転売

『マクドナルド』で窃盗多発? 鬼滅の刃コラボグッズを発売前に“横流し”か…

3月5日から全国のマクドナルドで、ハッピーセット『鬼滅の刃 シールセット』が発売された。しかし発売前から転売が続出。中には全種類まとめて販売しているケースもあり、店員やアルバイトの横流しを疑う声があがっている。 「ハッピーセットは、ハンバーガーやチキンマックナゲットなどに、おもちゃなどがつくセット商品。今回はおまけのお…

つづきを見る

鷲見玲奈の“転売ヤー利用”に批判!「印象悪い」「ファンって言うならやめて」

元テレビ東京アナウンサーでタレントの鷲見玲奈が、2月25日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。フリマアプリの利用をほのめかしたところ、一部の視聴者から「転売容認」だと批判されてしまった。 この日、鷲見はアイドルグループ『NiziU』にドハマリしていると告白。4月発売の新曲をすでに40枚予約し、グッズ収集も…

つづきを見る

『モニタリング』“超品薄商品”プレゼントに批判「転売屋から買ったんか?」

2月25日放送の『モニタリング』(TBS系)で、一般人にプレゼントされたモノが物議を醸している。 岐阜県内のショッピングセンターに、バドミントン女子ダブルス世界ランク1位の福島由紀・廣田彩花ペアが登場。番組側は、それぞれシャトル3個分の穴を設けた9つの的を用意 。一般家族のためにスマッシュを放ち、穴に入れると豪華な商品…

つづきを見る

ファミマのサーバーがダウン!『刀剣乱舞』ファンによる“グラスの乱”勃発

1月13日より『ファミリーマート』にて、大人気作品『刀剣乱舞 -ONLINE-』とコラボした〝オリジナルグラスとコースター〟の販売がスタート。しかし、ファンである〝審神者〟が「ファミマ」の公式サイトに殺到し、サーバーが落ちる事態に発展していた。 「ファミマ」は、コラボ商品の販売開始を13日の13時と予告。しかし、前日か…

つづきを見る

『アメトーーク!』転売ヤーを肯定? スニーカー芸人に批判「許されない」

11月19日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、芸人がスニーカーを購入する基準を口にした。視聴者は「転売ヤーを認めることにつながる」として非難の声を上げている。 この日の企画は「スニーカー芸人」で、2年前に続く第2弾。レイザーラモンRG、『シソンヌ』長谷川忍、『EXIT』りんたろー。らが出演した。 『かまいたち…

つづきを見る

『PlayStation5』発売で“転売屋vs通報勢”の仁義なき戦い勃発!?

11月12日、ソニーの次世代据え置き型ゲーム機『PlayStation5』(以下、PS5)がついに発売の日を迎えた。ネット上では、ゲーム機を転売しようとする〝転売屋〟と、その邪魔を試みる人々によって激しい争いが繰り広げられているようだ。 「PS5」は、前世代モデルの『PlayStation4』と比べると格段に高いスペッ…

つづきを見る

『鬼滅の刃マンチョコ』高額転売もファン静観…“転売ヤー”がただの良客に!?

今や、日本では知らない人がいないほどの国民的人気コンテンツ『鬼滅の刃』。10月16日に公開された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は絶大な人気を誇り、その勢いはとどまることを知らない。しかし、爆発的なブームの一方で、『鬼滅の刃』グッズの転売も問題になっているようだ。 今回、転売のターゲットになってしまったのは、11月3日…

つづきを見る

伊藤健太郎の出演作がプレミア化? 相次ぐ転売に驚き「4倍の値段に…」

ひき逃げの罪で逮捕された俳優の伊藤健太郎容疑者。芸能界引退のウワサが一部でも出始める中、既に出演作のプレミア化が起こり始めているようだ。 伊藤容疑者は、10月28日午後6時頃、東京・渋谷区で車をUターンしようとしたところ、対向車線を直進してきた男女2人乗りのバイクと衝突。26歳の男性は両腕打撲の軽傷、27歳の女性は左足…

つづきを見る

映画『鬼滅の刃』入場特典で錬金術!? 公式が注意喚起も“転売”相次ぐ…

10月16日に公開されるやいなや、日本映画界の記録を次々と塗り替え、既に歴史に残る作品にまで上り詰めたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。しかし、このヒットの裏で、ファンたちのバッドマナーも問題になっている。 10月26日に更新された『鬼滅の刃』公式ツイッターによると、同作の観客動員数は公開10日間で798万3…

つづきを見る

三浦春馬“豪華写真集”が転売ヤーの餌食に…「めちゃくちゃ高騰してる」

去る7月17日に東京・港区内の自宅マンションで自殺した俳優・三浦春馬さんの著書が〝転売ヤー〟の格好の餌食になっている。 ターゲット商材となっているのは、三浦さんが今年4月6日に発売した著書『日本製』と『日本製+Documentary PHOTO BOOK 2019-2020』の2冊。月刊誌『プラスアクト』に掲載された記…

つづきを見る