転売

転売問題・ミクシィ社長「商標法違反容疑」チケキャンに批判集まる

SNSの『mixi』で知られるスマートフォン向けゲーム会社大手のミクシィは、6月22日に森田仁基社長が辞任したと発表した。森田前社長は、商標法違反の疑いで子会社やほか3名と一緒に兵庫県警から書類送検をされており、ミクシィは「関係者に多大な心配を掛け、社長と取締役を辞任する旨の申し出があった」と説明している。ミクシィは同…

つづきを見る

西城秀樹の会葬品を大量出品「死者を冒涜」激怒の声

5月25日と26日に営まれた歌手の西城秀樹の通夜、葬儀・告別式の配布品が早くも大手インターネットオークションサイトに複数出品され、批判の声が上がっている。 25日の通夜では一般参列者用にも祭壇が設けられ、2014年のコンサートの写真が入ったポストカードが配布された。このカードは2日間で計2万枚が用意され、開始数時間前か…

つづきを見る

西川貴教「サイン転売」に苦言も対策は不可能か

『T.M.Revolution』こと西川貴教が1月8日にツイッターを更新し、新幹線などでの移動中にサインを求めてくる一部のファンの行為に対して苦言を呈した。 品川駅などで有名人見つけては「サイン下さい」ていうみんな、持ってるカバンの中から分厚い色紙の束が見えてるし、本当に喜んでくれるならと思って書いて下さる有名人の方に…

つづきを見る

チケット

桑田佳祐の5年ぶりソロ全国ツアーを狙う「チケット転売業者」

ソロの歌手活動30周年を迎える桑田佳祐が、8月23日に6年半ぶりとなるオリジナルアルバム『がらくた』を発売する。新アルバムを携え、ソロでは5年ぶりの全国ツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR 2017 がらくた』(10カ所18公演)を開催することも決定した。各地を回り、大みそかに横浜アリーナでファイナルを迎える。 「この…

つづきを見る

チケット

「正規客をバカにした」AKB運営会社の転売屋対策にファン激怒

5月20日に宮城県仙台市で開催された『AKB48』のコンサートで、ある騒動が起きたという。 「夜公演のアンコール中に、客席最前列のところへ数人のスタッフが現れると、チケットの名義と身分証をチェックし始めたのです。何人かの客がチケットの名義と身分証の氏名が違い、外に連れ出されて行きました。僕はAKBのコンサートに何回も行…

つづきを見る

28年ぶりのライブツアーを行うREBECCAにまつわる問題

今年の夏、28年ぶりにライブツアーを行う『REBECCA』。ツアーは『REBECCA LIVE TOUR 2017』とネーミングされ、7月28日、大阪府のフェスティバルホールを皮切りに、9月1日の東京・日本武道館まで全9公演を予定している。 「2015年に再結成し、年末に紅白歌合戦(NHK)にも出演しました。NOKKO…

つづきを見る

中森明菜の高額ディナーショーがさらに高額転売されて追加公演決定

歌手の中森明菜(51)が、12月から高級ホテルを中心に全国でディナーショーを始める。 料金は4~5万円だが、数年ぶりに歌手活動を再開した本人が見られるとあって、チケットの売り切れが続出している。 「インターネットでは随分と高値で転売されています。4万2000円のものが8万円以上。彼女の人気を考えれば仕方ないのかもしれな…

つづきを見る

ファン3000人を連帯責任!ジャニーズ事務所が本腰を入れるチケット転売取り締まり

チケットを転売する転売屋のことを“転売ヤー”と呼ぶそうだが、この“転売ヤー”をジャニーズ事務所が追い詰めた! 「自分に必要のない希少な鉄道乗車券やコンサートチケットを入手し、喉から手が出るほど欲しがるファンに対して10倍もの値段で転売する転売ヤーの存在には、どの業界も困っていますよ。乗車券以外は別に法に触れるわけでもな…

つづきを見る