映画

日本アカデミー賞は茶番?『ラーゲリより愛を込めて』が作品賞を逃したワケ

『嵐』二宮和也が主演の映画『ラーゲリより愛を込めて』。映画ファンから絶賛されていた同作だが、1月23日に発表された『第46回日本アカデミー賞』の作品賞にはなぜか選ばれず、不信感を募らせる人が続出している。 3月10日に授賞式が開催される『第46回日本アカデミー賞』だが、それに先駆けて優秀賞などが発表された。 注目を集め…

つづきを見る

橋本環奈“またホラー映画”主演にファンがっかり? 中田秀夫監督とタッグも…

俳優・橋本環奈と『ジャニーズWEST』重岡大毅がW主演するホラー映画『禁じられた遊び』が、9月8日に公開決定。 キャスティングを巡り、ネット上にはさまざまな声が上がっている。 同映画は、小説新人賞『本のサナギ賞』で大賞を受賞した、作家・清水カルマのホラー小説を原作としたもの。 主人公・伊原直人(重岡)は、妻・美雪とマイ…

つづきを見る

『日本アカデミー賞』ジャニ率の高さが異常…「日本で一番信用できない映画賞」

1月23日に『第46回日本アカデミー賞』の優秀賞受賞作品や受賞者が発表された。 2022年の日本映画界を盛り上げた人物や作品がピックアップされたのだが、ジャニーズタレント率の高さを疑問視する声も相次いでいる。 発表されたのは、優秀作品賞や優秀監督賞、優秀主演女優賞など合計15部門の優秀賞と新人俳優賞。 優秀作品賞には『…

つづきを見る

『すずめの戸締まり』も特典連発! 新海誠ファン呆れ…「金返して欲しい」

新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』が大ヒットを記録している。すでに興行収入100億円を突破したが、その裏には特典商法を連発するという涙ぐましい努力が隠されていたようだ。 新海監督の作品といえば、2016年に大ヒットした『君の名は。』や『天気の子』などが挙げられるだろう。 「天気の子」以来、3年ぶりの新作となる「すず…

つづきを見る

『東京卍リベンジャーズ』最終巻にやはり酷評の嵐! 単行本派が阿鼻叫喚

1月17日、超絶人気漫画『東京卍リベンジャーズ』の最終31巻がついに発売された。 一足早く物語の結末を見届けていた『週刊少年マガジン』本誌派と同じく、最終話を読んだ単行本派からも阿鼻叫喚の声が上がっている。 2022年11月発売の「マガジン」51号をもって、5年半の連載に幕を下ろした「東京卍リベンジャーズ」。 どん底の…

つづきを見る

映画『ONE PIECE』終映前に再び特典商法! それでも200億円突破は難しい?

1月29日に終映を迎える映画『ONE PIECE FILM RED』だが、なんとしてでも興行収入200億円を突破したいのか、ついにフィナーレ企画まで始めたようだ。 終映が発表されたのは10日のこと。映画公式ツイッターは興収190億円突破を報告するとともに、《最後までお楽しみください!》と呼びかけていた。 それから5日後…

つづきを見る

『犬王』ゴールデングローブ賞獲得ならず…湯浅監督の爆死作品との共通点

『アカデミー賞』の行方を占うともいわれる『ゴールデングローブ賞』の第80回授賞式が、日本時間1月11日に開催された。候補に挙がっていた湯浅政明監督のアニメーション映画『犬王』は惜しくも受賞を逃し、ネット上でさまざまな声が上がっている。 同映画は小説家・古川日出男の『平家物語 犬王の巻』が原作。室町時代に活躍した実在する…

つづきを見る

映画『ONE PIECE』200億円達成なるか…2週間で10億円は厳しい?

昨年8月6日に公開されて以来、あの手この手の特典商法で興行収入を伸ばしてきたアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』。 ついに1月29日で終映を迎えることになり、興行収入200億円を突破できるか注目が集まっているようだ。 公開から157日が経過した1月10日、映画の公式ツイッターは興行収入190億円を突破した…

つづきを見る

なぜ日本人はアニメしか観ないのか?「ブラボー」が流行するチョロイ国民性

12月16日公開の映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、大ヒットを記録している。 興行収入は全世界で初週4億3450万ドル(約590億円)、公開された135の国と地域では、すべて1位スタートだった。ただし1カ国を除いて…。 日本の週末動員ランキング(興行通信社調べ)で初週の「アバターWoW」は、アニメ映画『TH…

つづきを見る

『THE FIRST SLAM DUNK』は大傑作! 批判が無意味なワケ

2022年12月3日の公開から、前評判を覆して絶賛の声が続出しているアニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』。しかし、未だに〝新しいSLAM DUNK〟を受け入れられないという往年のファンも少なくない。 「THE FIRST SLAM DUNK」は、井上雄彦による漫画『SLAM DUNK』を原作にしたフルC…

つづきを見る