映画

“エロと変態”てんこ盛り! フレンチ版『シティーハンター THE MOVIE』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『シティーハンター THE MOVIE』 配給/アルバトロス・フィルム TOHOシネマズ新宿ほかにて公開 監督/フィリップ・ラショー 出演/フィリップ・ラショー、エロディ・フォンタンほか 登場から35年近くたっても国内・国外含めて人気に衰えがないシリーズの実写版、おまけにフランス製でもある…

つづきを見る

“まいんちゃん”福原遥の部屋をエッチな気分で覗き見ると…『羊とオオカミの恋と殺人』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『羊とオオカミの恋と殺人』 配給/プレシディオ TOHOシネマズ日比谷ほかにて公開 監督/朝倉加葉子 出演/福原遥、杉野遥亮、江口のりこ、江野沢愛美、笠松将ほか 女の姿は万華鏡、裏表使い分けは年季が入っている。オトコなんかとてもかないません。この新作も、オオカミは女性で、いたいけな羊は男子…

つづきを見る

『パッチギ!』沢尻エリカを再検証! あの“清純”は何かの間違いだったのか…

作品目『パッチギ!』 シネカノン 2005年 DVD発売中 監督/井筒和幸 出演/塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、真木よう子、余貴美子ほか 女優の沢尻エリカが合成麻薬所持で逮捕された事件は、各方面に衝撃を与えている。ワイドショーではテリー伊藤氏が、「彼女は唯一無二の女優、吉永小百合や夏目雅子に匹敵する」とも言ってのけた。…

つづきを見る

沢尻エリカ逮捕で再燃した“映画『パッチギ!』の呪い”が怖過ぎる…

女優の沢尻エリカが麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことで、〝パッチギの呪い〟が再燃したとネット上で話題になっている。 2005年に公開された映画『パッチギ!』は、キネマ旬報ベスト・テンや毎日映画コンクール、ブルーリボン賞など数々の賞を獲得した名作として知られているが、なぜかその出演者が〝不祥事〟に見舞われている。 ネッ…

つづきを見る

“オヤジ殺し”玉城ティナと“妖艶熟女”橋本マナミとのエロス共演ホラー!『地獄少女』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『地獄少女』 配給/ギャガ 新宿バルト9ほかにて公開 監督/白石晃士 出演/玉城ティナ、橋本マナミ、楽駆、森七菜、麿赤兒ほか 若手女優の中で玉城ティナは今秋、『惡の華』に続いて、この新作と主演作が2本続いた。ともにダーク・ヒロインとして余人を持って替えがたい雰囲気を醸し出し、一線を画してい…

つづきを見る

完全復活を果たした沢尻エリカ“完脱ぎ後背位”の衝撃作!『ヘルタースケルター』

作品目『ヘルタースケルター』 アスミック・エース 2012年 DVD発売中 監督/蜷川実花 出演/沢尻エリカ、寺島しのぶ、大森南朋、桃井かおりほか かつては「別に…」発言が物議を醸し、〝お騒がせ女優〟として干されたこともある沢尻エリカの完全復帰作となったのがこの作品だ。この秋の『人間失格 太宰治と3人の女たち』でも熱演…

つづきを見る

また原作崩壊? ムロツヨシと佐藤二朗の“実写映画”出演にウンザリの声

来年2月に公開予定の福田雄一監督映画『ヲタクに恋は難しい』に、同監督作品の常連であるムロツヨシ、佐藤二朗の2人が出演することが発表された。 同映画は高畑充希と山﨑賢人のダブル主演で、原作はイラスト投稿サイト『pixiv』で連載されていたWEB漫画。監督は、映画『銀魂』シリーズ、『今日から俺は!!』(日本テレビ系)、『勇…

つづきを見る

二階堂ふみ“女性のアノ日”をダイレクトに具現化したヤバネタ喜劇『生理ちゃん』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『生理ちゃん』 配給/よしもとクリエイティブ・エージェンシー ヒューマントラスト渋谷ほかにて公開 監督/品田俊介 出演/二階堂ふみ、伊藤沙莉、岡田義徳、松風理咲、須藤蓮ほか 今年、ブットビの『翔んで埼玉』、脱ぎ脱ぎの『人間失格 太宰治と3人の女たち』と、今や怖いもんナシの〝最強女優〟とも呼…

つづきを見る

松岡茉優の“淫らなホステス”役に注目! 白石和彌監督最新作『ひとよ』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ひとよ』 配給/日活 新宿ピカデリーほかにて公開 監督/白石和彌 出演/佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、筒井真理子、田中裕子ほか 『麻雀放浪記2020』『凪待ち』に続いて今年3本目の新作公開となり、相変わらず〝売れっ子〟の白石和彌監督。彼のこだわりの1つに、『凪待ち』もそうだったが〝疑似家族…

つづきを見る

ジブリ映画と新海誠映画の「エロ」についての比較ツイートに共感の嵐

アニメ映画のヒットメーカーといえば、『風の谷のナウシカ』や『となりのトトロ』を生み出したスタジオジブリを思い浮かべる人も多いと思われる。最近では、『君の名は。』や『天気の子』で知られる新海誠監督を推す人も多いだろう。 その2者の〝エロ〟について触れた、あるツイッターユーザーの投稿が、「ものすごく共感できる!」などとして…

つづきを見る