ラーメン

『ケンミンショー』ラーメン特集に新潟県民が激怒!「山形に肩入れしすぎ」

10月27日放送の『秘密のケンミンSHOW極』(日本テレビ系)の内容に、新潟県民が怒りの声を上げている。 この日の番組は、中華そば(外食)の年間消費額が8年連続で日本一多かった山形市が、2021年に2位に落ちてしまったと伝えた。代わりに1位になったのは新潟市だという。 番組は、かつて山形でラーメンをこよなく愛する現地人…

つづきを見る

『日向坂46』との“禁断の愛”発覚!? ニオわせ投稿にファンから歓迎の声

庶民の強い味方である人気中華料理チェーン『熱烈中華食堂 日高屋』が、10月26日に期間限定メニューを発売すると発表。その告知に、アイドルグループ『日向坂46』のファンである〝おひさま〟たちが歓喜しているようだ。 「日高屋」公式ツイッターは10月13日、期間限定メニュー『チゲ味噌ラーメン』の発売を告知。《10/26(水)…

つづきを見る

『ヒルナンデス!』失礼すぎる店取材で炎上「普通に胸クソ」「どういう神経?」

「笑えないけど憎めない」でおなじみの『ウッチャンナンチャン』南原清隆がMCを務める『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)。まるで南原本人のごとく人畜無害なこの番組が、珍しく視聴者のヘイトを買ってしまった。 それは、6月20日の放送だった。番組はこの日「I LOVE 埼玉の旅!!」と題し、埼玉県の魅力に迫るコーナーを放送。同…

つづきを見る

北海道民ドン引き! 高島礼子の食いっぷりに「ヤバい」「地獄」

俳優の高島礼子が6月1日放送の『北の大地で激突! BINGO対決旅 バス鉄道乗り継ぎビンゴをねらえ』(テレビ東京系)に出演。北海道内を巡ったが、その中で見せた、あるモノの食べっぷりに北海道民が戦慄している。 高島は、『北陽』の虻川美穂子、『サバンナ』八木真澄を引き連れて太川陽介率いるチームと対戦。ビンゴカードに書かれた…

つづきを見る

朝倉未来にジロリアンが激怒!「残すやつが二郎系ラーメン食うな」「ギルティ」

総合格闘家でユーチューバーの朝倉未来が2月1日、自身のYouTubeチャンネルに『人生初の二郎ラーメン喰らってみた』という動画を投稿。初めて〝二郎系ラーメン〟に戦いを挑んだものの惨敗、しかも視聴者から批判が殺到しているようだ。 朝倉はこれまで二郎系ラーメンを食べたことがないようで、オープニングで「今日なんですけど、人生…

つづきを見る

吉本芸人に飛び火! 有名ラーメン店“暴行事件”で姉のSNSに心無い声…

『吉本興業』所属の女性お笑いタレント・堀川絵美のツイッターが炎上している。 堀川は、1月17日放送のFM大阪のラジオ番組『よしもとラジオ高校らじこー』に出演予定だったが都合により欠席。番組のツイッターをRTする形で《申し訳ありません》と謝罪した。 申し訳ありません😢 https://t.co/mqPHiT0kMv &m…

つづきを見る

広瀬すず『情熱大陸』の“飲酒シーン”に大反響!「めちゃくちゃ素敵」

11月14日放送の『情熱大陸』(TBS系)は、前週に引き続き俳優の広瀬すずに密着。彼女のストイックな姿と豪快な食事シーンが映し出され、ネット上で大きな反響を呼んでいる。 前回の放送では、カフェでのインタビューや主演映画『いのちの停車場』の舞台裏などを紹介。そして今回は、俳優・松坂桃李と広瀬のダブル主演映画『流浪の月』の…

つづきを見る

『Dr.STONE』コラボ炎上でカラ鉄謝罪!「客を舐めすぎ」「酷すぎる」

『カラオケの鉄人』と人気作品『Dr.STONE』のコラボレーションが炎上。「カラ鉄」側が謝罪し、話題になっている。 11月7日ごろ、「カラ鉄」のコラボメニューがSNS上で話題に。投稿者は『千空の海苔付き醤油ラーメン』(1100円)を注文したが、全く違う商品が提供されたと訴えていた。『千空の海苔付き醤油ラーメン』には、チ…

つづきを見る

元AKBラーメン店“産地偽装”で波紋!「返金して欲しい」「令和の船場吉兆」

元『バイトAKB』の梅澤愛優香氏が店主を務める神奈川県大和市にあるラーメン店『麺匠 八雲』の騒動が波紋を広げている。 10月17日付の『文春オンライン』がラーメン店の食材の〝産地偽装〟を告発。さらに店主の梅澤さんと同居する40代男性の存在が明るみになっている。 記事によると八雲では、人気メニューの『海老ワンタンメン』の…

つづきを見る

“おじさん構文”ジャーナリストが干された? 反省ナシ態度に「ある意味才能」

人気ラーメン店を経営する元『バイトAKB』梅澤愛優香氏から〝セクハラ被害〟を告発されたフードジャーナリストのはんつ遠藤氏が、「開き直っている」とネット上で大炎上している。 はんつ氏はセクハラや中傷被害を訴えた梅澤氏に対して「自分のことだ」と名乗り出て、ブログで反論。しかし、あまりにも冗長な文章でのらりくらりと言い逃れし…

つづきを見る