性犯罪

6歳女児に強制性交で「懲役3年8カ月」“減刑理由”に怒りの声

6月18日に佐賀地裁で判決が下された強制性交事件を巡り、ネット上で辛らつな意見が相次いている。 同事件は、今年2月に佐賀県内にある商業施設内のトイレにて、22歳無職の男が当時6歳の女児に性的な暴行を加えたというもの。裁判において、検察側は被告が手袋をして犯行に及んだことなどを指摘し、「計画性のある悪質な犯行」として懲役…

つづきを見る

「私は前世でアナタの夫でした…」全国で頻発する“声掛け事案”の恐怖!

三重県伊勢市に現れた不審者の〝声掛け事案〟がネット上で話題になっている。三重県警によると、6月16日午後4時ごろ、Tシャツに水色系ズボンの20代くらいの男が女子生徒に「久しぶり、前世はあなたの夫でした」と声を掛けたという。 ネット上では 《何それ、めちゃくちゃ怖い》 《かなりいっちゃってるだろ。ただの変質者です》 《い…

つづきを見る

「カネ貸すから一発やらせて」“ひととき融資”が横行する個人貸金の実態

インターネット掲示板で知り合った女性に対し、性行為を条件に金を貸し付けていたとして、大阪府下の公務員の男が先ごろ、大阪府警に逮捕された。男は法定金利の最大7倍の高金利で現金を貸し付け、利息も受け取っていたという。 このような〝身体の関係〟を伴う個人間の融資は「ひととき融資」と呼ばれ、最近、ネット掲示板やSNSで広まって…

つづきを見る

就活中の女子大生を毒牙にかける「OBマッチングアプリ」がヤバ過ぎる…

就職活動中の女子学生を狙って有名企業の社員が性的犯罪を起こし、逮捕される事件が相次いでいる。 3月には大手商社・住友商事の社員がOB訪問してきた女子学生を居酒屋に誘って酔わせ、ホテルの部屋へ侵入し性的暴行を加えたとして逮捕されている。 事件の背景には、最近学生の間で流行している『ビズリーチキャンパス』や『Visits …

つづきを見る

殴打数十回、露出強要、ゆすり…鬼畜の所業【平成わいせつ教師事件簿】

1995年、奈良県奈良市の県立高校で、演劇部顧問だった当時32歳の男性教諭Iが〝演技指導〟と称して暴行や性的虐待を繰り返し、逮捕された。Iには2年7カ月の〝激甘〟な実刑判決が下されている。 このIは、少なくとも1992年から3年間にわたり、演劇部の指導の際、複数の部員に暴行やわいせつ行為を繰り返していた。被害にあった1…

つづきを見る

服を脱げ、床を舐めろ…虐待認定に12年【平成わいせつ教師事件簿】

平成に起こった教師のわいせつ行為で、12年後に裁判で性的虐待が認定された事件がある。 大阪市南部の市立中学校に1996年、保健体育科教諭として男性教諭Y(当時32歳)が着任した。Yが剣道部顧問となったことで、部は全国大会に出場するほどのレベルアップを果たしたが、生徒に対する指導が問題だった。 Yは女生徒らに対して「全国…

つづきを見る

女子中学生を高速道路に手錠放置プレイ【平成わいせつ教師事件簿】

〝わいせつ教師〟による犯罪は、平成の時代にも一向に減ることはなかった。 中でも「悪質極まりない」と今でも語られているのが、2001年7月24日に兵庫県神戸市北区の中国自動車道で起こった『中国自動車道女子中学生手錠放置事件』だ。この事件は文部科学省が教師によるわいせつ行為に、原則懲戒免職で臨む方針に転じたきっかけとなった…

つづきを見る

新学期が始まったばかりなのに…7歳女児わいせつ「27歳鬼畜男」の素顔

新学期が始まって間もない小学校に登校中の7歳の女の子に声を掛け、公衆トイレに連れ込みわいせつな行為をしたとして、27歳の男が警視庁練馬署に逮捕された。 男は住所不定・無職の保元太志容疑者。警視庁によると保元容疑者は4月8日午前8時ごろ、女の子に「ちょっと来て」と声を掛け後、公衆トイレに連れ込み犯行に及んでいたという。防…

つづきを見る

新井浩文『強制性交』事件が「被害届から逮捕まで」半年かかった理由

昨年7月、自宅で派遣型マッサージ店の30代女性従業員に乱暴したとして、強制性交の疑いで逮捕された俳優の新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)容疑者だが、逮捕される前、親しい人間には被害女性のバックにいる人間とトラブルになっていることを告白していたという。 新井容疑者は2月1日に逮捕され、「好みの女性だった」と容疑を大…

つづきを見る

新井浩文事件に大橋未歩「男と2人きりに気を付ける」が大ヒンシュクの理由

フリーアナウンサーの大橋未歩が2月4日、自身のツイッターを更新し、女性への強制性交の疑いで逮捕された俳優・新井浩文容疑者について「まだ犯人ではなくて容疑者なので、本人が一部否認しているところがすごく気になる」とコメント。 これが被害女性を責める意見だと批判されると、同日に出演した『バイキング』(フジテレビ系)では、「被…

つづきを見る