監獄のお姫さま

最終回『監獄のお姫さま』塚本高史に「キュン死」女性多発!

12月19日に連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の最終回が放送された。女性を中心とした視聴者は、塚本高史が演じる長谷川信彦こと“のぶりん”の名言が「胸キュンする」と話題にしている。 ストーリーは、若井ふたば(満島ひかり)や馬場カヨ(小泉今日子)たちが、アジトのガレージで、“爆笑ヨーグルト姫事件”の実行犯と思われる…

つづきを見る

低迷から一転「監獄のお姫さま」視聴率急上昇の理由

連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の第9話が12月12日に放送され、平均視聴率は8.2%を記録した。前回の第8話の平均視聴率6.6%から大幅に上昇したことが話題になっている。 「10~12月期の連続ドラマのなかで、視聴率はいまいちでも視聴者の満足度が高いものとして、井上真央主演の『明日の約束』、浅野忠信主演の『刑…

つづきを見る

「監獄のお姫さま」満島ひかりの演技に萌える男性視聴者多数

小泉今日子の主演ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の第8話が12月5日に放送された。平均視聴率は6.6%と振るわなかったが、続けて見ている視聴者からの評価は相変わらず高い。脚本家の宮藤官九郎氏が作り出す独特の“クドカン・ワールド”にはまっている人が多いということだろう。この回では、お笑いコンビ『にゃんこスター』のネタ…

つづきを見る

「監獄のお姫さま」低視聴率でも大絶賛の理由

小泉今日子主演の連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)はストーリー中盤になっても視聴率が振るわない。だが、継続して見ている視聴者からの評価は高い。 《さすがクドカン。こんなに面白くて再来年の大河ドラマまでネタが持つのか!?》 《最初は何だかカッタルイ感じだったけど、ずっと見ていると伏線がスゴイ!って思う》 《カット割…

つづきを見る

「監獄のお姫さま」夏帆の存在感で視聴率好調!

小泉今日子主演の連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)で、物語のキーパーソンになっている“ヨーグルト姫”こと江戸川しのぶを演じているのが女優の夏帆だ。 しのぶは会社社長である板橋吾郎(伊勢谷友介)の元婚約者で、社長の愛人を殺害した罪で女子刑務所に服役する。その冤罪を晴らすために、馬場カヨ(小泉)らが板橋に復讐する様子…

つづきを見る

「監獄のお姫さま」小ネタ満載のテコ入れも空回り

視聴率で苦戦をしている連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)は、小泉今日子の演じる馬場カヨが中心となり、江戸川しのぶ(夏帆)の冤罪を囚人仲間とともに晴らしていく物語だ。終盤に向けて何とか視聴率が上向くきっかけをつかみたい第6話が11月21日に放送されたが、視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と前週の8.0…

つづきを見る

「監獄のお姫さま」ふたりの脇役がドラマを彩る

連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)は、小泉今日子が主人公の馬場カヨを演じる“刑務所エンターテイメント”だ。劇中では勝田千夏を演じる菅野美穂と、やくざの親分の女房である足立明美を演じる森下愛子が、存在感のある演技を見せている。 「4話に限っては、主役が菅野に入れ替わったくらいの迫力でした。また、夫の組長にだまされつ…

つづきを見る

鬼刑務官役・満島ひかりの「ギャップ萌え」視聴者悩殺!

11月7日に、連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の第4話が放送された。満島ひかりが男性さながらの言動で“鬼刑務官”を演じた姿と、それとは真逆の女性らしさがあふれる美しい脚とのギャップがたまらないと話題になっている。 第4話は馬場カヨ (小泉今日子)が、江戸川乳業の旧社長の娘である江戸川しのぶ (夏帆)の妊娠を知っ…

つづきを見る

遅々として進まず「監獄のお姫さま」に不評の声

10月31日放送のドラマ『監獄のお姫さま』 (TBS系)の第3話では、夏帆が演じる江戸川しのぶが、女子刑務所へ入所してきた。3話目にしてようやくこのドラマの鍵を握る“お姫さま”が本格的に登場したのだが、この展開の遅さが我慢できない視聴者が出始めているという。 「しのぶが刑務所で知り合った、主役の馬場カヨ(小泉今日子)を…

つづきを見る

『監獄のお姫さま』難解ストーリーより話題の「小ネタ」

10月31日に連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の第3話が放送された。視聴者からはドラマの時系列がバラバラでわかりにくいと否定的な意見が多く寄せられている。 第3話は2012年の刑務所から始まった。江戸川乳業の旧社長の娘である江戸川しのぶ (夏帆) が女子刑務所の新人房から、馬場カヨ (小泉今日子)をはじめ、足立…

つづきを見る