宗教

石原さとみ“好みのタイプ・最新版”に衝撃…ウワサ通りアッチ方面限定!?

女優の石原さとみが先ごろ、一部芸能サイトが行った「ウエディングドレスを着てほしい&似合いそうな芸能人」ランクで1位に選ばれた。2位は新木優子、3位は北川景子だった。 「既婚者の北川が選ばれたのは新年のご愛敬でしょうか。それはともかく、やはり石原は、こうしたランクものでは相変わらず人気が高いですね」(芸能記者) 毎年のこ…

つづきを見る

『イッテQ』よしこの“座禅ポーズ”に騒然「尊師みたい」「空中浮遊かな」

12月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、『ガンバレルーヤ』よしこの服装、ポーズが「まるで宗教家みたい」との指摘が相次いだ。 この日、ガンバレルーヤの2人は椿鬼奴、オカリナとともにスロベニアを訪問。各地の絶景をバックにカレンダー用の写真を撮るロケ企画「カレンダープロジェクト」に臨んだ。 一行は、1…

つづきを見る

人気急落!?と石原さとみの『結婚観』にためらう男たちの因果関係

一部週刊誌が、“真剣交際中”とウワサされる女優の石原さとみとIT企業社長M氏との「破局目前情報」を伝えた。この年末年始、石原は友人たちと女子会で盛り上がり、一方、恋人とされるM氏はハワイでバカンスを楽しんだという。そういえば、最近2人の目撃情報はパッタリ減っていた。 「最大の理由が、石原が推す新興宗教への入信をM氏がた…

つづきを見る

まるで北朝鮮のよう!?キリスト教の「裏面史」

日本でも某経済誌が“神社本庁”の特集を組んだが、ドイツの週刊誌『シュピーゲル』(5月19日号)も世界に13億人以上の信者を有するローマ・カトリック教会の総本山『バチカン法王庁』の歴史を10ページにわたって特集した。現在のバチカンには、神父の妻帯問題など瑕疵がないわけではないが、一般に認識されている“平和の使徒”とは違う…

つづきを見る

富岡八幡宮事件で目にする神社本庁の「お寒い懐事情」

富岡八幡宮(東京都江東区)で、宮司の富岡長子さんら4人が死傷した事件で、にわかに浮上した神社本庁(以下:本庁)とはいかなる存在なのか。 「公明党と創価学会のように一心同体ともいうべき政治団体『神道政治連盟』(神政連)を結成しており、安倍晋三政権と近く、大きな政治力を及ぼしているとみられています。また全国8万社の神社を束…

つづきを見る

中国で起きている「宗教弾圧」の真実

無神論の世界観を持ち、目に見えないものは存在しないと教えられている中国共産党員の多くが、実際は宗教を信じ、目に見えない世界に強い関心を持っていると、海外の中国反体制派メディア『The Epoch Times』が報じた。 「基になっているデータは、パデュー大学中国宗教・社会研究センターの楊鳳崗教授が10年前に行った社会調…

つづきを見る

Registered Trademark concept with padlock, 3D rendering

コード・ブルー出演中の新木優子が「幸福の科学」広告塔に

フジテレビで現在放送中の“月9”ドラマ『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命― THE THIRD SEASON』に出演している女優の新木優子が、宗教法人『幸福の科学』の信者であることを8月31日発売の『週刊新潮』が報じている。 「新木はフライトドクター候補生のフェロー役で出演していて、徐々にしっかりとした医者になっ…

つづきを見る

信教の自由を認めない中国共産党が「バチカンの権威」を狙う

バチカンと中国は1951年に国交を断絶している。その結果、両国間には『司教任命権問題』と『台湾の承認問題』の問題が未解決のまま残されている。 司教任命権問題についてバチカン側は「司教の任命権はローマにある」との立場を繰り返し主張しているが、一方の中国側は「司教の任命は内政問題」として、バチカン側の干渉を拒否している。 …

つづきを見る

ドラマ「コード・ブルー」続編決定で創価学会が大歓喜!?

ドクター・ヘリに乗り込むドクターたちの活躍を描く連続ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ)系の新シリーズが、7月から“月9”の枠で放映される。 「山下智久が主演で、『逃げ恥』で大人気を博した新垣結衣も出演します。それ以外にも、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介といった面々がキャスティングされ、期待…

つづきを見る

「悪魔払い」をする神父が後継者不足に

除霊と称して信者7人に激しい暴行を加え、殺害と重傷を負わせた『福島悪魔払い殺人事件』(1995年)など、“悪魔払い”に関する事件は、あとを絶たない。 そもそも、おはらいは一般の人々にとってあまりなじみのないものであろう。だが、欧州のカトリック教会では、社会に認められて経歴もしっかりとした神父が、悪魔払いを行っている。キ…

つづきを見る