年金

Business man running to catch flying dollars

4割しか払っていない国民年金「強制徴収」強化でどうなる?

国民年金は《厚生年金に加入している人を除く、20歳以上のすべての人》に加入する義務がある。しかし、2016年度末時点の加入者数は前年度から93万人減少して1575万人だ。低所得などが理由で保険料を免除・猶予されている人を除くと、実質的な納付率は40.5%にとどまっている。 そんななか、厚生労働省と年金機構は2018年度…

つづきを見る

もらえる年金が増える「付加年金」とは?

老後に自分がもらえる年金がいくらになるのか――。現在働いているほとんどの人が気になっていることだろう。会社員など厚生年金に加入している人は、収入が上がれば年金も増えるが、国民年金加入者の場合、収入にかかわらず保険料は一定なので、将来受け取ることのできる金額は原則として同じになる。しかし、諦めてはいけない。国民年金を増や…

つづきを見る

アルバイトの「年収106万円の壁」は夫婦の状況で見極めるべし

パートタイムやアルバイトで働いている人々にとって、新たな“収入の壁”ができた。昨年10月から始まった“106万円の壁”と言われるものだ。 年収が106万円以上の条件を満たすと、厚生年金など社会保険の加入対象となる。もっと詳しく言えば、従業員501名以上の企業に1年以上働く見込みのある年収約106万円(月8.8万円)以上…

つづきを見る

日本の年金制度は中国、韓国、南アフリカ、メキシコ、インドより下の評価だという事実

年金支給額の新たなルールを盛り込んだ年金制度改革関連法案が、11月29日に衆議院本会議で可決した。 毎年の年金の支給額は、物価や現役世代の賃金の変動によって決まる。これまでは、賃金が下がっても物価が上がっていれば、年金は据え置きだった。しかし、改正案では2021年度から年金額も下げられることになる。 年金は世代間で意見…

つづきを見る

退職後の老後生活に必要な収入を「年金以外」で得る方法

現在の日本で、老後の生活に備え、蓄財や投資をしている人はどれだけいるだろう。 高齢化社会となって久しい現代では、老齢年金だけをあてにして、老後の生活を送ることを想定するのは難しい。では、具体的にどのくらいの収入と蓄財ができれば、老後に不便なく生活を送ることができるだろうか? 現在の老齢年金支給額は、サラリーマンで65歳…

つづきを見る