保険

交通事故に遭ったとき保険会社の「査定」に準備したいこと

飲酒、無免許、スピード違反、信号無視など、交通事故につながる危険運転は日常に潜んでいる。あなたがいくら優良ドライバーであっても、いつ何時事故に巻き込まれるか分からない。 もし不運にして事故に巻き込まれて被害を受けた場合、一般的には加害者側から保険金が支払われる。しかしながら、加害者側の保険会社は、示談交渉の段階では慰謝…

つづきを見る

不慮の病気や怪我に…「生きていくための保険」が流行

最近、中高年の過労による入院や、うつなどによって就業できなくなるケースが増えている。長期にわたって働けなくなると、心配になってくるのが生活費のこと。総務省の『家計調査』のデータによると、2016年のふたり以上の世帯の消費支出は、1カ月平均が30万9591円だという。実際にはこれらの支出のほかにも住宅ローンなどが加わって…

つづきを見る

急な入院のときに覚えておきたい「限度額適用認定証」

病気や怪我などで急に入院することになったときに、心配になるのが医療費の負担がどのくらいになるかということ。健康保険には『高額療養費制度』があるので、申請をすれば医療費の払い戻しを受けることができるが、一時的な支払いは大きな負担にもなる。 そこで、医療費が高額になりそうなときには、まず『限度額適用認定証』を利用したい。特…

つづきを見る

勉強しないと損をする「新配偶者控除制度」

昨年12月に政府によりまとめられた、『平成29年度税制改正大綱』の目玉とされるのが『配偶者控除』だ。 当初は財務省と自民党税制調査会から、配偶者控除の廃止と夫婦控除の創設の案が出ていた。しかし、慎重論の浮上によって、“配偶者控除の拡大”と“高所得者の増税”に変更された。改正により、新配偶者控除は複雑になり、すぐに理解で…

つづきを見る

アンジャッシュ渡部が佐々木希と「証拠写真」を撮られない理由

お笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建が先日、都内で行われたイベントで司会を務めた。その直前には、女性誌に佐々木希との同棲を報じられていた。 「これまで渡部は、佐々木絡みの質問が出るたびに、『ネットを見ろ』とワンパターンのフレーズを繰り返して、けむに巻くのが定番でした。しかし、この日はそのフレーズは使わずに、質問をのら…

つづきを見る

「改正国保法」のために国民健康保険滞納者が増える可能性

赤字体質が続く国民健康保険(国保)の運営主体が移管される。 2015年5月に成立した改正国保法のため、現在の運営主体である市町村から、2018年度より都道府県に移管される。 他にも、改正国保法には、75歳以上の後期高齢者医療制度を支えるため、大企業社員や公務員の負担を増やす『総報酬割』を2017年度に全面的に導入する方…

つづきを見る