羽生結弦

平昌五輪で羽生結弦のライバルになりそうな「18歳の新鋭」

フィギュアスケートの2017-18年シーズンがまもなく開幕する。来年2月には平昌五輪も控えているだけに、羽生結弦への期待と注目度は高まるばかりだ。 「羽生が金メダルを意識していることを再確認させられました。拠点であるカナダのトロントで練習を一部公開したのですが、そのときに今シーズンは2季前に世界最高得点を2度更新した『…

つづきを見る

調整にPRに…羽生結弦が送る「多忙な夏」

フィギュアスケートの羽生結弦は、2017-18年シーズン開幕前にもかかわらず、多忙な夏を送っている。 『イル・ヴォーロ』という男性オペラグループが日本でコンサートを開く。イタリア人男性3人によるオペラのユニットで、羽生が2016-17年シーズンのエキシビションに使用した『ノッテ・ステラータ(星降る夜)』は、彼らの曲だ。…

つづきを見る

中国企業が羽生結弦に多額のスポンサー料で「爆買い」を画策

フィギュアスケートの2017-18年シーズンは平昌冬季五輪に直結する。金メダルの最有力候補である羽生結弦は「好スタートを切りたい」と思っているはずだが、中国による“爆買い”の標的にされていた。「フィギュアの会場では羽生に対して『加油!』という声援も寄せられており、羽生の人気は日本のみならず、アジアへ、そして、世界全体に…

つづきを見る

羽生結弦が新シーズン前にコーチを解任

フィギュアスケートの羽生結弦の来年度版カレンダーが9月下旬に発売される。アイドルなどのカレンダーは長く市場に置かれるのを狙って早めに販売される傾向にあるが、羽生のカレンダーは中途半端な時期の発売だ。しかも、日本スケート連盟が主要選手の2017―18年シーズンの大会出場予定を発表する前に、大会スケジュールも記載されるとい…

つづきを見る

羽生結弦の指示にスタッフ困惑「ピアニストになったつもりで」

羽生結弦がアイスショーの打ち合わせで厳しい表情を見せた。自ら演目として選んだのはショパンのピアノ曲『バラード第一番ト短調』。2015年シーズンから2季続けて使用しており、同年12月のグランプリファイナルのショートプログラムで世界最高となる110.95点を獲得したものだ。 「羽生は『いまできる最高の演技を披露して、お客さ…

つづきを見る

「におい」苦手な羽生結弦に迫り来る試練

フィギュアスケート選手の羽生結弦が、千葉県にある幕張メッセで5月26~28日に行われるアイスショー『ファンタジー・オン・アイス』に出演する。来年2月の平昌冬季五輪まであと半年と迫っており“実戦感覚”を失わないための貴重な調整期間ではあるが、“試練の場”にもなりそうだ。 「羽生にも“苦手”があります。体質的に合わないこと…

つづきを見る

フィギュアスケート「審査方法改革案」に羽生結弦はどうする?

日本スケート連盟(JSF)が、5月14日に羽生結弦への“特例措置”を発表した。今年12月の全日本選手権におけるシード権を与えるという。 通常、シード権は同大会の前年度で上位3位までに入った選手に与えられてきた。だが、羽生は前年度大会にはインフルエンザで出場できなかった。今年の同大会は、平昌冬季五輪直前に行われ、選手選考…

つづきを見る

羽生結弦に「選手兼任コーチ」を望む声

フィギュアスケートは『世界国別対抗戦』が終わり、2016~2017シーズンが終了した。羽生結弦は来年2月の平昌冬季五輪に向けての調整に入る。 羽生は以前に、平昌五輪後に引退するのではないかという噂が立ったことがある。本人は否定していたが、フィギュアスケート関係者たちは“万が一”に備えつつあるようだ。 「開催国が日本であ…

つづきを見る

清宮幸太郎はどうする?学生アスリートと私立大学の微妙な関係

春は卒業と入学の季節だ。リオデジャネイロ五輪の競泳男子400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得した瀬戸大也も、3月26日に早稲田大学の卒業式に臨んだ。卒業式後に瀬戸は報道陣の取材を受け、社会人としての抱負も語っていたが、「いや、羽生くんに会いたかった…」と、残念がってもいた。 羽生結弦も同大学の人間科学部通信教育課程…

つづきを見る

珍しく感情を露わにした羽生結弦に対する不安の声

羽生結弦がフィギュアスケートの四大陸選手権にて、僅差で優勝を逃してしまった。3月27日から行われる世界選手権での巻き返しを狙うため、“演技の質感”も変わってきそうだ。 「表彰後の会見で、『正直、勝ちたかった』と珍しく感情をあらわにしました。いままでの羽生であれば、勝者を素直に讃える余裕というか、配慮がありました」(体協…

つづきを見る