SMAP

“毒舌”ユーミンも絶賛!『SMAP』と『嵐』はやはり別格!?

歌手のユーミンこと松任谷由実が先日、苗場プリンスホテルで、恒例のリゾートライブ『SURF&SNOW』の初日公演を開催。昨年の『NHK紅白歌合戦』や『嵐』の活動休止発表について話し、話題となった。 昨年の紅白では『サザンオールスターズ』のステージに“乱入”したユーミン。「私と桑田くんに日本の神が降りてきました。古事記にも…

つづきを見る

『嵐』大野智と『SMAP』香取慎吾の“共通点”に気づいてトリハダ!

2月12日から放送が開始された『嵐』リーダー・大野智出演の鼻炎薬新CMが、メーキング映像とともに各メディアで解禁された。 周知の通り、「嵐」は来年末での一時活動休止を発表したばかり。また、「一度、自由な生活がしてみたい」という大野の意向が休止を決断するきっかけとなったことも公表されているため、新CMにはいつも以上に注目…

つづきを見る

『光GENJI』中居正広?『SMAP』坂本昌行?ジャニーズ“幻のユニット”とは

昨年末の『ジャニーズカウントダウンライブ』で目玉企画となった『タッキー&翼』のラストステージ。ファンの間では、「タキツバ」の花道を飾るべく再結成した『FOUR TOPS』も大きな注目を集めた。 同ユニットの結成は2002年。文字通り当時Jr.の各分野でトップを走っていた山下智久、生田斗真、風間俊介、長谷川純の4人で構成…

つづきを見る

SMAP

『SMAP』がテレビから消える日…放送規制で「記憶の中の存在」へ

惜しまれながらの解散から早2年。数々の偉大な功績を残した国民的グループ『SMAP』が、徐々に“記憶の中の存在”になろうとしている。 1月31日、ABCテレビの情報番組『おはよう朝日です』は、今年竣工予定の新国立競技場において“こけら落とし公演”を行うアーティストの予想コーナーを放送。参考に、史上6組しかいない「国立公演…

つづきを見る

『SMAP』ネタを自然に「ぶっこみ」!指原莉乃に称賛の声

2月6日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)に指原莉乃が出演。中居正広に躊躇なく『SMAP』に関する過去のエピソードを「ぶっこんだ」と話題になっている。 この日は指原と仲の良い芸能人6人が覆面をかぶって登場し、指原が正体を当てていく企画だった。指原は6人のうち元『モーニング娘。』の藤本美貴を的中させた。 覆面を取…

つづきを見る

「SMAPとの差は」?『VS嵐』挨拶にファン同士が泥仕合の悲惨

1月31日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)のオープニングで、『嵐』のメンバーが視聴者に2020年末限りで活動休止することを改めて報告した。同番組は活動休止発表後、初めての放送だった。視聴者は冒頭に設けられたあいさつを歓迎。しかし『SMAP』のファンからは、活動休止の発表会見に引き続いて嵐を叩く声が聞かれた。 嵐の…

つづきを見る

『嵐』が“最悪の選択”をしなかったのは『SMAP』のおかげ?

『嵐』にファンは感謝すべきなのかもしれない。 「嵐」が2021年から活動休止と発表され、日本全国の嵐ファンが悲嘆に暮れているが、解散という最悪の事態は免れた。ジャニーズ事務所は3年前に勃発した「SMAP」解散騒動で猛批判を浴びたことがトラウマとなっており、同じ轍は踏まないとばかりに今回は軟着陸させることにしたという。 …

つづきを見る

中居正広「アンタッチャブル」再始動を望むが、視聴者「そっちじゃない」

1月16日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、中居正広が山崎弘也に「禁断の質問」をした。現在、事実上の活動休止となっている2004年M-1王者『アンタッチャブル』の再始動について質問し、山崎は相方・柴田英嗣との仲について言及。一方視聴者の間では「『SMAP』は?」という声が広がった。 この日のテーマは「ザキヤ…

つづきを見る

Print

ジャニーズで不吉な「○周年」という節目。2019年の『嵐』がヤバい?

2019年でデビュー20周年を迎えた、ジャニーズ事務所のアイドルグループ『嵐』。 現在、記念の5大ドームツアーも行なって華々しさを演出しているが、一部ファンからは“ジンクス”になぞらえた不安の声も広がっている。 19年のジャニーズ事務所は「嵐」以外にも節目のグループが多く、『TOKIO』はデビュー25周年、『ジャニーズ…

つづきを見る

『キスマイ』新春ゴールデン特番放送は“みそぎ終了”の証明!?

“キスマイ”こと『Kis-My-Ft2』の冠番組『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)が、ゴールデンタイムの新春特番として1月3日に放送される。 ジャニーズらしからぬ“ブサイク”をテーマとした斬新なアイデアが人気の同番組だが、ゴールデンタイムの放送はこれが初めて。放送時間も過去最長の2時間半を誇り、まさに新春…

つづきを見る