山田涼介

Snow Man目黒蓮はジャニーズ史上No.1俳優!? 二宮、岡田超えか…

NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』に出演している、ジャニーズグループ『Snow Man』目黒蓮の演技力がすこぶる好評だ。 演技派も多いジャニーズ事務所の歴史の中でも、1、2を争う実力だと評判。ジャニーズ史上、最も俳優として成功した男になるかもしれない。 今回の朝ドラは、ものづくりの町・東大阪市で生まれた岩倉舞(福原遥…

つづきを見る

ジャニーズが演技派集団に? 秋ドラマで若手たちが大躍動した理由

ジャニーズグループ『Hey!Say!JUMP』山田涼介が主演を務めるドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)第9話・最終回が12月1日に放送された。 今期は山田を筆頭に、ジャニーズドラマが大ヒット。それを支えたのは、他でもないジャニーズたちの名演技だという。 『親愛なる僕へ殺意をこめて』は『ヤングマガジン』で…

つづきを見る

メンヘラ刑事の最期にイライラ…『親愛なる僕』超胸糞ストーリー「ただのクズ」

ジャニーズグループ『Hey!Say!JUMP』山田涼介が主演を務めるドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)第7話が11月16日に放送された。〝メンヘラ刑事〟2人による衝撃的な結末にツッコミの声があがっている。 同作は『ヤングマガジン』で連載された人気コミックを実写化。山田演じる主人公・エイジが、ある時、自分…

つづきを見る

『silent』と同格!?『親愛なる僕』視聴率爆上がり「見続けてよかった」

今期ぶっちぎりの最低視聴率を記録しているドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)。しかし、11月16日放送の第7話で視聴率が爆上がり。祝福の声が寄せられている。 『Hey!Say!JUMP』山田涼介が演じる同作の主人公は、連続殺人犯・LLこと八野衣真(早乙女太一)を父に持つ大学生・浦島エイジ。 彼はある日、自…

つづきを見る

『親愛なる僕』低視聴率でも評価は最高?「これが今期1番面白い」

11月9日に『Hey!Say!JUMP』山田涼介が主演を務めるドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)第6話が放送された。盛り上がりをみせるストーリーとは裏腹に、視聴率は瀕死状態となっている。 同作の主人公は、連続殺人犯・LLこと八野衣真(早乙女太一)を父に持つ大学生・浦島エイジ(山田)。 エイジはある日、自…

つづきを見る

指名手配犯がイケメンすぎる…『親愛なる僕』に女子騒然「人間不信になりそう」

ジャニーズグループ『Hey!Say!JUMP』山田涼介が主演を務めるドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)。 11月9日放送の第6話で、山田演じる主人公が容疑者として指名手配されたのだが、その〝顔写真〟に注目が集まっている。 同作の主人公である浦島エイジは、連続殺人犯・LLこと八野衣真(早乙女太一)を父に持…

つづきを見る

Travis Japanの秀才も…実はイジメられっ子だったジャニーズ

10月28日に、7人組グループ『Travis Japan』がジャニーズ事務所初となる全世界配信デビューを果たした。 メンバーの川島如恵留は青山学院大学卒・宅建一級のイケメン秀才だが、現在の活躍の裏にはイジメられた経験があるという。 なんでも、小学生の頃に見た目が気持ち悪いとイジメを受けており、「彼らと同じ学校に行きたく…

つづきを見る

真犯人バレバレ!?『親愛なる僕』大物俳優がモブ出演「流石におかしい」

11月9日、『Hey!Say!JUMP』山田涼介が主演のドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)第6話が放送された。キャスティングによって、〝真犯人〟がバレているのではないかと話題になっている。 同作の主人公は、連続殺人犯・LLこと八野衣真(早乙女太一)を父に持つ、大学生・浦島エイジ(山田)。 エイジはある日…

つづきを見る

『silent』と評価逆転? 山田涼介『親愛なる僕』に絶賛「今期一番」

11月2日、『Hey!Say!JUMP』山田涼介が主演のドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)第5話が放送された。回を重ねるごとに面白くなっていると評判で、低い視聴率を悔やむ声が多くあがっている。 同作の主人公は、連続殺人犯・八野衣真(早乙女太一)を父に持つ大学生・浦島エイジ(山田)。 エイジはある日、自ら…

つづきを見る

ドラマ『親愛なる僕』人気俳優の“退場”に歓喜「物語に集中できる」

10月26日、『Hey!Say!JUMP』山田涼介が主演のドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)第4話が放送された。歌舞伎俳優の尾上松也が作中から退場し、「面白くなった」と評判になっている。 同作の主人公は、連続殺人犯・八野衣真(早乙女太一)を父に持つ大学生・浦島エイジ(山田)。 エイジはある日、自らが二重…

つづきを見る