ハリウッドザコシショウ

『ロンハー』ドッキリ仕掛け人が号泣…「分かる」「ピュア」

8月23日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)ゴールデン2時間スペシャルで、ドッキリの仕掛け人がドッキリ開始前からポロポロと涙をこぼした。視聴者は「分かるわ」と共感を示している。 「M-1ファイナリストってどんな人? キャラ掘りドッキリSP」と題し、『オズワルド』伊藤俊介、『インディアンス』田渕章裕、『錦鯉』の長谷…

つづきを見る

バカリズム『IPPONグランプリ』共演者にキレた?「邪魔してくれるな!」

5月21日、バラエティー特番『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)が放送された。番組内での、とある出来事が話題になっている。 大喜利が好きな10名の芸人がシンプルに大喜利のみを行い、勝者を決めるバラエティー番組。まず前半のAブロックには大会常連のバカリズムをはじめ、『千鳥』大悟、『錦鯉』渡辺隆、『マヂカルラブリー』野…

つづきを見る

ザコシショウの“笑いのルーツ”になった人物に驚き「なんか繋がった!」

破壊的な芸風で知られるピン芸人・ハリウッドザコシショウが、そのルーツを明かして話題になっている。 ザコシは、3月31日放送の名古屋のローカル番組『千原ジュニアのヘベレケ』(東海テレビ)にゲスト出演。居酒屋で千原ジュニアと語り合うことになった。 ザコシは元吉本芸人で、ケンドーコバヤシや陣内智則らと同期。当然そのころからジ…

つづきを見る

ザコシショウが“不祥事芸人”に嫌悪感!「めっちゃ真面目」「素晴らしい」

ぶっ飛んだ芸風のピン芸人・ハリウッドザコシショウが、キャラとは裏腹な冷静発言で称賛を集めている。 ザコシは3月23日深夜放送の『~凪咲と芸人~マッチング』(テレビ朝日系)に出演し、ブレーク前から毎日欠かさず更新しているというYouTubeについて「適当にやりたくない」と告白した。 長かった下積み時代を忘れたくないと話す…

つづきを見る

ザコシ『R-1』で好感度上昇! ポケットチーフが「ウクライナカラーじゃん」

ピン芸人の頂点を決めるお笑いコンテスト『R-1グランプリ2022』(フジテレビ系)の決勝戦が3月6日に開催され、芸人のハリウッドザコシショウが審査員として参加。彼の粋なファッションに、視聴者から称賛の声が相次いでいる。 オープニングでザコシは、「ピン芸のカタチを変えていくしかねえぞ、コラ」と長州力のモノマネを披露。司会…

つづきを見る

バイきんぐ・小峠ガチ凹み…ザコシショウが辛辣コメント「なんか分かるわw」

3月1日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に、ピン芸人のハリウッドザコシショウがVTR出演。仲の良い芸人を明かして話題になっている。 この日は「俺はアイツの何番目? 仲良し芸人ウラ取りGP」が開催された。 番組に選ばれた芸人が、仲の良い芸人を1位から10位まで選出。選出された側の芸人に同じアンケートを取ってみて、…

つづきを見る

錦鯉『M-1』優勝はコウメ太夫のおかげ!? お笑い界の吉本一強を覆す事務所の存在

日本の〝お笑い〟といえば、誰もが『吉本興業』に所属している芸人のことを思い浮かべるだろう。ところが近年はそのイメージが覆されるように、ある芸能事務所の芸人が頭角を現している模様。それは大手の『松竹芸能』や『ワタナベエンターテインメント』でもなく、『ソニー・ミュージックアーティスツ』通称〝SMA〟の芸人たちだ。 「SMA…

つづきを見る

ハリウッドザコシショウの『錦鯉』への“名言”に感動!「カッコよすぎ」

ピン芸人のハリウッドザコシショウが、『M-1グランプリ2021』で優勝した『錦鯉』にかけた言葉が名言だとして、視聴者の間で話題になっている。 12月27日、『M-1グランプリ2021 アナザーストーリー』(テレビ朝日系)を放送。「錦鯉」や『オズワルド』にカメラが密着した。 番組では「M-1」終了後の「錦鯉」の姿や、次々…

つづきを見る

佐藤江梨子が芸人のネタに無表情…「どうしたサトエリ」「怖いわ」

12月21日放送の『火曜は全力! 華大さんと千鳥くん』(フジテレビ系)に、タレントの佐藤江梨子が出演。芸人たちが次々と繰り出すボケに無表情のままで、視聴者から心配の声を集めた。 芸人たちが大喜利に答え、ゲストが笑うかを検証。最初に、かつてグラビアアイドルとして名を馳せた井上和香、藤崎奈々子、安田美沙子、山田まりや、佐藤…

つづきを見る

日清のCMが不快すぎると炎上!「チビっ子泣いた」「全然おもんない」

今年の夏、〝バーチャルキャバ嬢〟と揶揄されるVTuber集団『ホロライブ』との悪目立ちコラボCMを放送し、オタク以外の国民を凍りつかせ、お茶の間に不気味さと恐怖心を与えた日清のカレーメシ。しかしこの批判は全く届いていなかったようで、またも気味の悪いCMを制作している。 今回、国民に不快感を与えているのは、〝動く絵〟では…

つづきを見る