ライフ

closeup   young  woman smiling face with clean  skin

「愛人に全財産を残したい」こんな遺言書を実現する方法は?

高齢化とともに熟年離婚、そして熟年同士の結婚も一般的になり、遺産相続を巡るトラブルが増えている。 例えば芸能界で記憶に新しい話として、2014年3月に亡くなった俳優の宇津井健さんは、内縁関係を続けていた高級クラブのママと臨終の5時間前に婚姻届を提出したが、宇津井さんの長男とトラブルになった。正式に婚姻届を出してももめる…

つづきを見る

Slim girl posing faceless.

「ヘソのゴマ」とは何か? 正しいヘソ掃除の仕方

幼少のころ、親から「おへそをいじるとお腹が痛くなるよ」と言われたことはないだろうか。 何となくあまり触っちゃいけないような気はするものの、へそのゴマがたまっていてはカッコ悪い。特におしゃれで“ヘソピ”している人ならばなおさらだろう。 では、実際はどのようにへその掃除をしたらいいのだろうか。 「へそのゴマというのは、身体…

つづきを見る

「ペットショップで買った子犬」がすぐ重病に!損害賠償はできるの?

この2、3年は猫ブームのようだが、ペットビジネスの市場規模は約1兆4000億円を超えてなお成長を続けている(矢野経済研究所調べ)。市場の伸びに伴い、さまざまな社会問題が顕在化してきた。 繁華街を歩いていると、透明のアクリルボックスに子犬や子猫が入れられて展示されているペットショップをよく見る。あのような光景は日本特有ら…

つづきを見る

「子どもに会わせてもらえない!」と嘆く父親が急増している事情

厚生労働省の離婚件数の年次推移「年齢階級別離婚率」を見ると、夫婦の同居をやめたときの年齢別離婚率では、男性・女性ともに30歳~34歳の離婚率が最も高い。現在の平均初婚年齢が28歳~30歳くらいということから考えると、結婚してから5年以内に離婚する夫婦が多いといえる。 そんな比較的若いカップルの離婚で問題になるのが、「面…

つづきを見る

痴漢冤罪で「人生崩壊」!イザ巻き込まれたときへの準備と心構えとは

東京都心に通勤している人にとって、電車の遅延は日常茶飯の出来事だ。その遅延の理由として、「線路に立ち入ったお客様がおり…」というアナウンスが駅に流れることがあるが、これは痴漢を疑われて逃げた人かもしれない。 痴漢は卑劣な性犯罪であるから、真犯人は厳しく罰せられなければならないが、「痴漢冤罪」である可能性も当然ながらある…

つづきを見る

猛暑対策「エアコンの潜在能力」を最大限に引き出す方法とは

連日の猛暑でエアコンはフル稼働という家庭も多いだろう。そんな中、ネット上で、室外機に“ある工夫”をすると効率よく部屋の温度が下がると話題になっている。 その方法とは、室外機の上に水をくんだバケツを置き、タオルを一部水に浸るようにして敷くというもの。 コーヒー仲間のバンライケンさんに教えていただいた、エアコン室外機の水冷…

つづきを見る

トラブルが増加中!「地震保険の査定」がどのように行われるのか知っておこう

ここ数十年のうちに首都直下巨大地震や南海トラフ巨大地震が起きるといわれているが、万が一に備えて地震保険に加入する人はどのくらいいるだろうか。地震保険の世帯別加入率は全国平均30.5%(2016年度・損害保険料率算出機構統計)で、2011年3月に発生した東日本大震災以降、増加傾向にある。 では、実際に被災した場合、どのよ…

つづきを見る

smartphone-wifi

災害時こそネットは命綱!緊急時に解放される「無料Wi-Fi」を活用しよう

西日本を襲った記録的な大雨は、各地に土砂崩れや河川の氾濫など多大なる被害を及ぼした。陥没した道路や、横転した自動車など、濁流によって破壊された町では住民が後片付けに追われているが、復旧には数カ月かかるため、しばらくは避難生活を余儀なくされるだろう。 電話回線やインターネット回線などのインフラ復旧にも時間が掛かるというが…

つづきを見る

「エアポート投稿おじさん」はまだ許せる!?うざーいSNSアピールとは

最近、“アピールおじさん”が急増中だという。SNSの影響が大きいのだろうが、今年5月に話題になったのが“エアポート投稿おじさん”だ。 「40代以上の男性がフェイスブックなどに空港のラウンジや搭乗口の写真をアップするケースが多い、とネットや雑誌で話題になりました。そこに《しばらく旅に出ます》、《東京を離れます》といった一…

つづきを見る

要注意!「射精できない男性」の笑えない要因

最近、“射精できない男性”が急増している。特に問題とされているのが『膣内射精障害』で、勃起はするものの女性の膣内で射精できず、中には離婚の危機に陥ってしまった夫婦もいるという。 かつて射精障害といえば『早漏』を指すことが多かったが、現代ではいつまでも射精できずに悩むケースが圧倒的に多くなっているのだ。 会社員のKさん(…

つづきを見る