AI

『中国』製「超リアル」AIアナウンサーが世界に衝撃!一方、日本では…

中国の国営通信社『新華社』が、世界初の“AI合成アナウンサー”を導入したことが分かり、ネット上で話題になっている。 このAIアナウンサーは最新のテクノロジーを利用して開発されており、実在する本物のアナウンサーからコピーされ、声や顔も本人と全く一緒だという。 実際にニュースを伝えている動画を見ると、とてもCGだと思えない…

つづきを見る

ファン・ビンビンの脱税で明らかになった中国共産党の独裁支配

3カ月以上にわたって姿を消していた世界的な中国の女優「范氷氷(ファン・ビンビン)」の脱税疑惑に対し、中国の新華社は、日本円で約23億4000万円相当の脱税行為が明らかになったと伝えた。また刑事訴追には至らないとする捜査結果も発表している。 記事によると、ファンさんは映画「大轟炸」(18年10月26日公開予定)に出演した…

つづきを見る

人工知能「見えるのは人々が死ぬ姿だけ」恐怖の予言に戦慄

近年、AI(人工知能)の技術向上が著しい。iPhoneに搭載されている『Siri』は多くの人の身近にあるAIだ。「Hey, Siri」と話し掛けることで起動し、例えば「あしたの7時に起こして」などと頼めば、その時間に目覚ましのアラームをセットしてくれる。 また、AIを搭載したスマート・スピーカーも、日本の一般家庭でも徐…

つづきを見る

信じる者は救われる?先走る「人間と機械の融合」に隠された裏の顔

高度に進化したAIが社会に大きな変革をもたらす『シンギュラリティ』という近未来の科学概念が、いま注目を集めている。これを世に広めた第一人者がアメリカ人発明家『レイ・カーツワイル』だ。彼は「AIの急速な進歩で2045年までに人間は機械と融合し、神のような存在となり、不老不死になる」との予測を、自身の著書に書いているが、果…

つづきを見る

認証に使われる「グニャグニャ文字」の秘密

インターネットを閲覧しているときに、サイトの登録画面などで認証用の数字やアルファベットの入力を求められることがある。妙にグニャグニャとした謎の文字列を見かけたことがあることだろう。 これを、目を凝らしながら必死に入力した経験のある人は多いはずだ。これは『CAPTCHA(キャプチャ)』といい、変形文字をユーザーに読ませて…

つづきを見る

メガバンク「大量リストラ」から考える10年後消える仕事

2013年に英国オックスフォード大学のオズボーン准教授が『雇用の未来―コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文を発表した。論文では、今後10~20年ほどで機械化によって人間の仕事が約47%自動化されるリスクが高いと警鐘を鳴らしている。 オズボーン准教授はAI(人工知能)の研究をしている学者だ。AIは現在、…

つづきを見る

中国がAIやロボット技術に「積極投資」する真の狙い

中国の広東省中部にある東莞市(とうかんし)にある“偽缶ビール工場”の衝撃映像が、中国のメッセンジャーアプリ『WeChat』に投稿され、その後にYouTubeで拡散された。 動画には、ビールらしき液体で満たされたボックスに、空のアルミ缶を次々と投入し、素手のまま液体を入れる作業が撮影されている。同工場は市当局に摘発され閉…

つづきを見る