自殺

ローカル番組で放送事故!? JOC幹部死亡のニュース差し替えで「大きな闇を感じる」

KBC九州朝日放送のローカル情報番組『アサデス。KBC』で起こった、とある放送事故の闇が深いと話題に。一部では《情報統制が働いた》などとも噂されているが、果たして…。 今回物議を醸しているのは6月7日の放送。番組内でキャスターが「東京オリンピック直前、一体何があったのでしょうか。JOCの幹部が…」と原稿を読み上げ始めた…

つづきを見る

日本オリンピック委員会の幹部が飛び込み…内部リークで“粛清”されたとの憶測も

国民の意見を無視し、開催準備が進んでいる平和の祭典・オリンピック。開催を目前に控えた6月7日、JOC(日本オリンピック委員会)の経理部長・森谷靖氏の訃報が届いた。森谷氏の死を巡り、ネット上ではさまざまな議論が交わされている。 6月7日、東京都品川区の都営浅草線中延駅で男性がホームから飛び込み、普通列車に跳ねられ死亡する…

つづきを見る

新宿・歌舞伎町が自殺スポットに…若者が集まる“トー横”の問題点

山梨の青木ヶ原樹海、福井の東尋坊、東京の高島平団地など、かつて〝自殺の名所〟と呼ばれる場所があった。しかし、近年は東京・新宿歌舞伎町が鬼籍への入り口と化しているようだ。 5月11日には歌舞伎町1丁目のホテル敷地内で男女の死亡が確認され、警察は18歳の男子専門学校生と、14歳の女子中学生とみて調べている。女性のものとみら…

つづきを見る

三浦春馬さんの“生前エピソード”に絶賛の嵐「新幹線の車中で…」

7月18日に急逝した俳優・三浦春馬さんの遺作である、2ndシングル『Night Diver』。公式MVが公開されてから3週間で、2000万回再生を突破する快挙を成し遂げた。 コメント欄では、今もなお三浦さんへのメッセージが投稿されつづけているが、なかでも注目したいのが、〝生前の三浦さんとのエピソード〟を明かしているよう…

つづきを見る

三浦春馬“豪華写真集”が転売ヤーの餌食に…「めちゃくちゃ高騰してる」

去る7月17日に東京・港区内の自宅マンションで自殺した俳優・三浦春馬さんの著書が〝転売ヤー〟の格好の餌食になっている。 ターゲット商材となっているのは、三浦さんが今年4月6日に発売した著書『日本製』と『日本製+Documentary PHOTO BOOK 2019-2020』の2冊。月刊誌『プラスアクト』に掲載された記…

つづきを見る

三浦春馬さんの逝去報道に苦言!「美化したり神聖視する必要はない」

『2ちゃんねる』創設者の西村博之氏(ひろゆき)が7月21日、朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)に出演。先ごろ、30歳で亡くなった俳優・三浦春馬さんについて言及した。 ひろゆき氏は三浦さんの死に対する報道について「自分で亡くなった人が実績があるにせよ、みんな褒めて悪く言わないじゃないですか。今、自殺を考えている人…

つづきを見る

「ずっと死にたいと思ってた」自殺を考えていた意外な芸能人たち

今では華々しく活躍しているが、一時は大きく病んでいた芸能人も多数いる。中には「自殺」を考えていた人までいるという。 『KinKi Kids』の堂本剛は、パニック障害を発症していた当時を振り返り、「10代のころは毎日死にたいと思っていた」と明かしたことがある。パニック障害といえば『Sexy Zone』の松島聡、『King…

つづきを見る

地獄か!?『ブラック企業大賞2018』ノミネート各社が酷すぎる

今年で第7回となる『ブラック企業大賞』のノミネート企業が発表された。先に発表された『新語・流行語大賞』は毎年、面白いところなど1つもないが、こちらはある意味、それ以上に“笑えない”。 今回ノミネートされた“名だたる”企業・団体は次の9つだ。 《ジャパンビジネスラボ》 都内で語学学校等を運営する同社は、正社員の女性に対し…

つづきを見る

炎上しても「死んだら負け」を言い続ける、松本人志が伝えたかったこと

松本人志の炎上が止まらない。 アイドルグループ『愛の葉Girls』(えのはガールズ)のメンバー、大本萌景さんが今年3月に自殺した件で、遺族が所属事務所によるパワハラや苛酷な労働環境で精神的に追い詰められて自殺したとして、9200万円の損害賠償を求めた。これに対して、松本は10月14日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』…

つづきを見る

小倉智昭『アイドル自殺』に「芸能界には暗黙の了解が」と事務所を擁護か?

愛媛県を拠点に活動する地域アイドルグループ『愛の葉Girls』(えのはがーるず)の中心メンバー・大本萌景さんが、2018年3月に自殺。過重労働やパワハラが原因として、遺族が10月12日、松山市の芸能事務所『Hプロジェクト』などに対し慰謝料など約9268万円の損害賠償を求め、松山地裁に提訴した。 遺族側は、会社側が萌景さ…

つづきを見る