ヒルナンデス!

『ヒルナンデス』藤田ニコルに批判! AAA宇野を再び無視か…「不快です」

4月19日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、『AAA』の宇野実彩子がゲスト出演。月曜レギュラーの藤田ニコルと共演してしまい、番組内で不穏な空気が流れていた。 この日は番組中盤で、新生活に役立つ便利グッズをクイズ形式で紹介するコーナーを放送。ニコルの進行にてさまざまな便利グッズが紹介されていき、そこで〝ある便利…

つづきを見る

『ヒルナンデス』で怪奇現象!“いないはずの人”の声が…

日本に元気と笑顔を届けるバラエティー番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)が、その方針に反し、お茶の間に恐怖を与えてしまった。 この日は、日本テレビ系で放送されている長寿アニメ『名探偵コナン』劇場版最新作の公開日。番組はこの宣伝に、映画のダイレクトマーケティング企画でテコ入れを図った。スタジオには、20年来の大のコナン…

つづきを見る

『ラヴィット!』に禁断の芸人が出演!? 相性最悪でハラハラ「ワイプの顔が…」

4月16日、『中川家』の礼二が『ラヴィット!』(TBS系)に出演し、お笑いファンをどよめかせてしまった。 『M-1グランプリ』審査員を務めるなど、今や大御所の仲間入りを果たしている礼二の出演とあって、この日のスタジオは独特の空気に。オープニングでは、メインMCの『麒麟』川島明が「今日は礼二さんにお越しいただきまして」と…

つづきを見る

『ヒルナンデス』南原清隆の言葉に“嵐ファン”歓喜の理由は?「感慨深い」

温かい芸風で知られる愛され芸人『ウッチャンナンチャン』の南原清隆が、持ち前のキャラで『嵐』のファンを喜ばせた。 4月13日、南原はいつものように『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にMCとして出演。この日は、今年で開園20周年を迎える『東京ドイツ村』が、記念企画として巨大フラワーアートを作る様子をVTRで紹介した。ドイツ…

つづきを見る

『ヒルナンデス』登場のドッグカフェが大炎上! 勘違いして叩く愛犬家も…

4月14日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、ドッグカフェを特集。悩める飲食店を立て直すという趣旨の企画で取り上げられたのだが、「飲食店を舐めすぎ」などと視聴者の反感を買ってしまったようだ。 この日の番組では、コロナ禍で苦境に立たされる飲食店をカリスマ社長が徹底指導し、現状を逆転できる新メニューを開発するとい…

つづきを見る

イモトの“おしゃれコーデ”大不評! 事件続発の『ヒルナンデス』ニュースランキング

超一流芸人の『ウッチャンナンチャン』南原清隆がMCを務める国民的昼番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)。旬の話題をお届けする『まいじつ』に掲載された中から、芸能記者が選りすぐった『ヒルナンデス』にまつわる記事をご紹介します(4/7配信まで集計)。 1位 『ヒルナンデス』イモトを殺すコーデに呆れ声殺到「ふざけてるよね?…

つづきを見る

出川関連!?『ヒルナンデス』謎の再放送に疑い「お蔵入り?」「何の事情?」

4月9日の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)は、何の前触れもなく〝謎の再放送コーナー〟の映像が流された。この展開に、ネット上では憶測が飛び交っている。 この日の番組では、最初にタレント・久本雅美のロケ企画「マチャミのおひとりさま旅」のVTRが流れた。そして次のコーナーでは、「日テレ系生番組コラボSP特別編」と題して4月…

つづきを見る

『ヒルナンデス!』新レギュラー・香音がかわいすぎると話題「毎週楽しみ」

タレント・野々村真の娘でモデルの香音が、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の水曜シーズンレギュラーに抜擢された。 香音は女性ファッション誌『Popteen』の専属モデルを務めるほか、4月10日スタートのドラマ『高嶺のハナさん』(BSテレ東)で連ドラ初レギュラーを果たすなど、人気上昇中のモデル。以前から若い女性を中心に「…

つづきを見る

『ヒルナンデス』めるる“タメ口キャラ”卒業!?「好感度あがった」

この春から『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)木曜新レギュラーとなった「めるる」こと生見愛瑠が、視聴者から好意的に迎え入れられているようだ。 生見は2019年後半ごろからバラエティー出演が増え、その明るいキャラやルックスもあって一躍人気者に。しかし、露出増に伴ってアンチも多くなり、一時はツイッターの検索窓に「めるる 嫌い…

つづきを見る

『ヒルナンデス!』に性犯罪者の名前が…! 番組はスルー対応も一時騒然

4月5日に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)での一幕が、視聴者をゾッとさせてしまったようだ。 番組はこの日、人気のクイズ企画『逆引きランキング』の第4弾を放送した。これは、ランクインしているモノや人をヒントに、それが何のランキングかを当てるクイズ。まずは、1位『サンドウィッチマン』、2位大泉洋、3位『博多華丸…

つづきを見る