北朝鮮

北朝鮮ついにICBM発射!金正恩が指揮する「ミサイル開発競争」

7月4日、北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射に成功したと発表した。これが事実ならば、いよいよアメリカ本土への攻撃が可能な核弾頭を搭載したミサイルの開発という目標に近づいたことになる。 北朝鮮の国営テレビは「ミサイルは新たに開発されたICBMで高度2800キロメートルに達した」と報じ、飛行時間は39分で「世界の…

つづきを見る

なぜ精度向上?北朝鮮ミサイル開発の裏にいるのは…

北朝鮮の国営報道機関『朝鮮中央通信』は先ごろ、「“精密制御誘導システム”を導入した新たな弾道ミサイルの試験発射において、目標点に“7メートル”の誤差で正確に命中した」と報じた。これは、5月29日に日本海に向けて発射した弾道ミサイルを指してのものとみられる。 「ミサイルを正確に目標地まで飛行させるためには、誘導するナビゲ…

つづきを見る

もしもいま南北朝鮮が「統一」したら

韓国で大統領に就任した文在寅の経済音痴ぶりは常軌を逸している。経済失政が明らかになるのはそう遠くないが、火の粉を被るのは朝鮮半島に甘過ぎる日本だ。 朝鮮半島の南北統一が世界平和への一里塚のような理論の“リベラル派”もいるが、それはとんでもない間違いだ。それがたとえ文大統領の描く「高麗連邦(一国二制度)」であっても、日本…

つづきを見る

レッドラインはどこに?アメリカが北朝鮮に軍事制裁をしない理由

シリアのアサド政府軍が化学兵器を使用した際、アメリカのバラク・オバマ前政権は当時「レッドラインを超えた」と表明した。 北朝鮮の場合は、アメリカ本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発か、6度目の核実験が“レッドライン”と見て間違いない。そのため、北朝鮮が頻繁に中・短距離ミサイルを発射しても、アメリカはレッドラインを…

つづきを見る

「日帝残滓一掃」に狂奔する韓国社会の欺瞞

韓国では“日帝残滓”(にっていざんし)の一掃が合言葉のように語られている。これは日帝時代に作られた建築物や風習はすべて“破壊”や“精算”すべきとの考え方だ。 朝鮮総督府庁舎は、1948年8月の大韓民国政府の樹立に伴い、その庁舎は韓国政府庁舎として利用され『中央庁』と呼称を変えた。大韓民国の成立宣言もここで行われている。…

つづきを見る

朝鮮半島から日本へ密航が横行した歴史的背景

韓国では夏に『軍艦島』という映画が公開される。強制連行され、奴隷のように炭鉱労働を強いられた朝鮮人たちを描いた映画だという。日本統治下の朝鮮時代に、日本へ強制連行され労働を強いられたという問題が、韓国で再燃しつつある。 しかし、李氏朝鮮時代(1392年から1910年にかけて朝鮮半島に存在した国家)からすでに、地理的に近…

つづきを見る

日本統治下朝鮮から「内地密航」した人々は戦後何をしたか

韓国で、慰安婦問題同様に広がりを見せつつある強制連行問題。しかし、その実態は、朝鮮から日本への密航の歴史だった。 日中戦争に突入し、1939年7月に施行された『国民徴用令』は、朝鮮人のみに限らず、日本国民全般を対象としたものであった。しかし、朝鮮への適用はできる限り差し控えられ、1944年9月にようやく、朝鮮から内地へ…

つづきを見る

日本統治下の朝鮮に蔓延した「内地密航」が表す強制連行の虚構

韓国の『対日抗争期強制動員被害者連合会』(日帝強占期被害者全国遺族連合会)という団体が、ソウルと釜山、光州に『徴用工像』を設置しようとしている。 徴用工像とは、日本の朝鮮統治時代、労働者として強制連行されたという“不幸の像”のことだ。 しかし、当時の朝鮮総督府は、1922年12月5日に『府令第153号』を出し、渡航制限…

つづきを見る

米軍「横田基地」北朝鮮のせいで返還遠のく

東京都福生市など、5市1町にまたがる在日米軍横田基地に、対北朝鮮情勢をにらんでアメリカ空軍の無人偵察機『グローバルホーク』1機が、5月1日夜に飛来した。10月末まで暫定配備され、北朝鮮の弾道ミサイルや核施設などを監視し、情報収集するのが目的だ。 「横田基地には計5機が配備される予定で、関係整備士ら約110人が駐留します…

つづきを見る

韓国が喧伝する「強制連行」歴史のねつ造劇を告発する証拠

韓国による外国公館への慰安婦像設置は、1961年に制定された国際法の『ウィーン条約22条2項』違反だが、凝りもせず、今度はソウルと釜山、光州に『徴用工像』が設置されようとしている。 徴用工像とは、日本の朝鮮統治時代、労働者として強制連行されたという“不幸の像”で、設置する計画を進めているのは『対日抗争期強制動員被害者連…

つづきを見る