米大統領選

加藤綾子が大炎上! ニュース番組でのコメントに「こういう感覚が1番怖い」

アメリカ大統領選の開票真っ只中である11月4日夕方、フリージャーナリストの木村太郎氏が『Live Newsイット!』(フジテレビ系)に出演。大統領選挙に関しての私見を述べた。 前回の大統領選時、〝トランプ当選を唯一予想していた男〟として有名な木村氏。今回も選挙前から一貫して〝トランプ当選〟を予想し、各番組でもトランプ寄…

つづきを見る

立川志らくが“坂上忍”を痛烈批判!?「バイキング見てたのかな…」

情報番組『グッとラック!』(TBS系)の総合司会を務める噺家・立川志らくが、同じく情報番組の総合司会・坂上忍を暗に批判したと話題になっている。 アメリカの大統領選挙について、一挙手一投足にわたり詳細に報じている日本の大手マスメディア。テレビ各局は24時間体制で選挙情報に右往左往し、MCやコメンテーターがコメントを述べて…

つづきを見る

放送事故!『バイキング』コメンテーター激怒で地獄の空気…坂上忍もアタフタ

11月3日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、ゲストコメンテーターのジャーナリスト・木村太郎氏が、番組の報道内容に対して不快感をあらわに。スタジオが気まずい空気に包まれ、CMに移行することとなった。 番組は、放送翌日に投開票を控えたアメリカ大統領選挙を特集。アメリカ国内はトランプ政権下で分断化が進んでおり、…

つづきを見る

『サンモニ』関口宏“番組開始数秒”での失言に呆れ声「訂正して謝罪すべき」

11月1日に放送された『サンデーモーニング』(TBS系)は、世界的に大きな注目を集めている「アメリカ大統領選挙」について特集。番組冒頭で司会の関口宏から思わぬ発言が飛び出し、視聴者から呆れ声が続出している。 「〝トランプVSバイデン〟の構図で、これまでになく白熱している今回の大統領選挙。バイデン氏が勝利すれば民主党政権…

つづきを見る

ドナルド・トランプの大統領選勝利で大儲けしていた松居一代

タレントの松居一代(59)が昨年末に、アメリカ次期大統領のドナルド・トランプ氏に関連する投資で100億円稼いだと話題になった。 事の発端は、朝の情報番組『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)でのインタビューだった。投資の話題になった際に、松居は「私はトランプさん寄りに投資をずっとしてきましたので、おかげさまで」と笑顔で…

つづきを見る

トランプの大統領選勝利は「UFOを信じる人」たちから票を獲得したおかげ!?

世界中のUFOマニアが注目していたアメリカ大統領選挙で、ドナルド・トランプ氏が勝利した。 その選挙の最中に、トランプ氏の人種差別発言で、エイリアンの存在を真剣に信じるUFOマニアの票が、トランプ氏に流れたという噂も出ている。 UFOマニアの存在は馬鹿にできるものではない。ナショナルジオグラフィック誌のアンケートでは、U…

つづきを見る

「暴言王」ドナルド・トランプ大統領は北朝鮮と外交協力する可能性も

アメリカの大統領選挙は、事前の世論調査を覆す大逆転勝利でドナルド・トランプ氏が大統領に就任することが決定した。 日本ではこれまで、トランプの極端な外交政策のことを、他人事のように面白がって見ていたが、それが現実路線となる。 「トランプが優勢になるや、早速株式市場や外為のマーケットが反応しました。円高はしばらく続きそうで…

つづきを見る

ドナルド・トランプはタイムトラベラーのジョン・タイターだった!?

タイムトラベラーのジョン・タイターは、2036年から2000年にやってきて、36年までに体験してきた歴史をインターネット上に書き込んだとされる人物だ。 そのタイターが、アメリカ大統領選挙に出馬しているドナルド・トランプではないかという噂が出ている。 「タイターは2000年11月にアメリカの大手ネット掲示板に登場しました…

つづきを見る

米大統領候補ドナルド・トランプ氏を支える「日本人マネー」

アメリカ大統領選の予備選で、共和党で立候補している“不動産王”のドナルド・トランプ氏(69)の勢いが止まらない。 3月15日には、フロリダ州などの大票田で勝利を収め、フロリダが地元でトランプ氏の対立候補のマルコ・ルビオ上院議員(44)は選挙戦撤退を表明。トランプ氏は指名獲得に大きく前進した。 「トランプ氏が躍進を続ける…

つづきを見る

green marijuana plant

米国で「マリファナ合法化」の賛成が52%になり大統領選の争点にも?

米国でマリファナ合法化の動きが活発になってきている。 昨年の時点で、23州とコロンビア特別区で医療用マリファナが、4州とコロンビア特別区では娯楽用マリファナの使用が合法化されている。また、16の州で医療用マリファナについて、13の州では娯楽用マリファナについての合法化を検討中だ。 『ワシントン・ポスト』によると2014…

つづきを見る