地球滅亡

ケタ違いの恐怖! アメリカ本土の地下で高まる「地球滅亡の危機」とは

「いつ起こっても不思議じゃない」といわれる〝富士山大爆発〟のような話がアメリカにもある。アイダホ州、モンタナ州、ワイオミング州にまたがる位置にある『イエローストーン』の大爆発だ。 ここは1872年に世界初の国立公園に指定された広大な地域で、高山湖や間欠泉、温泉を有する観光スポットが多くあることで有名。この地下には〝超巨…

つづきを見る

『地球侵略』開始か? 火星の地表に「謎の番号」恐怖の正体

当サイトで様々な驚異的発見をお伝えしている『火星』から、またビッグニュースが飛び込んできた。これは『グーグルマーズ』を使ってある座標点(1°29’8.27″N 23° 0’11.92″W)に移動した時の動画だが、黄色いピンの下をよく見て頂きたい。なんと「58」という文字がハッキリ確認できるではないか! また58以外にも…

つづきを見る

「ロンギヌスの槍」か?米軍が密かに開発する超兵器の正体

『神の杖』というアメリカの『都市伝説』をご存知だろうか? 宇宙空間から重さ100kgのタングステン合金の棒に『ロケットブースター』を取り付けて地球に向け発射するという、仕組みとしてはごく単純な兵器なのだが、なんと大気圏落下中の速度がマッハ9.5(時速11000km)に達し、そのまま地上に命中すれば「小型核弾頭並みの威力…

つづきを見る

「宇宙戦争」が始まる?「UFOの大群」と「トライポッド」の謎

この絵は14世紀~15世紀に活躍したイタリア人画家『マゾリーノ・パニカーレ』が描いた『サンタ・マリア・マジョーレ寺院の建立』という宗教画だが、真ん中の辺りをよく見て欲しい。なんと『キリスト』と『聖母マリア』と思しき2人の人物の下に「UFOの大群」が描かれているではないか! 一説によればこの絵は4世紀の中ごろ、ローマに新…

つづきを見る

まさか「エイリアンVSプレデター」?南極の重力異常と巨大隕石の謎

2006年に南極の地下で”謎の重力異常”と”巨大隕石”(ウィルクスランド)が発見されたのをご存知だろうか? この隕石は直径が50kmもあり、今から2億5000万年前に南極大陸へ落下し、広さ480kmにも及ぶ「世界最大の超巨大地下クレーターを作った」というのだ! これは『NASA』と『ドイツ航空宇宙センター』が地球の重力…

つづきを見る

ニセモノの神?古い宗教絵画の中に浮かぶ「UFO」の正体

この絵は『イタリア:フィレンツェ』の『ヴェッキオ宮殿』に飾られている『聖母と聖ジョバンニーノ』という、15世紀の宗教絵画だが、右上の赤丸を見て貰いたい。なんと「UFOのような楕円形の物体が浮かんでいる」としてネット上で話題となり、いま大ブレイクしているのだ!     そしてこれが“問題の部分“をそのまま拡大したものだが…

つづきを見る

古代マヤ遺跡で発掘『QRコード』の顔を持つ石像に秘めた驚愕の真実

これは『古代マヤ文明』の遺跡から掘り出され、中南米『コスタリカ』の“とある博物館“に収蔵展示された『石像』の“意外性“を指摘しているYouTubeの動画だが、“顔の部分“をよく見て頂きたい。なんと『QRコード』にソックリではないか! しかもこの顔を元に作られたQRコードをスマホで「ピッ」っとすれば、普通に読み取られ「メ…

つづきを見る

悪夢ふたたび…直径2キロの小惑星が2月1日に衝突する!?

先日、地球のスレスレを通る直径340mの小惑星「アポフィス」についてお伝えしたが、なんと今回はそれを大きく上回る、直径1.4キロ(最大2キロとも)の小惑星が今年の2月1日に「衝突する可能性がある」というのだ! 今回の動画はその事を分かりやすく警告しているが、去年の7月に公開以降すでに再生回数は30万回を超え、ユーザーコ…

つづきを見る

NASAの陰謀?火星の「人影」に隠された『宇宙戦争』の危機

またも火星からビックニュースが飛び込んできた。こちらの画像は約半年前に地球を飛び立ち、今年の11月27日、無事火星に着陸した『NASA』の最新鋭火星探査機『インサイト』から送られてきた無修正の新着画像だが、なんとインサイトの機体に“火星人らしき人影“が写っていたというのだ!   こちらは画像を『ユーチューブ』にアップし…

つづきを見る

2029年に人類滅亡?凶星『アポフィス』地球衝突に備えた計画?

『アポフィス』は地球周辺を周回する小惑星の1つだ。2004年6月に発見され、2014年には地球に相当接近し、当時天文学者の間では「このまま地球に衝突するのではないか?」といわれたが、この時は無事に通り過ぎた。 だが、危機は去らなかったのである。なんとアポフィスは2029年に地球から32,500㎞の距離まで再接近し、今度…

つづきを見る