ウエンツ瑛士

ウエンツ瑛士が報道番組のMCに…謎すぎる人選に「意味がわからない」

タレントのウエンツ瑛士が、10月スタートの報道番組『60秒でわかるニュース』(テレビ東京系)のMCを務めることが発表された。 この番組は、5月14日にBSテレ東で放送された同名特番をレギュラー化したもの。ロシアのウクライナ侵攻や、アベノミクスの金融緩和がもたらした過度な円安など、真面目な話題を多く扱っていく。 ウエンツ…

つづきを見る

日本一のイケメン大学生が決定「和風の岡田将生」「人権の塊やんけ」

3月9日、全国のミスターキャンパスの中から日本一を決める『MR OF MR CAMPUS CONTEST 2022 supported by ACNAL』表彰式が行われ、中央大学3年の髙尾昇吾さんがグランプリを受賞した。 MCは『NON STYLE』の石田明と井上裕介が務め、石田は髙尾さんのことを「若い頃の福山(雅治)…

つづきを見る

ウエンツ瑛士“梅宮辰夫さん問題”にド正論「完璧なコメント」「正解だと思う」

タレントで俳優のウエンツ瑛士が10月24日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。2019年12月に他界した梅宮辰夫さんの看板が顔の部分だけ黒く塗られてしまった問題について言及し、ネット上では共感の声が多くあがっている。 辰夫さんが生前、名誉館長を務めていたという東京に本社を持つ本郷美術骨董館の看板が辰夫さんの…

つづきを見る

『日本沈没』小栗旬も杏も棒演技…「飽きてくる」「さめる」と酷評飛び交う

10月17日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の第2話が放送された。ネット上では、登場キャストほぼ全員の〝演技〟に酷評の声があがり始めている。 原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。今作では大きくアレンジを加えて、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、…

つづきを見る

ウエンツ瑛士“賃貸の審査”に7件落ちた!? 面白エピソードに疑いの目…

9月17日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に、タレントのウエンツ瑛士が出演。面白エピソードを披露したのだが、ネット上では疑いの声が相次いでいる。 芸能人であるために困ったことというトークテーマで、ウエンツは家を借りることができないと打ち明けた。イギリス留学後に賃貸物件を探し回ったのだが、なんと審査…

つづきを見る

ウエンツ瑛士“1億超えローン通過”に疑問の声「松坂桃李はダメなのに…」

タレントで俳優のウエンツ瑛士が、9月6日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に出演。購入した自宅の値段を明かされる場面があり、話題になっている。 この日、番組では『出来そうで出来ないガヤ10万円チャレンジ!』という企画を放送。ウエンツは、フワちゃん、みなみかわ、ヒコロヒー、お笑いコンビ『爛々』と共に「目隠…

つづきを見る

ウエンツ瑛士“パラ選手追い出し”で炎上!「感じ悪すぎ」「本当に失礼」

タレントのウエンツ瑛士が9月7日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。東京パラリンピックの車いすバスケット代表・鳥海連志選手を追い払うような態度をとり、炎上している。 この日、番組では日本史上初の銀メダルを獲得した、車いすバスケットボール男子・鳥海連志選手がスタジオ生出演。世界の高さに対応するために速いバスケットボ…

つづきを見る

ウエンツ瑛士が芸能生命の危機! テレビ追放&YouTube爆死で悲惨な現在

数々の大御所から「事務所が大きくなかったら怒ってる」と言われるほどの後ろ盾を持ち、「イケメンなのに笑いもできちゃう」と風を吹かせる35歳の中年タレント・ウエンツ瑛士。しかし、30代後半の芸能活動には〝危険信号〟が灯っているようだ。 「ウエンツは巨大も巨大な事務所をバックに、旧来メディアで安定した仕事を保ってきました。し…

つづきを見る

『ワイドナショー』ウエンツ瑛士“未練”タラタラ? 大島優子の結婚報道をスルー…

8月1日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、タレントのウエンツ瑛士が出演。大島優子の結婚ニュースがスルーされ、波紋を呼んでいる。 この日は、東京五輪にかき消されている芸能人の結婚・離婚のニュースについて特集。VTRでは、山下健二郎と朝比奈彩の結婚、大島と林遣都の結婚、市村正親と篠原涼子の離婚、有村昆と丸岡いずみ…

つづきを見る

『ワイドナショー』ウエンツ瑛士が“日本国民の世論”に苦言「本当に問題」

タレントのウエンツ瑛士が、7月25日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。世間の声に苦言を呈した。 夏の高校野球鳥取大会では、優勝候補だった米子松蔭高校が、関係者1人のコロナ感染を理由に出場辞退。しかし、部員の感染は確認されず、部長自らツイッターで拡散をよびかけたこともあり、SNSでは「かわいそう」「なんとか…

つづきを見る