大上 賢一
ライター歴はそこそこ。たけのこ派、うどん派、海派、ビアンカ派、ごはん派、「争いは同じレベルの者同士じゃなくても発生する」派です。

大上 賢一さんの記事一覧

アニメ『ドラゴンボール』“女性差別”で放送中止に!? 海外アニメ事情にモヤモヤ

偉大な漫画家・鳥山明の手によって生み出され、今や日本を代表するコンテンツとなった『ドラゴンボール』。つい先日、同作のアニメ版がスペインの一部地域で〝放送中止〟に追い込まれたと報じられ、ネット上で物議を醸している。 いささか唐突に見える放送中止問題は、スペインの都市・バレンシアの公共放送で生じてしまったようだ。今年3月末…

つづきを見る

人気声優・西明日香の“結婚”にオタクたちが涙「さようなら、すべての百合声優」

かつて〝百合営業〟によって一時代を築いた人気声優・西明日香が、4月1日に一般男性との結婚を発表。ネット上で祝福の声があがる一方、百合好きのファンたちは複雑な心境を抱えているようだ。 西は『きんいろモザイク』の大宮忍役などで知られる声優で、インターネットラジオ番組『洲崎西』のパーソナリティーとしても有名。同番組では西の〝…

つづきを見る

『呪術廻戦』高専生vs腐女子の争いが勃発! リアル「高専」をめぐってトラブル勃発…

アニメ化をきっかけに、今や国民的な作品となった漫画『呪術廻戦』。最新話が掲載される度に作品の関連ワードがツイッターのトレンドに入るなど、その勢いは止まることを知らない。しかし同作の流行によって高等専門学校、いわゆる〝高専〟の生徒たちが思わぬ被害を被っているようだ。 コトの発端は、3月29日に高専生を名乗るアカウントがツ…

つづきを見る

VTuberファンがまたもや暴走! 同人誌“朗読”炎上騒動で再び悪評広まる…

バーチャルYouTuber(VTuber)界隈で、またしても炎上騒動が起きてしまった。コトの発端は、3月28日にYouTube上で行われたライブ配信。そこでリスペクトの欠けた態度で他人の同人誌をネタにしたことで、激しい批判に晒されている。 今回の騒動を巻き起こしたのは、『ホロライブ』所属の人気VTuberである「さくら…

つづきを見る

庵野秀明が『鬼滅の刃』ディス!?“わかりやすい作品”は本当に正しいのか?

3月22日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)では、『新世紀エヴァンゲリオン』をはじめとする名作を手掛けてきた監督・庵野秀明に密着。番組の中で庵野が放った〝とある発言〟がきっかけで、ネット上で激しい議論が巻き起こっている。 注目を集めているのは、番組スタッフと庵野が居酒屋で語り合うシーン。スタッフが「何で…

つづきを見る

『かぐや様』作者・赤坂アカが引退宣言!? 驚愕の“収入暴露”に納得と落胆の声

アニメ化や実写化によって、世間に大きなブームを巻き起こした漫画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』。作者の赤坂アカは同作と併せて、『週刊ヤングジャンプ』で『【推しの子】』の原作も務めている大人気作家だ。そんな赤坂が、とある配信で自身の年収を暴露し、ネット上を騒然とさせている。 話題となっているのは、3月18…

つづきを見る

『ウマ娘』登場キャラには人権がない!? 界隈に氾濫する“デマ”に困惑の声

2月24日にスマートフォン向けアプリがリリースされて以来、セールスランキングの上位を独占し続けている『ウマ娘 プリティーダービー』。プロ野球選手のマー君こと田中将大も熱中していることを公言しており、今や日本中に〝ウマ娘〟旋風が駆けめぐっている。そんな中、ネット上では同作にまつわる「デマ」が飛び交い、ファンたちを困惑させ…

つづきを見る

『進撃の巨人』『呪術廻戦』のMAPPAは本当に「最高のアニメ会社」なのか?

アニメ『呪術廻戦』(TBS系)や『進撃の巨人 The Final Season』(NHK)を手掛け、一躍業界トップに躍り出たアニメ制作会社『MAPPA』。しかし、一部のアニメファンからは「過大評価だ」という意見も少なくない。ネット上では「MAPPA」のアニメ会社としての評価をめぐり、論争が巻き起こっているようだ。 その…

つづきを見る

VTuberファンが幼稚すぎる!『ホロライブ』炎上後も続く人気作家への誹謗中傷

配信業界の盛り上がりと共に、ますます人気が加速する〝VTuber〟ことバーチャルユーチューバー。とくに最近ではバーチャルアイドルグループ『ホロライブ』が注目を集めているが、必ずしもいいニュースばかりではなく、一部では炎上騒動も巻き起こっているようだ。 「ホロライブ」は、兎田ぺこらや白上フブキといったVTuberが所属す…

つづきを見る

『シン・エヴァンゲリオン』公式がネタバレ!? 15秒のPVに憤るファン

人気アニメ『エヴァンゲリオン』シリーズの最新作にして完結編『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。3月8日に封切りとなった同作は、1週間で興行収入33億円という快調な滑り出しを見せている。その一方、公式ツイッターが新たなPVを公開したことをきっかけに、ファンの間では激しい〝ネタバレ論争〟が繰り広げられているようだ。 同作を含…

つづきを見る