映画

映画『マッドマックス』地上波初放送に批判噴出のワケ「話が理解できない」

9月12日の『土曜プレミアム』(フジテレビ系)で、2015年公開の大ヒット映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が放送された。ファン待望の地上波初放送となったが、〝とある理由〟によってネット上では批判の声が相次いでいる。 同作は1979年に第1作が公開された「マッドマックス」シリーズの最新作。作中では石油も水も尽き…

つづきを見る

高島礼子“完脱ぎ”映画『さまよえる脳髄』~高層ビル窓際ファックといえばコレ!

作品目『さまよえる脳髄』 ヒーロー 1993年 DVD発売中 監督/萩庭貞明 出演/高島礼子、神田正輝、塩屋俊ほか 最近のご贔屓女優の筆頭は、『火口のふたり』で昨年度キネマ旬報に輝いた瀧内久美だ。その脱ぎっぷりも含めて抜群の演技力と美貌がたまらない。待望の新作『裏アカ』が、コロナの影響で今年6月公開予定から来春公開に延…

つづきを見る

伊勢谷友介と勘違いされて話題! 宇多田ヒカルの元旦那を懐かしむ声

映画監督の紀里谷和明氏が9月9日、自身のツイッターを更新。大麻取締法違反の疑いで逮捕された伊勢谷友介容疑者と、自身の名前を混同したツイートが頻発していることに苦言を呈した。 紀里谷氏は《伊勢谷友介君の逮捕に伴い、彼の名前と僕の名前を混同している人たちが大勢ツイートしていて大変迷惑しています。その多くが誤解であったと気付…

つづきを見る

京野ことみ“完脱ぎ”映画『TAKESHIS’』~北野マジック!? 濃いめ乳輪に総勃ち必至!

作品目『TAKESHIS’』 松竹 2005年 DVD発売中 監督/北野武 出演/ビートたけし、京野ことみ、寺島進ほか コロナ禍の中ですっかりリモート出演が多くなり、プライベートでも〝離婚〟やら〝お家騒動〟やらで影が薄くなったように映るビートたけしだが、『監督・北野武』としても開店休業状態なのが何とも寂しい。不出来な作…

つづきを見る

王様のブランチに『Fate』ファン激怒「忠実に放送してくれませんか?」

8月29日の『王様のブランチ』(TBS系)では、番組恒例であった〝映画ランキング〟のコーナーが、なぜか放送されなかったという。これに対して、一部の視聴層から怒りや悲しみの声が上がっている。 同番組でお馴染みの「映画動員数ランキング」。しかし、この日は特に説明もなく同コーナーがなかったのだ。するとこれに対してネット上では…

つづきを見る

金曜ロードSHOWとは大違い!? NHKの新劇場版『エヴァンゲリオン』に称賛

8月26日から28日の3日間、NHK総合にて映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの3作品『序』『破』『Q』が放送された。民放の映画放送番組とは違い、地上波で映画の魅力を余すところなく届けたNHKに、ネット上で絶賛の声が相次いでいる。 今回NHKが試みた『ヱヴァ』映画3部作連続放送は、もちろん本編ノーカット。『序』で…

つづきを見る

小泉孝太郎に破局疑惑!? 芦名星のグラビア初挑戦を邪推する声

2019年5月に、一部週刊誌が報じた俳優・小泉孝太郎と女優・芦名星の熱愛。当時、双方の事務所が「プライベートについては本人に任せております」と肯定も否定もしなかったことから、交際は事実とされていた。しかし、ここにきて〝破局疑惑〟が浮上している。 熱愛報道時、2人は愛犬と散歩し、一緒にマンションに戻る姿が撮影された。ほか…

つづきを見る

安藤サクラ“完脱ぎ”映画『白河夜船』~これぞ国民的女優!のアッパレ全裸

作品目『白河夜船』 コピアポア・フィルム 2015年 DVD発売中 監督/若木信吾 出演/安藤サクラ、井浦新、谷村美月、高橋義明ほか 〝半沢直樹〟こと堺雅人主演の映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』(17年)での〝死神〟役の撮影終了後に産休に入り、現在は露出セーブ気味の個性派女優・安藤サクラだが、テレビ東京の深夜のミ…

つづきを見る

金曜ロードSHOW!『コクリコ坂から』のEDカットに激怒「情緒も余韻もない」

8月21日の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)は、スタジオジブリ作品で〝感動の名作〟と名高い映画『コクリコ坂から』を放送。しかし、エンディングがまるまるカットされるという編集が施され、視聴者たちからのブーイングが殺到している。 前週に放送された映画『となりのトトロ』を皮切りに、3週間連続でジブリ作品を放送する夏の…

つづきを見る

鈴木砂羽“完脱ぎ”映画『愛の新世界』~史上初のヘア解禁で観客総勃ち!

作品目『愛の新世界』 東映 1994年 DVD発売中 監督/高橋伴明 出演/鈴木砂羽、片岡礼子、萩原流行ほか 最近はバラエティー番組でも活躍中の個性派女優・鈴木砂羽。以前は女優としての自負が強く「私はこんなふうに(バラエティーで)使われるタマじゃない」と思っていたそうだが、知名度を上げ、映画の動員につなげるため、あえて…

つづきを見る