5月26日、退団したと発表。ここにきて退団直前の〝不可解な行動〟が明らかになり、ファンがザワついている。 門倉は15日からファームの練習を無断で休んでおり、球団や家族も一切連絡が取れない状態に。また、16日には家族から愛知県警に捜索願が出されている…

つづきを見る

闇が深すぎ!? 中日ドラゴンズ2軍コーチ・門倉健の失踪に「どうか生きててくれ」

元プロ野球選手で、『中日ドラゴンズ』の2軍投手コーチを務めていた門倉健。5月26日、彼が球団の発表により退団していることが明らかになった。しかも現在は消息不明らしく、野球ファンを騒然とさせている。 コトの発端は今月15日のこと。門倉は練習を無断欠席し、その後連絡が取れない状態になったという。翌16日には家族から捜索願が…

つづきを見る

松坂大輔が球宴ファン投票「ぶっちぎり1位」は中日監督への道しるべ

プロ野球のオールスターゲームのファン投票で、セ・リーグの先発投手1位に中日ドラゴンズの松坂大輔が選出された。39万票強の投票数を集め、2位で読売ジャイアンツの菅野智之を15万票以上も引き離した。 「改めて松坂人気の根強さを知った関係者も少なくありません。そもそも、今年の松坂は実戦登板できるのかどうかも疑われていました。…

つづきを見る

中日・松坂大輔「グッズ売り上げ」が開幕前で年俸以上に

今シーズンから中日ドラゴンズに入団した松坂大輔が“絶好調”だ。2月におこなわれていた沖縄県の北谷キャンプでのグッズ販売の収支が確定したところ、松坂のグッズはほかの選手よりも売り上げが高かったという。 具体的な内容は非公開だが、沖縄限定サポーターズユニホーム(6000円)や応援タオル(2000円)などが再販に次ぐ再販とい…

つづきを見る

松坂大輔「日本球界復帰後活躍できない」のは妻のせい?

日米通算164勝を挙げ、昨季限りで福岡ソフトバンクホークスを退団した松坂大輔が、1月23日に中日ドラゴンズの入団テストを受けて合格した。単年契約で年俸は1500万円プラス出来高とみられる。背番号は「99」を選んだといい、その理由については“9+9”で慣れ親しんだ“18”になることと、再出発の意味を込めたという。日本プロ…

つづきを見る

松坂大輔「中日入団」決定的か!? すでにグッズ用意も

プロ野球の福岡ソフトバンクホークスを退団した日米通算164勝の松坂大輔が、中日ドラゴンズのテストを受けると発表された。松坂は「チャンスをいただき感謝しています。テストに向けてしっかり準備していきます」とコメントしており、現役引退の危機をひとまず免れた格好だ。 松坂がテストを受けることに関して、現役選手からさまざまな反応…

つづきを見る

巨人・山口俊投手の事件で注目された中日・森繁和監督の発言

酒に酔い、東京都内の病院で男性警備員に怪我を負わせたほか、病院内の扉を蹴って壊した罪で書類送検された読売ジャイアンツの山口俊投手に対して、球団は今季終了までの出場停止に加え、罰金と減俸を合わせて1億円を超える制裁金を課す処分を発表した。 しかし、この山口投手の処分に対して、球団に多くの「甘い」という批判が届いている。老…

つづきを見る

Professional condenser studio microphone over the abstract photo

息子が独り立ちして安心した落合博満氏の今後の仕事

プロ野球の中日ドラゴンズ元ゼネラルマネジャー(GM)の落合博満氏の長男である福嗣は現在、アニメの声優や情報番組のナレーターなどで活躍している。 「アニメの声優を務めたときには驚きました。あの落合2世に、こんな才能があったとは、誰も想像できませんでした」(スポーツ紙記者) 声質のよさだけでなく、テンポよくメリハリを付けて…

つづきを見る

中日ドラゴンズ落合GMの傀儡政権ではない森繁和監督の実力

吉見健明の「ダッグアウト取材メモ」 今季崩壊寸前だった中日ドラゴンズの火消し役として、手腕を発揮したのが、森繁和新監督(62)である。 落合政権下の8年間は、投手コーチやヘッドコーチとして同監督を陰に陽に支えた。卓越した選手掌握術や采配能力は、私も編集協力させて頂いた彼の著書『参謀』(講談社)に明記されているため割愛す…

つづきを見る