伊集院光

降板騒動の影響…? 伊集院光“ラジオ芸人”の危機感に「分かる!」

タレントの伊集院光が、5月23日放送の『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日系)に出演。ラジオのレギュラー番組を持つお笑い芸人が漏らした不満に共感する姿勢を見せ、視聴者の間で大きな反響を呼んだ。 現在、深夜ラジオ番組の枠を持つ『オードリー』『三四郎』『ハライチ』がラジオでのエピソードを披露。「三四郎」の…

つづきを見る

伊集院光の“セブンイレブン批判”に反論殺到「クレーマー」「言い掛かり」

お笑いタレントの伊集院光が繰り出した私見に、ネット上で非難が殺到している。 伊集院は4月25日深夜放送の『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で、「本当に、電子マネーとかよく分かんないし」「何個も入れたくないんだよね」「もうSuicaでいいじゃんっていう。『Suicaだったらほぼほぼ使えんじゃないの?』っていうので…

つづきを見る

ゲッターズ飯田「油断していると風邪を引く」の予言がまさかの大的中!

占い師芸人・ゲッターズ飯田の〝予言〟が、良くも悪くも…いや、主に悪い方で話題になっている。話題になるきっかけは、伊集院光がパーソナリティーを務める人気ラジオ番組『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)でのことだった。 3月10日朝、同番組には伊集院ではなく、木曜パートナーの柴田理恵と喜入友浩アナウンサーが登場。発熱により…

つづきを見る

伊集院光“ラジオ打ち切り報道”でセカンドレイプ…「恐ろしい国家になった」

ラジオパーソナリティとしてカリスマ的人気を博す伊集院光のラジオ『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)に、来春で終了という急転直下の事態が訪れた。 人気パーソナリティだけあって、同番組は聴取率のトップに輝くなど、多くのファンを要している。そんな番組が終了するとはにわかには信じがたいが、振り返れば打ち切りもやむない事情があ…

つづきを見る

伊集院光“パワハラ騒動”に擁護の声も…ハラスメントは言ったもの勝ち?

タレントの伊集院光が、フリーアナウンサーの新井麻希に〝パワハラ〟していたことが発覚。ラジオリスナーの間に衝撃が走っている。 伊集院は現在TBSラジオにて、月曜深夜の番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』と、月曜から木曜日に生放送されているワイド番組『伊集院光とらじおと』を担当。リスナーの間では〝ラジオの帝王〟と呼ばれるほどの人…

つづきを見る

伊集院光“パワハラ騒動”に納得の声「自分の体も管理できないやつはダメだな」

お笑いタレント・伊集院光が、フリーアナウンサー・新井麻希への〝パワハラ騒動〟で揺れている。 8月30日、冠ラジオ番組『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)の冒頭、伊集院は月曜アシスタントを務める新井の夏休みを報告。しかし、実はこれが新井側からの申し出であったことが、『女性セブン』2021年9月30日・10月7日号で明か…

つづきを見る

米津玄師ファンにガチギレ! 伊集院光のツイッターが話題「狂犬か?」

お笑いタレントの伊集院光が、またもやツイッターで一般人と揉めて話題になっている。 6月30日、伊集院は《米津玄師の死神を何度も聞いてる。やっぱりアプローチが興味深い》とツイート。古典落語の演目である「死神」をモチーフとして制作された米津玄師の新曲に、感銘を受けたようだ。一応落語家である伊集院は、自身のラジオ番組でも同曲…

つづきを見る

一般人以下!? 伊集院光『ちびまる子』で大喜利披露も酷評の嵐「ヤバくない?」

3月14日放送のアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)1時間SPに、伊集院光が本人役でゲスト出演した。 ラジオパーソナリティとして名高い伊集院だけあって、今回の出演はラジオ番組という設定。まる子がDJを務める「ちびまるラジオ にちよう七福神」という番組に伊集院がゲスト出演し、「昭和の思い出」やリスナーからのお便りを…

つづきを見る

伊集院光が社長にブチ切れ!? 衰退をたどるTBSラジオに苦言を呈す

タレントの伊集院光が、TBSラジオ・三村孝成社長に対して怒りをブチまけたと話題になっている。 伊集院は、新型コロナウイルスに感染して自宅療養中の『爆笑問題』田中裕二のピンチヒッターとして、9月8日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)に出演。太田光から「三村社長のこと、文句言ってるらしいじゃねえか。いいかげん…

つづきを見る

伊集院光“さまぁ~ず”に忖度!? 嫌いな身内ノリに嫌々参加か

タレントの伊集院光が4月21日、自身のツイッターを更新。〝#お家で小さな幸せしりとり〟にまつわるツイートを投稿して話題になっている。 伊集院は《発案者の三村さんは、カオス状態大歓迎らしいぞ! ホリプロだったら若手も新人も無名も有名も思い切って飛び込んじゃえ! えだわかれしてもいいじゃない!》《あと、三村さん自身が酔った…

つづきを見る