阪神タイガース

阪神・金本監督が決断を迫られる藤浪晋太郎の復帰時期

阪神タイガースの藤浪晋太郎が、7月29日にオリックス・バファローズとの二軍戦に先発登板し、3イニングを投げ、7つの三振を奪った。だが、4被安打、1失点と結果を出せず、一軍復帰の時期は見えていない。 「藤浪を二軍に落とす際、金本知憲監督は『自分を見つめ直す機会、無期限』と話していました。制球難で試合を壊し、精神的にも落ち…

つづきを見る

選手寮を退寮する阪神・藤浪晋太郎の心配な「食生活」

阪神タイガースの藤浪晋太郎が、若手選手の選手寮『虎風荘』を出て、独り暮らしを始めることになった。昨年12月時点でメディアに出演した際にも新生活のことは明かしていたが、今回の退寮に対して「早過ぎる」という声が尽きない。 「阪神では通常、高卒選手は5年間の寮生活が義務付けられています。藤浪はまだ4年目を終えたばかりですが、…

つづきを見る

糸井が加入した阪神でポジション争いの玉突き事故が勃発か

オリックス・バファローズからフリーエージェント宣言(FA)した糸井嘉男外野手(35)が、阪神タイガースへ入団する意志を明らかにした。 糸井の獲得に際しては、金本知憲監督(48)がFA交渉の解禁日の11月11日に、ら交渉の場へ足を運んでいた。その誠意が糸井にも十分に伝わったようだ。しかし、その糸井が阪神へ入団したら、金本…

つづきを見る

ドラフト指名で溝を深めた阪神タイガースのフロント陣と金本監督

阪神タイガースはこのオフこそが超変革の本番のようだ。 大型補強に打って出る予定で、オリックス・バファローズの糸井嘉男(35)をFAで獲得することが“既成路線”のように伝えられているが、それだけではない。 「横浜DeNAベイスターズの山口俊(29)の名前も報じられています。本来ならばドラフト会議で即戦力の投手を補強するつ…

つづきを見る

阪神タイガース「超変革」第2章は正捕手問題の解決から

阪神タイガースの金本知憲監督(48)の監督初年度は64勝76敗3分けで終了した。最終戦(甲子園)の試合後に、選手とコーチがマウンド付近に整列し、代表して金本監督が大観衆の前でスピーチした。 「今シーズンは私の監督としての力が足りず、チームの低迷を招いてしまいました。本当に申し訳ありませんでした」 今季のスローガンに掲げ…

つづきを見る

阪神の世代交代はグラウンドの外で進行中か

阪神タイガースは金本知憲監督(48)の就任以降、“超変革”をスローガンに掲げ、チームの改革を進めてきた。 ただ目先の勝利を追うのではなく、数年先にチームが躍進するためのきっかけを作るため、多くの若手を抜擢していく。こうして進めてきた世代交代が、グラウンドのなかだけではなく、グラウンドの外でも起き始めているという。 「高…

つづきを見る

ファーストミットを付けた福留から垣間見える阪神タイガースの焦り

阪神タイガースは、9月18日に予定されていた巨人戦が雨天中止になったため、軽く汗を流した。 その練習中に驚きの光景があった。外野手の福留孝介がファーストミットを付け、内野陣と一緒にノックを受けていたのである。 「今年にFA権を得ている選手には、オリックス・バファローズの糸井嘉男、北海道日本ハムファイターズの陽岱鋼、中日…

つづきを見る

打線強化か投手陣てこ入れかを迫られる阪神金本監督のドラフト1位への苦悩

9月10日の土曜日。阪神タイガースの今シーズン最後の東京遠征の夜に、金本知憲監督(48)は人目を忍んで都内の飲食店に向かった。 その飲食店の個室には、四藤慶一郎球団社長と高野栄一本部長が待ち構えていた。 「球団幹部が金本監督を呼び出した目的は、来季の戦力構想に関するすり合わせです。メインテーマはドラフト1位候補について…

つづきを見る

ストーブリーグは金本知憲監督VS鳥谷敬の阪神が面白い

  【吉見健明のダッグアウト取材メモ】 プロ野球界のストーブリーグは年々早くなっている。 来季へ向けての補強を円滑に進めるためには、監督人事が優先されるのは言うまでもないが、外部から見えないところでは8月中旬に来季の青写真を検討し始めるのは、いまや当たり前になっている。 すでに中日ドラゴンズは谷繁元信監督(45)の休養…

つづきを見る

阪神を待ち受ける地獄の秋季キャンプ案

今季の阪神タイガースは、支配下登録選手数70名のうち、59名の選手を一軍出場させている(9月6日時点)。 「59名の内訳がさらに興味深いんです。支配下登録している投手は35名で、うち29名が一軍登板しています。野手は35名中30名。ほとんどの選手にチャンスを与えたとも言えますが、大多数の選手が好調さを持続できず、すぐに…

つづきを見る