AKB48

篠田麻里子『交際0日婚』に祝福殺到で際立つ「前田敦子の嫌われぶり」

元『AKB48』で女優の篠田麻里子が、3歳下の実業家と2月16日に結婚したことを、公式ファンクラブサイトで発表した。 お相手の男性とは昨年10月に友人を交えての食事会で出会い、その後、初めて2人きりで食事をした際にプロポーズされたという。篠田は「玄米を食べて育ったところや、理想の家族像、将来像などの共通点が驚くほど多く…

つづきを見る

島崎遥香「塩対応はつくりだった」いまさら必死アピールの理由は…

元『AKB48』の島崎遥香が、いままで非難されてきた“塩対応”は「本心ではなかった」と弁明。逆に大ヒンシュクを買っている。 「彼女は『本心ではなかった』と過去形で言っていますが、良くなったなんて話も聞かないし、今さらそんなことを言っても『言い訳にしか聞こえない』と、アンチ島崎派からはバッシングの嵐です。仕事がないので、…

つづきを見る

柏木由紀『股間』ギリギリのインスタ写真に「見えてるような」

2月19日未明、『AKB48』の柏木由紀がインスタグラムを更新した。現在全国ソロツアー真っ最中の柏木は18日に東京で開かれたライブの写真を公開。これが「ポーズがエロい」「ギリギリの写真」などとファンから大きな反響を呼んだ。 柏木は1月から、2年半ぶりの全国ツアーに臨んでいる。19日の投稿では「ソロ全国ツアー!本日は東京…

つづきを見る

16歳で谷間を公開!「Fカップの広瀬すず」AKB矢作萌夏のギリギリ写真

ちまたでは「Fカップの広瀬すず」と呼ばれ、今後の活躍とその胸に大きな注目が寄せられている『AKB48』の新人・矢作萌夏。今年7月にはファースト写真集を発売することが決定し、ツイッターでは写真集の公式アカウントも開設されているが、日々更新中のオフショットで、再び過激な写真が投稿された。 2月11日、写真集のツイッターは、…

つづきを見る

「Fカップの広瀬すず」AKB矢作萌夏が“白キャミ姿”でパイ炸裂!

一部で「Fカップの広瀬すず」と呼ばれ、今後の活躍が大いに期待されている『AKB48』の新人・矢作萌夏。今年7月にはファースト写真集を発売することが決定し、ツイッターでは写真集の公式アカウントも開設されているが、日々更新中のオフショットで、再び過激な写真が投稿された。 2月5日、「そろそろ引っ越しシーズン」というハッシュ…

つづきを見る

元『NMB48』須藤凜々花に“AV強要レベル”の黒歴史… 今週の芸能ニュースTOP5

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週最も話題となった芸能記事をご紹介します(2/7配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 「AV強制出演と同じ」元『NMB48』須藤凜々花が引退原因を暴露 320pt. 「AV強制出演と同じ」元『NMB48』須藤凜々花が引退原因を暴露 2位 顔がお…

つづきを見る

Fカップの広瀬すず!? 『AKB48』矢作萌夏は「過去最高の逸材」

何かと暗い話題が続くAKB系グループから、「過去最高の逸材が現れた」とファンの間で話題のメンバーがいる。『AKB48』の矢作萌夏だ。 矢作は埼玉県出身の16歳で、昨年1月『第3回AKB48グループドラフト会議』にて研究生として加入したばかり。12月には正規メンバーへの昇格が発表された他、今年1月にはソロコンサートを開催…

つづきを見る

「解散・休止・引退・結婚」…平成とともに“アイドル時代”も終焉へ

国民的グループ『嵐』の活動休止や、運営の体質が批判されている『NGT48』の暴行事件など、何かと暗い話題が続くアイドル界。こうした影響もあってか、“コンテンツとしてのアイドル”が終わりを迎えるのではとみられている。 女性アイドルを巡っては、昨年、『PASSPO☆』『チャオ ベッラ チンクエッティ』『ベイビーレイズJAP…

つづきを見る

『AKB48』最後の“次世代エース” 矢作萌夏も運営に潰される!?

2019年1月16日、『AKB48』に“本物の次世代エース”が誕生したという。彼女の名前は矢作萌夏(やはぎもえか)。この日、東京・水道橋にあるTDCホールでAKB48史上最速となる、加入1年でのソロコンサートを成功させたのだ。 「現在はチームKのメンバーですが、このコンサートが発表された時点では、まだ“ドラフト3期研究…

つづきを見る

2019年はアイドルブーム終焉?続々と闇が暴かれるアイドル業界

1月14日放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaSPECIAL)の最新回に、“自称ブス”メンバーとして『AKB48』西野未姫が登場し、ストレスで激太りしたときのエピソードを語った。 西野はかつての自分を振り返り、「AKBのとき、最初はめちゃくちゃかわいかったんですよ。14歳とか15歳のときは、“第二のまゆゆ”…

つづきを見る