希望の党

小池百合子都知事は「銭ゲバ」離党議員が批判

小池百合子東京都知事の足元が揺らいでいる。10月4日に小池知事が事実上の代表を務める都民ファーストの会から、音喜多駿都議と上田令子都議のふたりが党運営を批判して離党した。両都議から「党運営がブラックボックス」、「議員同士の食事禁止」、「所属議員のメディア取材規制」など、選挙で選ばれた議員に対する扱いとは思えないような通…

つづきを見る

都民ファ離党のふたりが我慢ならない「言論封殺」

小池百合子東京都知事が事実上率いている都議会第1党の地域政党『都民ファーストの会』所属の音喜多駿都議と上田令子都議のふたりが、近く同党へ離党届を提出する方向で調整している。 「音喜多都議は昨年7月の都知事選挙から小池知事を支援し、群れに一番に飛び込む忠実な“ファーストペンギン”と揶揄されていました。テレビをはじめとする…

つづきを見る

小池百合子「希望の党」代表のシナリオ通りに進む衆院選

小池百合子東京都知事の“排除の論理”をすり抜け、希望の党に流れ込む民進党の同僚議員をよそに、枝野幸男氏が新たに『立憲民主党』を設立した。これで民進党の分裂が事実上で決まり、希望の党へ「全員の移籍を目指す」と発言した前原誠司代表の意気込みはまやかしになった。 枝野氏は共産党や社民党との共闘に活路を見いだす構えだが、野党候…

つづきを見る

民進党「事実上の解党」にベテラン議員あぜん

小池百合子・希望の党代表と事実上、合流して候補者が希望の党から出馬する予定の民進党は、もはや選挙後に解党する危機すら漂っている。 「前原代表は、『名を捨てて実をとる』などと言っているが、小池代表は安保法制に否定的な候補者を容認しない考えを示し、党内選抜を始めている。つまり民進党の候補者の“生殺与奪”を握っているのが小池…

つづきを見る

蓮舫前民進党代表も「小池新党」合流か

民進党の松原仁元国家公安委員長が9月25日、同党を離党する意向を固めた。同日、東京都の小池百合子知事が代表に就くことが明らかになった新党『希望の党』に参加する可能性もある。民進党にはもはや、離れる議員を止める手立てはないようで、衆議院選挙を控えて深刻な事態に陥っている。 松原議員は記者会見で「民進党に20年近く在籍した…

つづきを見る