フリーアナウンサー

大島由香里の“嫌味たっぷり”発言に視聴者ドン引き「恥ずかしくないの」

元フジテレビのフリーアナウンサー・大島由香里の〝性格の悪さ〟が加速していると話題になっている。 大島は8月11日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演。今年2月からYouTubeを始めたことについて、「意外と人気が出てる。でもあまりにも今までのイメージとのギャップにかなり驚かれる」と話し、MCで後輩アナウ…

つづきを見る

『今くら』元NHK・青山祐子“9年ぶり地上波”も「本当に残念で不快」

7月7日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、元NHKアナウンサーの青山祐子が登場。居住している香港のタワマンから中継で出演したのだが、批判が続出しているようだ。 地上波への出演は9年ぶりということで、番組では謎に包まれた青山の生活について紹介。リゾート地のような風景が広がるベランダから登場した青山は、結婚…

つづきを見る

脊山麻理子“17歳下男性”との熱愛に冷めた声「どんどん変な方向に…」

元日本テレビアナウンサーで、現在はフリーの脊山麻理子と年下男性の〝熱愛〟が6月18日発売の週刊誌『FRIDAY』に報じられ、話題になっている。 同誌によると、脊山は今年5月の昼下がりに、一回り以上年が離れた青年と一緒に並んで歩いていたところを目撃されている。青年は、公の場でも脊山の背中やお尻に手を当てたり撫でたりしてい…

つづきを見る

「大江麻理子がNo.1だ!」さまぁ~ず三村が太鼓判を押した“実力”とは

テレビ東京の報道局に所属する大江麻理子キャスターに、フリー転身説が浮上している。かねて、彼女ならば民放4局がそろって「獲得意向アリ」といわれるほどの人気者だ。 「美人で知性派、スキャンダルも皆無。経済通としても評判が高い。ニュース番組や情報番組でも絶対に欲しい存在でしょう」(女子アナライター) 大江キャスターは、かつて…

つづきを見る

竹内由恵がフジテレビに精力営業! 狙いはやっぱり加藤綾子の座!?

元テレビ朝日のフリーアナ・竹内由恵が、ジワジワと出番を拡大させている。特に目立つのはフジテレビで、狙いは同じくフリーの加藤綾子の座だともっぱらだ。 「竹内と加藤はアナウンサースクール時代からの知り合いで、当時は友達でした。竹内はフジテレビが第1志望で、結局は不合格になってしまった。一方で加藤は、何が何でも女子アナ志望で…

つづきを見る

竹内由恵が加藤綾子の仕事を強奪!? “犬猿の仲”になった理由とは…

現在、フジテレビの夕方ニュース『Live News it!』のMCを務める加藤綾子が、修復不能といわれるほど不仲のフリーアナ・竹内由恵にとって代わられる可能性が出てきたという。竹内は昨年末にテレビ朝日を退社。今年3月よりフリーに転身したばかりだ。 「竹内は現在、静岡県在住とされています。同地の勤務医と結婚したため『仕事…

つづきを見る

宇垣美里“民度が知れる発言”長引く悪影響…使うテレビ局ほぼナシ

ザンネンながら画面でめったに見ることがなくなったフリーアナの宇垣美里。ここ最近、週刊誌を中心に彼女の〝重大決意〟が囁かれているが…。 「昨年4月にフリーになったものの、テレビのレギュラーはおろか単発も減る一方。早くも〝過去の人〟という感じになってきました。彼女のオフィシャルサイトを見ても、目新しい仕事はない。このまま消…

つづきを見る

テレ朝・弘中綾香アナ“再破局”でフリー転身タイミングの好機到来!

テレビ朝日の弘中綾香アナが、交際をウワサされた人気ロックバンド『ONE OK ROCK』のリーダー・Toruと〝再破局〟していたと、一部のネットメディアが報じた。 弘中アナは2018年、『週刊文春』にToruとの熱愛が報じられたが、その後、父親の猛反対にあい、破局したといわれていた。しかし、実は父親の目を盗み復縁してい…

つづきを見る

水卜麻美アナ“フリー転身”の裏で囁かれる「仕事ナシ」の厳しい声

日本テレビの水卜麻美アナが年内にもフリーになると、多くの週刊誌、スポーツ紙が書き立てている。彼女は各種女子アナランクでも常にトップ3に入る人気者であることは間違いない。しかし、フリーとしては「厳しい」という見方が圧倒的だ。 「太めを売り物に〝ぽっちゃりアナ〟というブランドを作ったのは評価できます。でも、他に何かセールス…

つづきを見る

水ト麻美アナ“いよいよフリー”に暗雲…「低い業界評価」にビックリ!

日本テレビのエース・水卜麻美アナに、いよいよの〝フリー転身〟説が出ているが、それを疑問視する関係者も多い。 「女子アナというのは〝ミニ芸能人〟のようなもの。局が守ってくれるときは社員ですが、辞めたら何の責任も負わない。自局にいたとき人気があっても、永年にわたって番組を付けるなんてことは絶対にありません。正直、水卜アナは…

つづきを見る