相棒

視聴率惨敗「相棒 正月SP」に反町隆史降板の伏線

テレビ朝日系列で1月1日に放送された『相棒 season 16 元日スペシャル』は平均視聴率が15.4%だった。昨年の元日に放送されたスペシャル版の同17.3%から大幅に下落している。 「内容よりも、冠城亘役の反町隆史の起用が評価されていません。もう反町では視聴率を上げるのは限界だという見方が広がっています」(テレビ雑…

つづきを見る

まるで「時代劇版・相棒」だったSPドラマにファン歓喜

12月24日にドラマ『日曜ワイド ドラマスペシャル 無用庵隠居修行』(テレビ朝日系)が放送された。水谷豊と岸部一徳のコンビをはじめとしたキャストが「まるで『相棒』だ」と視聴者のあいだで話題になっている。 原作は、直木賞受賞作家の海老沢泰久の短編時代小説『無用庵隠居修行』で、2017年9月にBS朝日でも放送された作品だ。…

つづきを見る

視聴率ジワジワ低迷「相棒」テコ入れ策は?

テレビ朝日で放送中の連続ドラマ『相棒 season16』の視聴率が一向に上向かない。第8話までの全話を通じた平均視聴率は14.9%だが、6話の平均視聴率は13.8%、7話が同13.5%、8話で同13.6%と低迷している。 「第2話と4話が16%台だったので、トータルの平均視聴率は15%に近いですが、このままだと数字がど…

つづきを見る

稲垣吾郎が次期「相棒」になる伏線見つかる

テレビ朝日が稲垣吾郎をドラマに起用しようと積極的に動き出した。その第一候補に高視聴率ドラマ『相棒』の新相棒としての起用が、十分考えられるという。 「『相棒』は平均視聴率15%以下になりつつあり、今後は14%台も考えられる“危険水域”に達しています。主演の水谷豊(杉下右京役)は『15%を割るようなら、ドラマを辞める』と公…

つづきを見る

水谷豊が「新相棒役」に驚きの候補を検討中

テレビ朝日の人気ドラマシリーズ『相棒』の新しい相棒候補に驚きの名前が急浮上している。 相棒は水谷豊が主役の杉下右京役を務め、その相棒役の冠城亘を現在は反町隆史が務めている。10月から始まる新しいシリーズ『season16』は反町が引き続き出演することが決まっているが、同シリーズ限りで降板するのは確実とみられている。 「…

つづきを見る

やはり苦戦した「2017年上半期」フジテレビドラマ

今年も半年が過ぎ、1~3月期、4~6月期に各テレビ各局でさまざまなテレビドラマが放送された。 まず1~3月期では、不調が続くフジテレビの“月9”枠で西内まりあ主演による『突然ですが、明日結婚します』がスタート。しかし、結果は平均視聴率6.7%と散々な結果に終わっている。 「ファッションモデル出身で、女性に圧倒的な人気を…

つづきを見る

稲垣吾郎のジャニーズ独立で「あのドラマ」がついにオファーか

ジャニーズ事務所からの退社を発表した元『SMAP』メンバーの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人。そのなかで、俳優として高い注目を集めているのが稲垣だ。草彅も俳優として評価が高いが、稲垣と草彅は演技の質が全く違うという。 「草彅は正義感あふれる好青年の役が似合います。一方で稲垣は、無愛想で何を考えているか分からない個性派の…

つづきを見る