映画

『金ロー』3DCG映画「ルパン三世」に大酷評!“原作破壊”の指摘再び…

11月27日の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)は、モンキー・パンチが生み出した最高傑作『ルパン三世』を〝3DCG化〟した映画『ルパン三世 THE FIRST』を放送。しかし地上波初登場にも関わらず、ネット上ではブーイングの嵐が巻き起こっていたようだ。 前週の『ルパン三世 カリオストロの城』を皮切りに、2夜連続で…

つづきを見る

映画『Fate』が“全米”ランキングで10位に! 異例の事態にファン騒然

アメリカの映画興行収入を発表する〝全米ボックスオフィスランキング〟。先日発表された11月の第2週分に、なんと日本のアニメ映画『劇場版「Fate / stay night [Heaven’s Feel]III.spring song」』がランクインした。全米ランキングに、日本アニメが登場するだけでも驚きだが、…

つづきを見る

映画『スタドラ2』大不評の原因は? 共同監督・山崎貴に厳しい声も…

11月20日から公開されている3DCGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん2』が、あらゆる面で不評のようだ。 同映画は山崎貴氏と八木竜一氏が共同監督を務め、『ドラえもん』50周年記念作品として製作されたもの。前作の『STAND BY ME ドラえもん』は、国内の興行収入が80億円を突破しており、今作もヒットが…

つづきを見る

鬼滅の刃vsジブリ!? 歴代興行収入ランキングを巡って議論が白熱

10月16日の公開以降、躍進を続けている『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。興行収入が『スタジオジブリ』の『千と千尋の神隠し』に迫っていることもあり、ネット上では、ファン同士が仁義なき戦いを繰り広げているようだ。 11月24日、『鬼滅の刃』の公式ツイッターが、「無限列車編」公開から39日間の観客動員数と興行収入を発表。観…

つづきを見る

映画『STAND BY ME ドラえもん 2』大コケ!? 興行収入が前作から半分に!

老若男女問わず、幅広い世代に愛される国民的作品『ドラえもん』を、〝3DCG化〟した映画『STAND BY ME ドラえもん』。その続編『STAND BY ME ドラえもん 2』が、11月20日に全国公開された。しかし、話題作とは思えないほど不調なようだ。 同映画は、『ALWAYS』シリーズや『ドラゴンクエスト ユア・ス…

つづきを見る

Netflix映画『Mank / マンク』は全人類必見!「最高の出来」と話題

12月4日、動画配信サービス『Netflix』でオリジナル映画『Mank / マンク』が全世界独占配信される。それに先駆け、11月20日より全国23館で同作の上映が開始され、ネット上では早くも好評の声が続出している。 同作は、1941年公開の歴史的名作『市民ケーン』誕生の〝舞台裏〟を描いたNetflixオリジナル作品。…

つづきを見る

『ドラえもん』を愚弄!? 映画の“ドラ泣き”推しに批判「感動に名前をつけるな」

今年で50周年を迎える国民的作品『ドラえもん』。それを記念して11月20日より、3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん 2』が公開される。しかし、映画につけられた〝キャッチコピー〟に、批判の声が殺到しているようだ。 同作は、2014年に公開された3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』の続編にあたる…

つづきを見る

『鬼滅の刃』大ヒットで“芸能人声優”不要論が噴出!「作品が良ければ売れる」

10月16日の公開以来、日本映画史のさまざまな記録を塗り替えている『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』。キャスト陣を実力派声優で固めた同作の大ヒットによって、ネット上では芸能人声優を「不要」と断じる声が上がっている。 11月9日、『鬼滅の刃』の公式ツイッターをはじめとしたメディアが、同作の最新興行収入を発表。公開から24…

つづきを見る

映画『十二単衣を着た悪魔』大爆死!「黒木瞳は監督に向かない」と酷評の嵐

女優・黒木瞳が監督を務めた映画『十二単衣を着た悪魔』の舞台あいさつが、11月7日に行われた。 同作は、10月29日に道路交通法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕された俳優・伊藤健太郎の主演映画で、当然ながら当人はあいさつに欠席。一時、公開延期が心配されていたが、配給元は「多くの方々から映画公開に対するメッセージをいただい…

つづきを見る

のん主演映画“観客賞受賞”に感奮!「一緒に作品を盛り上げたい」

11月9日、『第33回東京国際映画祭』のクロージングセレモニーが行われた。観客の投票によって決定する「東京プレミア2020」部門の観客賞には、大九明子監督の新作『私をくいとめて』(12月18日全国公開)が受賞。大丸監督の作品は、第30回『勝手にふるえてろ』に続き、二度目の受賞となる。 『私をくいとめて』は、おひとりさま…

つづきを見る