大泉洋

『元彼の遺言状』最終回が盛り上がらず…「まさに蛇足」「一番つまらない」

6月20日、俳優・綾瀬はるか主演の月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)の第11話・最終回が放送された。ヌルすぎる最終回に戸惑いの声があがっている。 主人公の剣持麗子(綾瀬)は、クライアントの利益のためには手段を選ばない敏腕弁護士。ある日、元彼・森川栄治(生田斗真)の死亡がメールで知らされる。 メールの差出人は篠田…

つづきを見る

『元彼の遺言状』第5話の“不愉快”演出に「ぐるぐる目が回る」と苦情殺到…

5月9日、俳優・綾瀬はるか主演の月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)の第5話が放送された。視聴率の下落に比例して、ネット上の批判も目立ってきている。 主人公の剣持麗子(綾瀬)は、クライアントの利益のためには手段を選ばない敏腕弁護士。 ある日、元彼・森川栄治(生田斗真)の死亡がメールで知らされる。 メールの差出人は…

つづきを見る

綾瀬はるかが台無し!『元彼の遺言状』がヒドすぎる「必ず寝落ち」「脱落です」

4月25日、俳優・綾瀬はるか主演の月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)の第3話が放送された。イマイチなストーリー展開に「綾瀬はるかの無駄遣い」と怒る声が溢れている。 主人公の剣持麗子(綾瀬)は、クライアントの利益のためには手段を選ばない敏腕弁護士。 ある日、元彼・森川栄治(生田斗真)の死亡がメールで知らされる。メ…

つづきを見る

北海道民が大混乱? 全国放送で珍事が発生「大人の事情でダメなんじゃ…」

4月11日、テレビ番組配信サービス『TVer』が、ついにゴールデン番組のリアルタイム配信を開始した。これまでの縦割りや著作権を打破した歴史的なこの日、各局を北海道出身タレントが支配していたと道民が歓喜している。 春の新番組を控えたタイミングもあって、この日の各局は特番を放送。フジテレビ系は『ネプリーグ』を2時間の特番に…

つづきを見る

綾瀬はるか“クイズ中”にポロリ?「出てた」「ふとした時に」

綾瀬はるかが4月11日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)に出演。番組中に思わず「ポロリ」したのではないかと、視聴者が大喜びしている。 綾瀬はドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)で共演する大泉洋らとともに出演。芸人チームと対戦し、勝利を決めた。 視聴者の間で話題になったのは、ボーナスステージの「トロッコアドベンチャー…

つづきを見る

金ロー『新解釈・三國志』に批判「見るに耐えない…」今週のテレビ事件簿ランキング

今週もさまざまなバラエティ番組やCMが話題となったテレビ業界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも注目された、バラエティ番組やCMのランキングと記事をご紹介します(1/27配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 新解釈・三國志 : 金ロー『新解釈・三國志』に大ブーイング「ギブアップ」「見るに耐えない」…

つづきを見る

金ロー『新解釈・三國志』に大ブーイング「ギブアップ」「見るに耐えない」

1月21日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)では、映画『新解釈・三國志』を地上波初放送。映画公開時から批判ばかりの同作だったが、今回も視聴者から酷評が殺到していたようだ。 「新解釈・三國志」は、コメディー作品の巨匠・福田雄一監督が、歴史エンターテインメント「三国志」にギャグ要素を織り交ぜて全く新しい解釈で描いた作品…

つづきを見る

『行列』大泉洋の“借りパク”言い訳に非難「イメージ変わった…」

俳優の大泉洋が4月25日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。マンガの「借りパク」を暴露されてあっさり認めたが、その言い訳が「理解できない」などと視聴者の反感を買っている。 この日は、大泉らのユニット『TEAM NACS』の5人がゲスト出演した。メンバーの戸次重幸は大泉に言いたいことがあるという。 マ…

つづきを見る

『ずっと真夜中でいいのに。』テレビ初出演! 大泉洋の対応にファン激怒

1月30日放送の『SONGS』(NHK)に、大ブレイク中の音楽ユニット『ずっと真夜中でいいのに。』が登場。テレビ初出演ながら圧巻のパフォーマンスを見せつけたが、司会を務める大泉洋が水を差してしまったようだ。 「ずっと真夜中でいいのに。」は、2018年6月にYouTubeへ『秒針を噛む』を投稿して活動を開始。同曲は瞬く間…

つづきを見る

映画『新解釈・三國志』に酷評の嵐!「福田雄一の自己満」「はっきり言って最悪」

12月11日に公開された、福田雄一監督作品の映画『新解釈・三國志』。初日から3日間の累計動員数が55万人を超え、興行収入は約7億7000万円以上の好調な滑り出しを切った。しかし、劇場に出向いた人からは酷評が相次いでいるようだ。 「新解釈・三國志」は、中華統一を巡り〝魏軍80万〟と〝蜀呉連合軍3万〟の争いを描いた『三国志…

つづきを見る