老害

明石家さんま“独身女優”への辛辣コメントに批判「ハラスメントお化けだな」

12月3日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、『アンガールズ』田中卓志、浜口京子、中村俊介ら独身芸能人が多数出演した。司会の明石家さんまは独身芸能人に年齢や未婚である理由を問う質問を繰り返し、「まだ結婚しないのか」などと揶揄したが、視聴者からは「立派なハラスメント」と批判する声が相次いだ。 女性が何歳程度…

つづきを見る

天海祐希を「オバハン」呼び! 明石家さんまの“イジリ”が失礼過ぎる!

11月20日に放送された『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)2時間SPにて、MCの明石家さんまがゲスト出演した女優の天海祐希に対し、失礼な態度を取ったと一部で批判を受けた。 24日に放送されるスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』にサザエ役で主演する天海は、同ドラマの出演者とともに、「アナタは大…

つづきを見る

明石家さんまハートブレイク…剛力彩芽との“恋愛妄想”がキモ過ぎる

このところ〝老害〟呼ばわりされることが多くなった明石家さんま。至るところから「気持ち悪い」「もうやめて」などの悪評が聞こえてくるが、どうにも本人が気付いていないから最悪だ。 「さんまの難点は、年相応のジョークが言えないことに尽きます。トーク番組で、女優の石田ゆり子に向かってさんまは『何で結婚しないんですか?』の典型的な…

つづきを見る

たけし、さんま、所…お笑い老害ビッグ3“時代錯誤発言”連発で呆れ

平成が終わり「令和」という新しい時代を迎えた今、悲しいことに〝平成に取り残されてしまった〟大物芸能人たちがいるという。明石家さんま、所ジョージ、そしてビートたけしの3名だ。全員自らの看板番組を持ち、お笑い芸人という枠を超えて活動する〝日本の宝〟ともいうべき存在なのだが、昨今のテレビ番組における発言で、視聴者から反感を買…

つづきを見る

明石家さんま“ハートブレイク”で引退決意!?「カトパンなんでやねん…」

明石家さんまが“ハートブレイク”により、近く「完全引退宣言」を出すのではないかと評判だ。今やお笑い界の〝老害〟とされ、若い層から「キモじじい」とまで呼ばれる大御所。一体どうしたというのだろうか…。 「去る9月、お堅いニュースサイトにまで取り上げられ、『教養がない』などと酷評されました。時代を読めないセクハラ芸に呆れたと…

つづきを見る

明石家さんまの“嫌われぶり”が末期的…「お笑い界の老害」の声も

今やお笑い界の「老害」と呼ばれる明石家さんまが、末期的な嫌われぶりを見せている。今年で16回目となる『日経エンタテインメント!』恒例の「好きな芸人 嫌いな芸人」ランキングが去る8月に発表されたのだが、さんまは「嫌いな芸人」として初の1位を獲得。昨年11位からのジャンプアップで、この1年で嫌われ度が激増した格好だ。 「9…

つづきを見る

『さんま御殿』昭和生まれの愚痴に総ツッコミ「普通にパワハラでしょ」

9月17日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に寄せられた一般人の体験談が、視聴者から「ただのパワハラでは」とツッコミを浴びる事態となっている。 この日は平成生まれの鈴木福、小林星蘭ら、昭和生まれの八代亜紀、IKKO、丸山桂里奈らがそれぞれ出演し、世代間で分かり合えないテーマを語り合う放送内容だった。視聴者か…

つづきを見る

宇垣美里のイヤラシ過ぎる“被害告白”に激怒の声「強制ワイセツじゃん!」

元TBSアナウンサーでタレントの宇垣美里が告白したセクハラ体験に、ネット上で怒りの声が爆発している。 7月27日深夜、宇垣は『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(テレビ東京系)に出演。TBS退社後に経験したモデルの仕事や局アナ時代のエピソードなど、酒を飲み交わしながらさまざまなトークを展開していった。 話が大学時代に…

つづきを見る

梅沢富美男の“女性蔑視”発言が大炎上…「ブスだから分かんねえんだ!」

梅沢富美男が7月16日、『躍る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。金遣いを巡り、タレントの河北麻友子らと論争を繰り広げた。議論の最中、梅沢は大久保佳代子に「ブス!」と一喝し、持論を押し通そうとした。視聴者は、梅沢の発言を「女芸人への『イジリだ』」と擁護する声もあったが、テレビ番組で女性の容姿をさげすむ行為を批判…

つづきを見る

「おめえ、何やってるんだよ!」徳光和夫のロケ番組‟暴言”にドン引き

フリーアナウンサーの徳光和夫が見せた『路線バスで寄り道の旅』(テレビ朝日系)での〝豹変ぶり〟が話題になっている。6月16日に放送された特番では、路線バスで東京の下町を巡りながら競艇にも興じたが、「おめえ、何やってるんだよ!」と叫ぶ場面も。視聴者は大いに驚きつつ、「バラエティー番組でギャンブルを見せられても…」と嘆く声が…

つづきを見る