羽生結弦

羽生結弦ファンが「京都の神社」に殺到

先ごろ、フィギュアスケート男子の羽生結弦が『2017NHK杯フィギュア』を負傷欠場し、その影響でNHK総合番組の視聴率が前年から急落したことが話題になった。 羽生は11月9日の公式練習で転倒し、右足関節外側靱帯損傷のため欠場を余儀なくされた。11日夕方放送の『女子フリー』は平均視聴率10.5%だったものの、同日ゴールデ…

つづきを見る

羽生結弦が五輪連覇に向け「情報攪乱作戦」展開か

平昌冬季五輪で金メダルを目指す羽生結弦は、かなりの重圧を感じながら今シーズンを迎えている。五輪で2大会連覇なら66年ぶりの快挙だ。 「羽生はシーズン開幕戦で“天国と地獄”をいっぺんに味わいました。ショートプログラム(SP)でいきなり世界最高得点を出したかと思えば、得意のフリースケーティング(FS)でミスを連発してしまっ…

つづきを見る

羽生結弦「五輪連覇」に気がかりなこと

9月23日に最終日を迎えたフィギュアスケートのオータムクラシックで、羽生結弦は“明と暗”をいっぺんに味わった。 「羽生のコーチであるブライアン・オーサー氏によると、羽生は右ひざを少し痛めていました。コーチが怪我について公表するということは、かばう気持ちはもちろんですが、次の大会での勝算があるからでしょう」(体協詰め記者…

つづきを見る

平昌五輪で羽生結弦のライバルになりそうな「18歳の新鋭」

フィギュアスケートの2017-18年シーズンがまもなく開幕する。来年2月には平昌五輪も控えているだけに、羽生結弦への期待と注目度は高まるばかりだ。 「羽生が金メダルを意識していることを再確認させられました。拠点であるカナダのトロントで練習を一部公開したのですが、そのときに今シーズンは2季前に世界最高得点を2度更新した『…

つづきを見る

調整にPRに…羽生結弦が送る「多忙な夏」

フィギュアスケートの羽生結弦は、2017-18年シーズン開幕前にもかかわらず、多忙な夏を送っている。 『イル・ヴォーロ』という男性オペラグループが日本でコンサートを開く。イタリア人男性3人によるオペラのユニットで、羽生が2016-17年シーズンのエキシビションに使用した『ノッテ・ステラータ(星降る夜)』は、彼らの曲だ。…

つづきを見る

中国企業が羽生結弦に多額のスポンサー料で「爆買い」を画策

フィギュアスケートの2017-18年シーズンは平昌冬季五輪に直結する。金メダルの最有力候補である羽生結弦は「好スタートを切りたい」と思っているはずだが、中国による“爆買い”の標的にされていた。「フィギュアの会場では羽生に対して『加油!』という声援も寄せられており、羽生の人気は日本のみならず、アジアへ、そして、世界全体に…

つづきを見る

羽生結弦が新シーズン前にコーチを解任

フィギュアスケートの羽生結弦の来年度版カレンダーが9月下旬に発売される。アイドルなどのカレンダーは長く市場に置かれるのを狙って早めに販売される傾向にあるが、羽生のカレンダーは中途半端な時期の発売だ。しかも、日本スケート連盟が主要選手の2017―18年シーズンの大会出場予定を発表する前に、大会スケジュールも記載されるとい…

つづきを見る

羽生結弦の指示にスタッフ困惑「ピアニストになったつもりで」

羽生結弦がアイスショーの打ち合わせで厳しい表情を見せた。自ら演目として選んだのはショパンのピアノ曲『バラード第一番ト短調』。2015年シーズンから2季続けて使用しており、同年12月のグランプリファイナルのショートプログラムで世界最高となる110.95点を獲得したものだ。 「羽生は『いまできる最高の演技を披露して、お客さ…

つづきを見る

「におい」苦手な羽生結弦に迫り来る試練

フィギュアスケート選手の羽生結弦が、千葉県にある幕張メッセで5月26~28日に行われるアイスショー『ファンタジー・オン・アイス』に出演する。来年2月の平昌冬季五輪まであと半年と迫っており“実戦感覚”を失わないための貴重な調整期間ではあるが、“試練の場”にもなりそうだ。 「羽生にも“苦手”があります。体質的に合わないこと…

つづきを見る

フィギュアスケート「審査方法改革案」に羽生結弦はどうする?

日本スケート連盟(JSF)が、5月14日に羽生結弦への“特例措置”を発表した。今年12月の全日本選手権におけるシード権を与えるという。 通常、シード権は同大会の前年度で上位3位までに入った選手に与えられてきた。だが、羽生は前年度大会にはインフルエンザで出場できなかった。今年の同大会は、平昌冬季五輪直前に行われ、選手選考…

つづきを見る