北海道

『東大王』鈴木光とは決定的に違う?“司法試験”合格の染井明希子は過去に…

気象予報士の染井明希子が、令和2年の司法試験に合格していたことがわかった。 この日、染井はレギュラーを務める『生島ヒロシのおはよう定食 / 一直線』(TBSラジオ)に出演。MCの生島ヒロシは「おめでとうございます! 東大王の鈴木光ちゃんも落ちちゃったのにやりましたね。東大王を超えました! いや、めでたいめでたい」と祝福…

つづきを見る

北海道民をディス? 小倉智昭の“偏見”に怒り「知ったかやめて」

11月9日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、メインキャスターの小倉智昭が北海道の暖房事情についてコメント。真面目な道民から非難を浴びてしまった。 気候や『Go toトラベル』による人の往来が影響してか、現在の北海道は新型コロナウイルス感染者が爆増中。その数は連日過去最多を更新するほどで、警戒レベルが引き上げられる…

つづきを見る

『ヒルナンデス』滝アナへの“ダサいじり”が不快…「バカにし過ぎや!」

6月23日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)での〝滝菜月アナウンサーいじり〟が、「いろんな意味でヒドい」などと視聴者の反感を買ったようだ。 番組内で「私服がダサい」と言われ、これまでファッションコーナーにたびたび出演して来た滝アナ。この日は満を持して「格安コーデバトル」のコーナーに参戦し、先輩の久野静香アナと対決…

つづきを見る

『ヒルナンデス』新レギュラー“謎のアイドル”大不評「イライラする!」

北海道のご当地男性アイドルグループ『NORD』の島太星が、4月6日の放送から『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)月曜シーズンレギュラーに就任した。しかし、視聴者からの反応はあまり芳しくないようだ。 記念すべき初出演となった6日、島は新型コロナウイルス感染防止により、地元である北海道からテレビ電話でリモート出演。オープニン…

つづきを見る

『ボンビーガール』“4畳の部屋”にウォーターサーバー「どうかしてる…」

1月21日の『幸せ! ボンビーガール』(日本テレビ系)で、人気コーナー『上京ガール』を放送。一般女性が東京での一人暮らしで四苦八苦する様子が流れたが、視聴者は女性が部屋に取り入れたものが高い出費を伴うものだと指摘。「スタッフも教えてあげなよ」とハラハラしていた。 この日スポットが当たったのは、昨年12月10日の放送でも…

つづきを見る

放送事故!? “男のアレ”にしか見えない生物にお茶の間騒然「ヒワイ過ぎる」

12月15日放送の『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)で出てきた生き物が「放送事故級のシロモノだ」と話題になっている。北海道で取れるという幻の生き物の形状が「ヒワイ過ぎる」などと、視聴者はざわついていた。 この日、スタッフは北海道・石狩市を訪問。現地で取れるという珍しい生き物を紹介した。波打ち際に集まってきた魚介類を取る…

つづきを見る

北海道に「500万人の中国人」が押し寄せる未来 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その6~

(その5からの続き) 中国は「北海道の人口(547万人)を1000万人にしよう」と言い始めている。それはつまり、500万人の中国人が北海道に移住してくることを指す。将来的に人口構成を変え、日本人を少数民族に転落させるのが狙いだ。 日本にはその野望を補填する“脳天気”な条例制定の先例がある。それは『常設型住民投票条例』だ…

つづきを見る

中国の文化と経済による「侵略」はすでに始まっている | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その5~

(その4からの続き) 中国は2010年7月に『国防動員法』を施行している。その概要は次の通りだ。 戦時には、中国国内にいる敵国人を捕虜に出来る 敵国内にいる中国人は、工作員として働かなければならない もし尖閣諸島で紛争が起きた場合、日本に対して国防動員法が発動される可能性は高い。そのとき、北海道に在住する留学生や技能実…

つづきを見る

北海道から「太平洋新出」を画策する中国の国家戦略 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その4~

(その3からの続き) 中国の駐日大使館のホームページに《程永華大使が16年5月21日~22日まで、北海道釧路市を訪問し、蝦名大也市長と会見し、中国人らの研修生を受け入れている石炭生産会社『釧路コールマイン』を視察するとともに地元の小中学生と交流。7カ月後の12月9日には張小平1等書記官(経済担当)も足を運んだ》という他…

つづきを見る

観光施設はすでに「中国化」している | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その3~

(その2からの続き) 2012年4月からの水資源保全条例施行後、中国国営企業や同系大会社が隠れ蓑を脱ぎ捨て、堂々と北海道に進出するようになった。合法的に水源地や森林、不動産を狙うだけではない。観光施設も買収している。今後、観光地の中国化が進み、利用するのは中国人がほとんどという事態になり、そこがチャイナタウン化するのは…

つづきを見る