石橋貴明

『とんねるず』とケンコバの意外な関係? 初対面エピソードに驚き

6月22日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)に、曜日レギュラーの〝ケンコバ〟ことお笑い芸人・ケンドーコバヤシが登場。先輩芸人『とんねるず』石橋貴明との初対面エピソードを明かし、ネット上で話題を呼んでいる。 同日の放送ではリスナーからのお便りに答えるコーナーにて、出演者たちに「とんねるず」との初共…

つづきを見る

ヒロミ、石橋貴明…『ポップUP!』視聴率苦戦で大物MC“緊急招集”の噂

この春スタートしたフジテレビ系の昼番組『ポップUP!』が大苦戦を続けている。このままでは早期打ち切りも免れず、番組に〝大規模テコ入れ〟が行われるとの憶測も浮上してきた。 「番組は開始当初から地を這うような視聴率で、前番組『バイキングMORE』に遠く及ばない日々が続いています。6月16日にはついに1.3%(ビデオリサーチ…

つづきを見る

『とんねるず』が地上波で復活!? フジテレビ“新社長”に期待感

5月16日、フジテレビの社長に港浩一氏が就任することが分かった。港氏が『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジテレビ系)のプロデューサーを務めていたということで、ネット上では「とんねるずが復活するのではないか」と期待の声が上がっている。 港氏は「とんねるずのみなさんのおかげです」のほか、『とんねるず』関連の番組を数多…

つづきを見る

石橋貴明『ロンハー』にまさかの出演…?“夢の対談”実現に期待感

4月5日、放送時間が30分に短縮された新生『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)が放送された。今後、『とんねるず』石橋貴明がゲスト出演するのではと期待の声が上がっている。 この日の企画は「密室検証・もしもこんな2人を飲ませたら…」。意外な組み合わせの2人を居酒屋の個室に呼び出して、酒を飲みながらトークを交わしてもらおうとい…

つづきを見る

石橋貴明の“離婚”を娘が回顧…辛すぎる立場に同情「幸せになってほしい」

1月19日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に、お笑いコンビ『とんねるず』石橋貴明の娘で俳優の石橋穂乃香が出演。親の離婚について赤裸々に語り、ネット上で同情の声が続出している。 同日の番組で穂乃香は歌手の田原俊彦の娘・田原可南子と登場し、大人気占い師・木下レオンが2人を占うことに。その過程で穂乃香…

つづきを見る

『紅白』放送事故で出禁!? 桑田佳祐、石橋貴明、マツコが触れたNHKの“タブー”

毎年恒例の大みそかの「NHK紅白歌合戦」。長時間の生放送ということから、ハプニングが起こる率も高い。今回は数ある放送事故の中から、いくつかをピックアップして紹介しよう。 まずは1982年の第33回大会で、『サザンオールスターズ』桑田佳祐が起こしたハプニング。ヒット曲『チャコの海岸物語』を歌った桑田だが、間奏中に突然「と…

つづきを見る

石橋貴明のトークをカット?『細かすぎて』に疑問「喋らない」「不安になる」

12月11日、バラエティー特番『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(フジテレビ系)が放送された。MCの『とんねるず』石橋貴明の様子がおかしかったと話題になっている。 2018年に終了したバラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同系)のワンコーナーであったものの、人気の高さから特番として今も放送が続いてい…

つづきを見る

満島ひかりの“下積み時代”に驚き「君のバージンをくれないか?」

12月11日、バラエティー特番『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(フジテレビ系)が放送された。ゲスト出演した俳優・満島ひかりの赤裸々トークが話題になっている。 それは、『駆け抜けて軽トラ』の小野島徹と餅田コシヒカリが〝昭和ポルノの世界〟と題したコントを披露した際。古さ漂うポルノなワンシーンを演じた2人を見て、満島は「…

つづきを見る

バナナマンと石橋貴明に不仲説!?『細かすぎて』不在に「仲悪いの?」

『とんねるず』石橋貴明が出演する特番『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ2021』(フジテレビ系)が、12月11日に放送された。しかし今回の放送には、いつも番組に参加していたお笑いコンビ『バナナマン』の姿がなかったため、ネット上で石橋との〝不仲説〟が浮上している。 この番組は2018年3月に終了した『とんねるずのみなさん…

つづきを見る

石橋貴明“オワコン”化に拍車? YouTubeも下火で大ピンチ

1990年代に一世風靡し、お笑い界の頂点に君臨していた『とんねるず』の石橋貴明。しかし近年は地上波レギュラー番組も消滅してしまい、頼みの綱であるYouTubeチャンネルもピンチに陥っているようだ。 かつて『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)をはじめとしたバラエティーでMCを務めていた石橋。しかし、『石…

つづきを見る