アイドル

【独自スクープ】アイドルグループPがクラスター隠し!? 呆れた対応とは…

アイドルの聖地・秋葉原にほど近い千代田区岩本町で、6人組アイドルグループ〝P〟のメンバーを発端とするクラスター感染が発生した疑いが出てきた。 時は2020年12月12日。この日、岩本町からほど近いレンタルカフェスペース&フォトスタジオで、コラボカフェイベントが開催された。これは、2019年1月まで池袋に存在していたアイ…

つづきを見る

乃木坂センター・山下美月が日向坂に移籍!?「向こう5年は天下とれそう」

1月13日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、シーズンレギュラーを務める『乃木坂46』の現センター・山下美月が登場。他グループへの〝移籍〟をほのめかす発言を繰り出し、ファンをザワつかせていた。 同日の番組では、水曜レギュラーのお笑いコンビ『オードリー』と『和牛』が、小江戸と呼ばれる埼玉県川越で和服旅を実施。VT…

つづきを見る

『櫻坂46』に早くも不協和音? 突然の卒業発表に「闇が深い…」

2020年10月14日に『欅坂46』から改名し、意欲的に活動している『櫻坂46』。しかし早くも、2期生メンバー・松平璃子の卒業が発表された。 松平は2018年11月、『欅坂』の2期生として加入。 活動3年目の2期生の卒業は初となる。1月8日に『櫻坂』の公式サイトは、「松平璃子に関しまして」というタイトルの記事を投稿。松…

つづきを見る

『格付け』日向坂46炎上に反論の声「アイドルだからって叩かれるの可哀想」

1月1日放送の『芸能人格付けチェック! 2021お正月スペシャル』(テレビ朝日系)の一幕をめぐって、一部視聴者が激怒している。しかし、完全な〝冤罪〟という可能性もあり、ネット上では擁護の声もあがっているようだ。 今回の「格付け」では、新型コロナウイルスの影響もあって、メインMCの1人である伊東四朗が高齢を理由に欠席。『…

つづきを見る

ブーム終了『乃木坂46』気がつかないのは固定ファンと運営だけ…

『AKB48』の人気を押しのけ、一時代を築いた『乃木坂46』。しかし、ここ最近はオワコン化がささやかれるようになってしまったようだ。 デビュー当時の「乃木坂」は、生駒里奈が1stシングルから5回連続でセンターを担当。この流れは平手友梨奈が在籍していた頃の『欅坂46』も同様で、『AKB』からの流れをくむプロモーション戦略…

つづきを見る

『AKB48』が不憫すぎる!? 紅白落選に続き『FNS歌謡祭』も不参加…

12月9日放送の『2020 FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ系)に出演予定だった『AKB48』。しかし、新型コロナウイルス感染を公表した『NMB48』白間美瑠とメンバーの多くが共演していたため、出演が取り消されてしまった。 本来、この日の番組では劇場公演から15周年を迎えた「AKB」がパフォ-マンスを行う予定だった。…

つづきを見る

『FNS歌謡祭』禁断の共演!? 平手友梨奈の出演決定に動揺の声「混ぜるな危険」

12月9日に第2夜が放送される『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)。2日の第1夜から豪華アーティストが珠玉のパフォーマンスを繰り広げ、視聴者を大いに喜ばせていた。そんな中、12月3日に元『欅坂46』の平手友梨奈の出演が発表され、波紋が広がっている。 平手が出演予定の第2夜には、『嵐』、aiko、『関ジャニ∞』、『Kis-M…

つづきを見る

『乃木坂46』が“AKB化”!? 初披露の新曲に苦言「乃木坂っぽくない」

11月25日に放送された大型音楽特別番組『ベストアーティスト2020』(日本テレビ系)に、『乃木坂46』が出演。新曲を初披露したが、残念ながらファンからは冷ややかな感想が飛び交っているようだ。 この日の番組で彼女らは、淡い色のミニスカートワンピースを身にまとい、新曲『僕は僕を好きになる』を披露。いつものように、美麗なパ…

つづきを見る

出場は二度とない?『AKB48』紅白落選の“重すぎる”理由…

11年連続で『NHK紅白歌合戦』に出場していたアイドルグループ『AKB48』が今年、ついに落選した。この原因として、〝重すぎる理由〟が推測されている。 初めて出場した2007年の『第58回NHK紅白歌合戦』では、〝日本が誇る最先端! スペシャルメドレー〟として、中川翔子やリア・ディゾンと合同ステージに立った『AKB48…

つづきを見る

AKBグループ『紅白』総落選! ファンからも「残念ながら当然」と納得の声

11月16日、NHKが大晦日の恒例番組『紅白歌合戦』の出場者を発表。『AKB48』グループが落選してしまったため、ファンから悲しみの声が上がっている。 今回初めて『紅白』の出場者に選ばれたのは、話題の9人組ガールズユニット『NiziU』や女性シンガーのJUJUといったアーティストたち。また、改名によって注目を集めている…

つづきを見る