誹謗中傷

『オモウマい店』嫌われ番組に!? 信者とアンチが白熱「文句あるなら見るな!」

秋篠宮家の長女・眞子さまを複雑性PTSDに追い込んだ誹謗中傷の温床であり、先日はサイトから直々にユーザーへの注意も行なわれた、とあるニュースサイトのコメント欄。ここのユーザーたちが、『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(日本テレビ系)を批判した記事にブチ切れているようだ。 問題となったのは、あるメディアが読者アン…

つづきを見る

『格付けチェック』櫻坂46“口パク”指摘されてファン激怒「土下座しなさい」

10月5日放送の『芸能人格付けチェック 食と芸術の秋 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に出演した俳優の加賀まりこ。番組内で共演者の『櫻坂46』に上から目線でコメントする一幕があり、彼女らのファンから反感を買ってしまったようだ。 一悶着あったのは、ジャズセッションを聞き分ける問題。この問題に加賀はチーム大御所の一員とし…

つづきを見る

“おじさん構文”ジャーナリストが干された? 反省ナシ態度に「ある意味才能」

人気ラーメン店を経営する元『バイトAKB』梅澤愛優香氏から〝セクハラ被害〟を告発されたフードジャーナリストのはんつ遠藤氏が、「開き直っている」とネット上で大炎上している。 はんつ氏はセクハラや中傷被害を訴えた梅澤氏に対して「自分のことだ」と名乗り出て、ブログで反論。しかし、あまりにも冗長な文章でのらりくらりと言い逃れし…

つづきを見る

元AKB実業家に反論! フードジャーナリストの“おじさん構文”が話題

フードジャーナリストのはんつ遠藤氏が9月28日、自身のブログを更新。元『バイトAKB』で、飲食店経営者の梅澤愛優香氏に反論したが、ネット上では厳しい声があがっている。 はんつ氏は《梅澤愛優香さんがラーメン評論家を出禁にしたという件でテレビ朝日「グッドモーニング」などで放送されてましたが、それ、僕です!》と告白。続けて《…

つづきを見る

元AKB実業家がセクハラ被害を告発! 加害者の“ラーメン評論家”とは…?

人気ラーメン店を経営するAKBグループの元アイドル・梅澤愛優香氏が9月27日、自身のツイッターを更新。ラーメン評論家から受けた〝セクハラ〟を暴露し、物議を醸している。 梅澤氏は《ラーメン評論家から受けたセクハラ 一部をまとめましたので見て下さい また近日ラーメン評論家によるパワハラ、セクハラ、中傷、癒着についても公開さ…

つづきを見る

元AKB実業家への“中傷”で提訴…書き込んだ男性の態度に批判殺到

元『バイトAKB』で、飲食店経営者の梅澤愛優香氏が経営する人気ラーメン店が、事実無根の言い掛かりを付けられるトラブルが発生。中傷メッセージを送った男性が「そこまでヒドいことは書いていない」と開き直っているとして、大炎上している。 梅澤氏は現在、都内に1店舗、神奈川県内に2店舗のラーメン店を経営している。店は大人気で、さ…

つづきを見る

中川翔子“誹謗中傷”対策に本腰も…蒸し返される猫を巡る騒動

タレントの中川翔子が9月8日、自身のツイッターを更新。誹謗中傷について、法的措置も辞さない構えを見せた。 中川は《もう、常軌を逸した誹謗中傷、命の危険を感じさせる書き込みには、警察に相談してしかるべき対処をしていこうと思います。何書いてもいいわけじゃない、調子に乗ると大変なことになると理解してほしい》とツイート。続けて…

つづきを見る

蛍原徹に誹謗中傷! 宮迫ファンが発狂「ユーチューバーを下に見てる」

8月17日、お笑いコンビ『雨上がり決死隊』が解散を発表した。この件に関して、蛍原徹に宮迫博之ファンから批判が殺到している。 コンビ解散を切り出したのは蛍原。宮迫が自粛期間中に勝手にYouTubeチャンネルを開設したことに違和感を抱いていたようで、今回の結論にいたったという。しっかりと話し合いを重ねたうえでの解散だったと…

つづきを見る

五輪閉会式ダンサー“SNS大荒れ”で削除「誹謗するのは違う」「絶対おかしい」

8月8日の東京五輪閉会式でパフォーマンスを披露したダンサーのアオイヤマダが、ツイッターアカウントの削除に追い込まれたと、ネット上で話題になっている。 アオイは五輪閉会式で、樹木をイメージした緑の衣装で追悼ダンスを披露。〝茎ワカメダンス〟としてネット上で話題になった。 このパフォーマンスについて彼女は、インスタグラムで《…

つづきを見る

立川志らく五輪選手への誹謗中傷に苦言も…「その通り」「矛盾してる」と賛否

落語家の立川志らくが、8月2日放送の『ひるおび!』(TBS系)に出演。五輪選手への誹謗中傷について苦言を呈したが、ネット上では賛否の声があがっている。 この日の番組では、SNSで五輪出場選手が誹謗中傷を受けていることを取り上げた。志らくは「五輪に限ったことではなく、人の命まで奪ってしまう場合がある」と誹謗中傷の深刻さを…

つづきを見る