セクシー田中さん

「セクシー田中さん」日テレの対応をロザンが疑問視。宇治原史規「契約書を交わしていないという前提で話していたのに」

お笑いコンビ『ロザン』が2月27日にYouTube動画を投稿。ドラマ『セクシー田中さん』を放送した日本テレビの調査に疑問を呈した。 同ドラマは原作者の芦原妃名子さんが死去する事態に発展。ドラマ化に当たり芦原さんとドラマ製作側の間でトラブルもあったとも伝えられ、日本テレビは調査を開始した。 この件について、日本テレビは2…

つづきを見る

長谷川良品、『セクシー田中さん』問題の日本テレビの対応を批判。社内特別調査チーム設置も「ようやく重い腰を…」

元放送作家の長谷川良品氏が、2月18日にYouTubeを更新。日本テレビが社内特別調査チームを設置したことについて「ようやく重い腰を上げた感じ」と呆れた。 ドラマ『セクシー田中さん』の原作者で漫画家の芦原妃名子さんが1月29日に亡くなったことが分かり、脚本に関して日本テレビ側と芦原さんの間ですれ違いがあったことが判明。…

つづきを見る

Sad,Young,Asian,Woman,Cry,With,Palm,To,Face,On

『セクシー田中さん』芦原妃名子さん死去に、漫画家・脚本家・作家から追悼コメント相次ぐ

ドラマ『セクシー田中さん』(日本テレビ系)の原作を手掛けた漫画家の芦原妃名子さんの急死を受け、多くの漫画家・脚本家・作家から追悼コメントが寄せられている。 『南国少年パプワくん』などを手掛ける漫画家の柴田亜美氏は4日『ワイドナショー』に出演。「実写ドラマ化の難しさの話も聞いていました。そして今回、一番悪い形で出たなと思…

つづきを見る

大島育宙、小学館の『セクシー田中さん』社内説明会に疑問視「謎の論理のねじ曲げ」「無言よりタチが悪い」

東京大学法学部卒の芸人・大島育宙氏が2月7日、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。日本テレビ系ドラマ『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんの死去を受けた小学館の社内説明会に疑問を呈した。 大島氏は動画の冒頭で「映画ドラマの考察やレビューをやっているチャンネルとして、ちょっと見過ごせない」と切り出した。『東…

つづきを見る

Confused,Woman,Looks,At,You,With,Suspicious,,Doubtful,And,Incredulous

小学館「社外発信の予定なし」に、漫画家たち反応「最終決定ではないことを信じたい」「編集で納得してる人はいない感じ」

ドラマ『セクシー田中さん』(日本テレビ系)の原作を手掛けた漫画家の芦原妃名子さんの急死を受け小学館が6日、トラブルの経緯を社外に公表しない考えを示したことに対し、漫画家たちが相次ぎ否定的な反応を示した。 芦原さんは生前、ドラマ化に当たり、自身が望む脚本にならなかったとSNSで苦言を呈したものの、後になって投稿を削除した…

つづきを見る

Portrait,Of,Woman,Losing,Control,Over,Emotions,,Feel,Pressured,And

『海猿』原作・佐藤秀峰、テレビ局との映像化トラブルを語る「作品が自分の手から奪われていく感覚」

『海猿』などを手掛けた漫画家の佐藤秀峰氏が2月2日、noteを更新。日本テレビ系でドラマ化された『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんの急死に言及し、テレビ局や出版社に苦言を呈した。 1月29日、芦原さんは栃木県日光市内のダムで死亡しているのが発見された。警視庁は自殺と見て調査されている。芦原さんは生前、ドラマ化…

つづきを見る