映画

中井貴一&佐々木蔵之介が骨董品で「一獲千金」企む喜劇映画

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『嘘八百』 配給/ギャガ TOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開中 監督/武正晴 出演/中井貴一、佐々木蔵之介、友近、芦屋小雁、近藤正臣ほか 今年、新章が始まるテレビドラマ『バイプレーヤーズ』では一堂に会する大杉漣、遠藤憲一、松重豊らの人気でも分かるように、最近は渋いオジサン俳優がモテモテ。…

つづきを見る

出会い系サイト強盗殺傷事件を描くエロチックな実録悪女映画

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『愛の病』 配給/AMGエンタテインメント シネマート新宿ほかにて全国公開中 監督/吉田浩太 出演/瀬戸さおり、岡山天音、佐々木心音、山田真歩、藤田朋子ほか “実録犯罪映画”に興味は尽きない。かつて新聞の社会面、三面記事を揺るがしたおぞましい犯罪・事件が、映画というフィルターを通して再現さ…

つづきを見る

地上波初放送「君の名は。」で巻き起こった賛否両論

2016年に公開され、世界的な大ヒットを記録した、新海誠監督の長編アニメーション映画『君の名は。』が1月3日にテレビ朝日系列で地上波テレビで初めて放送された。 劇場公開を見逃したファンも多く、放送直後は「感動した!」、「面白かった!」など好意的な声が多く見られたが、エンディングや声優陣に関する苦言も多く見られ、賛否両論…

つづきを見る

地上波初放送「君の名は。」堪能すべきポイントはここ!

2016年にアニメ映画界で空前の大ブームを巻き起こした『君の名は。』が、1月3日の午後9時からテレビ朝日系列の地上波テレビで初めて放送される。また、これを記念して、新海誠監督による4作品も放送される。2日未明の午前0時20分から午前4時までで『秒速5センチメートル』と『星を追う子ども』が、1月3日未明の午前1時5分から…

つづきを見る

2018年「セクシー」を期待したい日本の女優!

“女優で見る”映画評論家、と自称するボクとしては、女優たちのとりわけ“セクシー”に関しては見逃すわけにはいかない。2018年にソレが期待できそうな日本の女優にロック・オンしてみよう。 まずは正月第2弾に『嘘を愛する女』が控える長澤まさみ。すでに試写を見たが、セクシー・シーンは、“内縁の夫”を演じる高橋一生と、営みのあと…

つづきを見る

年越しで日本映画の至宝「黒澤明作品」一挙放送!

大みそかのNHK BSプレミアムで恒例になっている『年越し映画マラソン』の今年のラインアップは、黒澤明監督作品『七人の侍』、『生きる』、『用心棒』、『椿三十郎』、『赤ひげ』の計5作品だ。過去には高倉健の主演作を一挙に6作品放送したり、『ゴッドファーザー』シリーズなど、映画好きにはたまらない作品が並ぶが、今年は日本映画の…

つづきを見る

「脱・キラキラ」が印象的だった2017年の邦画を総括

2017年の日本映画を個人的に総括すると“脱・キラキラ映画”の年だったなあ、と思う。誰が呼んだか“キラキラ映画”とは、10代から20代の若い女性をターゲットに、コミックスや小説を主な原作としたキラめく恋愛映画の総称である。 東日本大震災のあとあたりから、現実を忘れたい気分とマッチしたのか量産され続け、2017年はピーク…

つづきを見る

元SMAP3人の映画「クソ野郎と美しき世界」と木村拓哉の因縁

2018年4月6日に公開される元『SMAP』の稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が主演する映画『クソ野郎と美しき世界』の監督が発表され、話題を呼んでいる。 この映画は全国86館で2週間限定公開され、4つのエピソードから構成されるオムニバス作品だ。4名の監督がメガホンを取り、発表時にマスメディアで話題になったのはお笑いコンビ『爆…

つづきを見る

井浦新と黒川芽以の「肌が合う」感じが素敵な大人のラブストーリー映画

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『二十六夜待ち』 配給/スローラーナー、フルモテルモ テアトル新宿にてレイトロードショー公開中 監督/越川道夫 出演/井浦新、黒川芽以、山田真歩、諏訪太郎、鈴木慶一ほか 知名度抜群じゃないが、ご贔屓女優のひとりに黒川芽以がいる。子役のころから数えてもう“20年選手”の美人女優だ。知っている…

つづきを見る

松岡茉優が「こじらせ女子」を演じる暴走コメディー映画

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『勝手にふるえてろ』 配給/ファントム・フィルム 新宿シネマカリテほかにて全国公開中 監督/大九明子 出演/松岡茉優、渡辺大知、石橋杏奈、北村匠海、古舘寛治ほか 日本ではなかなか“美人コメディエンヌ”が成立しない。外国ではかつてのゴールディ・ホーン、メグ・ライアン、バリバリ現役ではキャメロ…

つづきを見る