北朝鮮

韓国『東京五輪つぶし』作戦=南北合同チーム続々編成の狙いとは

徴用工判決、レーダー照射、資産差し押さえ、文大統領が直接日本を批判…刻々と悪化する日韓関係の裏で、韓国がトンデモない“日本潰し”の秘策を打ってきた。3競技以上で北朝鮮との合同チームを作るというのだ。 まず決定した3競技の1つがバスケットボール。日本バスケのエグゼクティブ・アドバイザー、川淵三郎氏は「聞いてないよ~!?」…

つづきを見る

北朝鮮の“滝川クリステル”あのピンクのおばさんが消えた!?

12月4日、英紙『デイリー・テレグラフ』は、北朝鮮の朝鮮中央テレビのアナウンサー、李春姫(リ・チュニ=75)女史が引退すると伝えた。この名前には聞き覚えがなくても、北朝鮮のテレビ報道で独特の抑揚をつけながらニュースを読み上げるピンクのチマ・チョゴリ姿のアナウンサーといえば分かるだろう。 同紙は、このことから「ピンク・レ…

つづきを見る

北朝鮮では『セールスドライバー』が子供たちの「憧れの職業」なワケ

国連が実施中の対北経済制裁には3つの「限界」がある。第一に国連レベルの対北制裁は、選択的な制裁だということだ。北朝鮮が大量殺傷兵器を開発できないよう、貿易と金融取引を制限しているが、実態は民生と関連した貿易や金融取引は除外されているのである。 北朝鮮はすべての対外関係を公共機関が行う。軍事向けの取引でも、自ら民生用の取…

つづきを見る

北朝鮮・金正恩の実兄「正哲」は“消えた”だけか、『消された』のか!?

世界からの注目が何かと集まる金正恩朝鮮労働党委員長と妹の金与正(キム・ヨジョン)党中央委第1副部長だが、それに比べるとすっかり動静が聞こえてこないのは、正恩氏の実兄、金正哲(キム・ジョンチョル)氏だ。 果たして、生きているのだろうか。 16年夏に韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使が、今年初めの1月25日…

つづきを見る

北朝鮮『崩壊』の始まり「電子決済」普及で偽札づくり廃業へ

北朝鮮の米ドルニセ紙幣(スーパーノート)は、世界のビジネス界に急速に拡大する「電子決算」によって滅ぼされることになりそうだ。 「偽造紙幣に関与していた北の組織は商売ができなくなり、廃業に追い込まれるでしょうね。電子決算がまだ導入されていない地域に偽造紙幣を流通させる可能性は考えられないこともありませんが、これも時間の問…

つづきを見る

南北融和!?「北朝鮮美女図鑑」を韓国ニュースサイトが始めた衝撃

今年4月の歴史的な南北首脳会談で採択された『板門店宣言』では、朝鮮半島の非核化だけでなく、南北で草の根の民間交流を活発化させることも盛り込まれた。 その後、両国の間では、朝鮮戦争で生き別れになった離散家族の再会、南北労働者統一サッカー大会、韓国・富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭での北朝鮮映画の公開など、さま…

つづきを見る

北朝鮮の恐るべき「二枚舌」和平の裏で武器密売か

北朝鮮が、外貨の稼ぎ頭の石炭輸出を全面禁止にされるなど国連の制裁が厳しくなる中、武器密売を中東やアフリカに広げていると国連安保理制裁委員会の専門家が指摘した。 その内容は、内戦下にあるイエメンでイランの支援を受けるイスラム教シーア派の反政府武装組織『フーシ』に武器密売を試みていたというものだ。 「北は有名なシリア人の武…

つづきを見る

中国人に大人気!「北朝鮮日帰りツアー」1万円ポッキリの気になる中身

ランチ&お土産付きで旅費700元(日本円で約1万円)ポッキリ! という「北朝鮮ツアー」が、中国人に大人気だという。中国はもとより、シンガポールやマレーシアといったアジア諸国はもちろん、遠くヨーロッパの英独からも観光客が押し寄せているようだ。 日帰りコースはざっとこんな具合だ。まず列車で朝鮮戦争の激戦地だった鴨緑江を渡り…

つづきを見る

北朝鮮の高官が「交通事故」で次々と死んでいく理由

2003年10月26日、突然交通事故で死亡した金容淳(キム・ヨンスン)は、日本でもなじみ深い人物だ。1934年まれで、20歳で金日成総合大学の国際関係学科を卒業し、1980年に朝鮮労働党の韓国担当書記となって以降、事故死するまで対南交渉に当たった。 1998年に金剛(クムガン)山観光開発で韓国からの協力を取り付け、00…

つづきを見る

美人ほどに「苦難の人生」が待ち受ける北朝鮮・若い女性の悲惨

北朝鮮の金正恩党委員長が今年に入って三度も訪中したことで、中国との関係は大幅に改善され、同時に北朝鮮最大のアキレス腱である外貨不足解消の道筋も見えてきた。 これが実は子供に対する労働搾取という副作用を生んでいる。中国企業との取引が増えるに従い、北朝鮮の外貨稼ぎ会社が10代の子供たちを低賃金で酷使しているためだ。 「中国…

つづきを見る