浅田真央

浅田真央の「引退決意から表明まで」引き伸ばした協会の思惑

引退を表明したフィギュアスケートの浅田真央は、昨年末の全日本選手権で12位だった時点で、すでに考えていたことを明かした。だが、発表は4月10日の夜だった。なぜ、この時期までずれ込んだのであろうか。 「世界選手権はフィンランドのヘルシンキで行われましたが、リンクを囲う広告は日本企業ばかり。いまに始まった話ではないですが、…

つづきを見る

浅田真央を狙うテレビ局、自民党、男性タレントの下心

4月12日に現役引退会見を開いたフィギュアスケートの浅田真央が、各方面で“争奪戦”になっているという。 浅田は世界選手権で3回の優勝、2010年のバンクーバー五輪では銀メダルを獲得するなど、現役生活で輝かしい成績を残した。また、好感度も抜群で数多くの企業のCMに起用されている。スキャンダルは当然として、恋愛の噂すらまっ…

つづきを見る

浅田真央の引退で明らかになった村主章枝「ゲテモノ扱い」

フィギュアスケートの浅田真央が4月12日に東京都内で引退会見を開き、「スケート人生で経験したことを忘れずに、これから新たな目標を見つけて、笑顔で、前に進んでいきたいと思っています。皆さん応援どうもありがとうございました」と、涙を交えつつも晴れやかの表情を見せた。 日本スケート連盟(JSF)の橋本聖子会長は、浅田に対し「…

つづきを見る

浅田真央引退に高まる「キャスター起用説」驚きのギャラ試算

引退を表明したフィギュアスケートの浅田真央に、早くもスポーツキャスターとしての活躍が期待されている。 「来年の平昌冬季五輪で解説を依頼されるはずです。その準備として、フィギュアスケート中継のつながりがあるフジテレビのスポーツ番組で起用される予定だそうです。視聴率の低下が著しい『スポーツLIFE HERO’S』が、その筆…

つづきを見る

浅田真央「リカちゃん」のモデルになるも平昌五輪出場は絶望的

フィギュアスケートの世界選手権で、男子は羽生結弦が3年ぶり2度目の優勝に輝いた。さらに羽生は、自らが持つフリー演技(FS)の世界最高得点を更新する223.20点を記録している。 その一方で、2014年に同大会で優勝した浅田真央も“別のメモリアル”を発表していた。 「彼女が選ばれたということは、時代の象徴と捉えられたので…

つづきを見る

層が厚くなったフュギュア女子のなかで気になる浅田真央の動向

フィギュアスケート四大陸選手権の女子は、17歳の新鋭の三原舞依が初優勝を遂げて幕を閉じた。初出場での初優勝は、浅田真央以来の快挙で、故障のため出場を見送った全日本選手権優勝者の宮原知子の代役で出場した本郷理華と、樋口新葉も奮闘した。これで平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子の出場選手をめぐる争いは、ますます分からなくな…

つづきを見る

浅田真央が過去最大の不振で今季を終えた理由

フィギュアスケートの全日本選手権で浅田真央(26)は自己ワーストの12位に終わった。 女子ショートプログラム(SP)でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を披露したが、1回転しか回れず8位と出遅れた。挽回を賭けたフリープログラムでも得点を伸ばせなかった末の結果だった。2018年2月に迫った平昌冬季五輪の出場に危機が迫っ…

つづきを見る

満身創痍の浅田真央はもうトリプルアクセルが跳べない!?

フィギュアスケートの浅田真央(26)が不振にあえいでいる。 グランプリシリーズ(GP)のフランス杯で自己ワーストとなる9位を記録した。その前のアメリカ大会でも6位と振るわず、今シーズンのGPファイナルへの出場権も失った。 「フランス大会での演技終了後、浅田は『自信の全てを失った』と発言しました。そして、この映像を中継し…

つづきを見る

浅田真央が流行語大賞を狙って「あの言葉」を再使用?

スポーツ界でも今年の流行語大賞が話題に挙がってきた。プロ野球関係者からは、広島東洋カープの優勝への快進撃から派生していった“神ってる”を推す声が多い。 この“神ってる”はノミネートはもちろん、スポーツ部門での受賞の可能性は高いと見られていたが、思わぬ難敵が現れた。

つづきを見る

フィギュア世界選手権で見えた日本女子と「世界との差」はどこにある?

アメリカのボストンで行われたフィギュアスケート世界選手権で、日本の女子が11年ぶりに表彰台に立てないという結果に終わった。 日本人選手の順位は宮原知子(18=関西大)の5位が最高で、過去に同大会を3回制している浅田真央(25=中京大)は7位だった。

つづきを見る