ハラスメント

松本人志“デリカシー”ゼロ発言「妊活もしないとね」が大炎上!

12月13日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、視聴者から「デリカシーがない」「失礼だ」などの批判が寄せられている。 同日の放送は「今年いろいろあったオンナの忘年会」と題し、女優の佐藤仁美や夏菜、タレントのゆきぽよや朝日奈央など、アクの強い女性ゲスト計7名が出演。中でも佐藤は今年10月に俳優の細貝圭と結婚した…

つづきを見る

『嵐』櫻井翔がファンを“カスハラ”扱い!「上から目線だな」と批判殺到

12月2日に放送された『news zero』(日本テレビ系)で、月曜キャスターの『嵐』櫻井翔が実体験を交えたハラスメント被害を告白した。しかし、視聴者の間には賛否両論が巻き起こったようだ。 同日の放送では、接客業従事者が直面しているという〝カスハラ(カスタマーハラスメント)〟問題を特集。客からの理不尽なクレームや暴言と…

つづきを見る

『ゲーム部プロジェクト』パワハラ騒動!「超ブラック運営だ」と大炎上

有名バーチャルユーチューバー(VTuber)の『ゲーム部プロジェクト』に、〝声優変更〟騒動が勃発。「まさにブラック企業」と批判の声が高まっている。 『ゲーム部』は主にYouTube上で活動している4人組ユニットで、ゲーム実況などの動画を投稿。メンバーはそれぞれゲーム好きの高校生という設定で、注目度の高さから今年1月期の…

つづきを見る

“手作りおにぎり”拒絶の西川先生に共感の声殺到「それがフツーの感覚」

6月16日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)のワンシーンが、視聴者の間で物議を醸している。 この日の放送には、元『AKB48』の篠田麻里子がゲスト出演。互いに玄米好きであったことから「交際0日」で結婚した〝玄米婚〟が話題となり、SNSにも玄米を中心とした手料理をアップしている篠田に、ちまたで〝ゴーストコック…

つづきを見る

“セクハラ”が怖い!?『ハラミ会』に象徴される男性の「飲み会」事情

今、男性会社員の間で『ハラミ会』が大盛況だと、ネット上で話題になっている。 男性同士で焼き肉でもする会なのか? と不思議がる人も多いだろうが、実は肉のハラミではなく『ハラスメントを未然に防ぐ会』、略してハラミ会なのだという。 「もともとは、瀧波ユカリ氏による漫画作品『モトカレマニア』の中で登場した言葉です。それがツイッ…

つづきを見る

「セクハラで告発」されたAKB新グループ劇場支配人は謝罪だけで許されるのか

瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ『STU48』が、6月30日にライブ動画配信サービス『SHOWROOM』の放送で、活動母体となる船上劇場の船名を『STU48号』に決定した。 STU48は、作詞家の秋元康氏のプロデュースにより2017年に結成されたグループで、瀬戸内地方7県に拠点に構え、『AKB48』の姉妹グル…

つづきを見る

セクハラ、アルハラ

当然か?やり過ぎか?最新「セクハラ防止ルール」

性被害に声を上げる『#MeToo運動』が世界的な広がりを見せるなど、セクハラは現在、社会問題の最重要テーマのひとつだ。日本においても、財務省の福田前事務次官のセクハラ発言はもとより、それを追求していた朝日新聞社内でも上司が女性記者にセクハラをしていたと週刊誌が報じるなど、次から次へと表面化している。 そんななか、アメリ…

つづきを見る

「ご当地アイドル」自殺を巡ってネットに充満した怒り

2018年3月21日、愛媛県松山市を活動拠点にする農業アイドル『愛の葉Girls(えのはがーるず)』メンバーだった大本萌景(おおもと・ほのか)さん(享年16)が、自宅で首を吊り亡くなった。 大本さんはアイドルグループ『ももいろクローバーZ』が好きで、アイドルに憧れて中学2年から『愛の葉Girls』の研修生になり、中学3…

つづきを見る

高校生イメージ

着替え盗撮に枕営業…アイドル界にはびこるセクハラの実態

アイドルグループ『虹のコンキスタドール』の元メンバーの女性がセクハラを受けたとして、当時のプロデューサーを提訴した。このグループはイラストSNS『pixiv』を運営するピクシブ社の企画から発足しており、提訴されたのは同社の現社長(当時は副社長)である永田寛哲氏だ。 訴状によると、元メンバーの女性は3つのセクハラ被害を受…

つづきを見る

『正義のセ』酩酊キスシーンに「セクハラでは?」と指摘の声

連続ドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)の5月9日放送分で、あるシーンに問題があるとSNS上で指摘されている。 新米検事の竹村凜々子(吉高由里子)らは、ある殺人事件の容疑者が持つアリバイを崩そうと捜査をするが、行き詰まりを見せる。 そんななか、一緒に捜査をする検事らと飲みに行ったとき、凜々子は被害者の無念さや容疑者への怒…

つづきを見る