海外進出

小倉ゆうか“中国進出”で波乱の道のりへ…転身のタイミングはいつ?

昨年7月、ラジオ番組で「辞めさせてください」と降板を訴えて話題になったタレントの小倉ゆうかが、中国進出を計画していると話題になっている。 小倉は4月28日に行われた洗顔フォーム『mitsuhada(ミツハダ)』の新製品発表会に登壇。今後は中国での活動を精力的に行っていきたいといい、「プライベートはどうですか」と問われる…

つづきを見る

新田真剣佑は“年上女性”が大好き!? 熱愛報道で掘り返される隠し子騒動のお相手

昭和を代表する映画スター・千葉真一の長男で、人気俳優の新田真剣佑に新恋人が発覚。7歳年上のバツイチ女性と2年にわたって交際していると報じられた。芸能界随一のモテ男・真剣佑が、バツイチ女性を選んだのは意外かもしれないが、実はドンピシャでタイプのようだ。 2人は、女性がまだ結婚している時に出会い、付き合うようになったという…

つづきを見る

『鬼滅の刃』劇場版“アメリカ”でも大ヒット!「マジで伝説の作品」と驚きの声

昨年の公開と同時に、社会現象を巻き起こすほど大ヒットを飛ばしている『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。同作がアメリカでも上映され、早くも大きな話題を呼んでいるようだ。 4月23日から、アメリカにある約1500の映画館で公開された同作。ニューヨークなどの一部地域では前日22日から先行公開され、大都市では30回以上も上映する…

つづきを見る

オリラジ中田“海外移住”は節税のため?「守銭奴っぷりがヤバい」と話題に

お笑いコンビ『オリエンタルラジオ』の中田敦彦が、1月17日放送『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。3月にシンガポールへ移住することになった経緯を告白し、賛否の声があがっている。 中田は昨年12月、相方の藤森慎吾とともに『吉本興業』を退所。現在はユーチューバーとして週に2回動画を撮影し、それを2本に分けて週4本アップ…

つづきを見る

小島瑠璃子『ヒルナンデス』卒業で“大損”! 移住計画頓挫でピンチ…

タレントの小島瑠璃子が、7年間レギュラーを務めた『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を3月26日の放送をもって卒業した。 オープニングでMCの南原清隆は「7年間『ヒルナンデス!』を支えてもらってたこじるりが、今日、卒業となりました!」とあいさつし、この日は「小島瑠璃子が卒業!最後のロケSP」という企画を放送。小島と木曜レ…

つづきを見る

木村家“最終兵器”Cocomi ランウェイデビュー延期で公開処刑回避!?

俳優・木村拓哉と歌手・工藤静香の次女Kōki,に続いて、長女のCocomiもついにデビューを果たした。ファッション誌『VOGUE JAPAN』5月号の表紙をいきなり飾っただけでなく、フランスの高級ブランド『ディオール』のアンバサダーに就任するなど、まるで妹と同じ道をたどるかのようだ。 「〝仕掛け人〟である母・工藤の狙い…

つづきを見る

小島瑠璃子『ヒルナンデス!』卒業へ…“中国移住”計画の余波とは

タレントの小島瑠璃子が、かねて計画していた〝中国移住〟を、新型コロナウイルスの影響で先延ばしにすると明かした。 1月末、『さまぁ~ず 三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!』(ニッポン放送)にて「ちょっと家を探しに。住める家を」と、年末年始の休みで中国・上海へ物件を内見しに行ったことを明かした小島。3月15日にはロ…

つづきを見る

山田優“臨月のホッソリ姿”に騒然「赤ちゃんどこに入ってんの?」

モデルの山田優が第3児を妊娠し、来月にも出産すると3月10日の『女性自身』が報じた。ネット上は祝福の声に包まれる中、「あんなに細い身体で妊婦さんだったとは」「赤ちゃんどこに入ってんの?」などと〝妊婦感ゼロ〟の現実離れしたプロポーションに衝撃を受ける声が続出している。 夫で俳優の小栗旬のハリウッド活動を支えるべく、現在2…

つづきを見る

ウーマン村本の米国進出に冷ややか声…「日本語も聞き取りづらいのに」

お笑いコンビ『ウーマンラッシュアワー』の村本大輔が、アメリカでお笑いデビューするための準備に入っていることが分かった。 村本といえば自虐と社会風刺を織り交ぜたマシンガントークの芸風で、特に最近は沖縄の基地問題や安倍政権に対する批判を連発し、炎上を続けている。昨年12月に放送された『THE MANZAI 2019マスター…

つづきを見る

小栗旬が“腐った芸能界”をぶっ壊す? 社長就任の目的とは…

俳優の小栗旬が、自身も所属する芸能事務所・映画制作会社『トライストーン・エンタテイメント』の社長に就任することが分かった。 同ニュースを報じたのは、週刊誌の『女性自身』。現社長は自身の退任後に小栗を就かせるそうで、同誌の取材に対しても、《確かにそんな構想や予定があるのは間違いありません》と事実を認めている。 「小栗はか…

つづきを見る