芦田愛菜

子役出身タレントはみんな性格が良い!? 令和の芸能界で生まれた新常識

現在放送中のNHK朝ドラ『舞いあがれ!』でヒロインを務めている福原遥をはじめ、神木隆之介、志田未来、芦田愛菜、鈴木福、濱田龍臣、加藤清史郎、須賀健太、本田望結など、元子役のタレントが変わらず活躍している。 そして、彼ら彼女らに共通するのは、みんな「性格が良い」と評判な点だ。 「昔、よく芸能界で言われていたことは、子役と…

つづきを見る

芦田愛菜“進学先”最新情報! 慶応大学医学部本命は変わらず!?

国民的子役から成長を遂げ、今や大女優の風格すら漂う芦田愛菜は現在、慶應義塾女子高校の3年生。 今年の春ごろから話題になっていたのが、そのまま同大学の医学部に進むというウワサで、一部の芸能サイトは「すでに内定」とまで報じていた。 「当時、物議を醸したように、この内定記事には疑問が多かった。〝内定〟としているのがおかしいと…

つづきを見る

芦田愛菜の進学先は早稲田? 慶応切り捨てか…今週の“ウワサの女”ランキング

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも読まれた女性タレント記事ランキングをご紹介します(10/13配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 芦田愛菜 : 芦田愛菜「医学部や~めた」のウラ事情…慶応を蹴って早稲田を目指す!? 440…

つづきを見る

芦田愛菜「医学部や~めた」のウラ事情…慶応を蹴って早稲田を目指す!?

週刊誌A誌が、国民的女優・芦田愛菜が医学部を受験しないという記事を載せ、物議を醸している。芦田は現在、慶応女子高の3年生。医学部進学がウワサされるが、A誌によれば、芦田は1年で化学を履修。しかし2年で履修しなかったので「医学部はない」というのだ。 「A誌は芦田に関して〝医学部内定の情報が相次いでいる〟とも報じているが、…

つづきを見る

芦田愛菜とは正反対? 鈴木福が“進路”について告白「すごいプロ意識」

俳優の鈴木福が10月3日、年内打ち切りが決まった超低視聴率番組『ポップUP!』(フジテレビ系)に出演。数少ない視聴者を感心させる発言を繰り出した。 現在高校3年生の鈴木は、大学受験を控えている真っ最中で、MCの山﨑夕貴アナウンサーから「受験を控えてるということで、学生生活と仕事の両立大変じゃないですか?」との質問が飛び…

つづきを見る

芦田愛菜超え! 寺田心くんの“急成長”に驚き「正統派イケメンになる」

その喋り方やキャラクターが男性の嫉妬を買い、ネット上である意味、大人気の俳優・寺田心。一部では〝永遠の子ども〟とも揶揄されている彼が、ついに〝男〟として花開いたともっぱらだ。 きっかけとなったのは、寺田が出演している軽自動車『スペーシア』のCMだ。CMは一家でドライブへ行く内容になっており、父役を佐藤二朗、母役を中越典…

つづきを見る

鈴木福に意中の相手!? “芦田愛菜と真逆”の好きなタイプを公言

子役としてデビューし、今年6月に成人するまでの過程を全国民に見守られ、その成長に1億3千万の視線が集まっている鈴木福。多くの人は大人になった彼の〝恋愛事情〟も気にしているようだが、なんとこの話題について自ら口を開いた。 高校最後の夏休みも終わる8月29日、鈴木は『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演した。鈴木と言えば…

つづきを見る

芦田愛菜&藤井聡太“カップル誕生”に期待感…?「本当お似合い」

将棋の藤井聡太五冠と俳優の芦田愛菜が出演する、Web動画『伊右衛門 新成人茶会』が7月19日に公開され、話題になっている。 2人が出演しているのは、サントリー緑茶『伊右衛門』のWeb動画。2021年3月に最初の対談が実現しており、今回はそれに続く2回目となる。 20歳の藤井五冠に芦田が20個の質問をする『新成人茶会 2…

つづきを見る

芦田愛菜の“欠点”が発覚! 意外な素顔に「親近感わく」「安心した」

かわいらしいルックスに慶應義塾女子高在学の頭脳を持ち、10代とは思えぬ深い名言でネット上を沸かす芦田愛菜。もはや欠点を探す方が難しいほどの彼女に、意外な〝弱点〟が見つかって話題を呼んでいる。 それは、慶應の先輩である『嵐』櫻井翔との共演で発覚した。芦田は6月18日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレ…

つづきを見る

アーニャ役は芦田愛菜!?『SPY×FAMILY』が実写化されるとしたら…

Webマガジン『TVマガ』が、『「SPY×FAMILY」実写化されたら演じてほしい俳優&女優ランキング』を発表。ファンの間でさまざまな議論が交わされている。 同ランキングで、西国情報局に所属する敏腕スパイ、ロイド・フォージャー役の第1位に輝いたのは俳優の玉木宏。 第2位にディーン・フジオカ、第3位は吉沢亮となっている。…

つづきを見る