浅田真央

「紀平梨花に勝つ!」“浅田真央”を女王・ザギトワが研究中

平昌冬季五輪の金メダリストで、2017年グランプリファイナル覇者のアリーナ・ザギトワが、何と浅田真央を意識しているという。日本の誇る“シンデレラガール”紀平梨花を打ち負かすためだ。 紀平は五輪の18-19年シリーズからシニア入り。グランプリファイナルで2人の一騎討ちが実現したが、ザギトワは破れた。新入りに負けるのは女王…

つづきを見る

浅田真央の『未来』はどこ!? セルフプロデュース公演で燃え尽き

浅田真央よ、どこへ行く? 浅田がプロデュースしたアイスショー「サンクスツアー」が“とりあえず”ファイナルを迎えた。昨年5月から始まり、12月の島根公演で姉・浅田舞の出演が終了。これをもって、ひと段落が付いたわけだ。 「浅田は達成感いっぱいという感じでした。『やり尽くした』とも語っていました」(体協詰め記者) 「第二次燃…

つづきを見る

『まいじつ』2018年に“最も読まれた”記事は「有名モデル」の大失態?

2018年、今年もさまざまなニュースが世間を騒がせました。「まいじつ」でもいろいろな出来事を取り上げたのですが、18年で最も読まれた記事を、ランキング形式で紹介していきましょう。 1位、森泉の「廃墟リフォーム」に疑問と批判が殺到中 森泉の「廃墟リフォーム」に疑問と批判が殺到中 2位、浅田真央「とんでもない発言」に精神状…

つづきを見る

浅田真央『完全終了』!? “16歳の新星”誕生でフィギュア関係者のため息

先ごろ行われたフィギュアスケート・NHK杯で「初出場・初優勝」を飾った16歳の新星、紀平梨花。今や押しも押されもせぬ“時の人”だ。 「初出場で初優勝と簡単に言いますが、これは男女合わせての快挙です。しかもフリーでトリプルアクセルを二度組み込む難易度の高い演技に挑戦して成功。今後、十分に世界と戦っていける逸材です」(テレ…

つづきを見る

浅田真央『アイスホッケー』転向は本気!? フィギュア解説をやらない理由

浅田真央からまたまたギョーテン発言が出た。“ジブン探し”の旅の終着点は、やはり「氷上」らしい。 「アイスホッケーの大会に出たいですね」この予想外の発言が出たのは、保温ティッシュ「鼻セレブ」のPRイベントだった。「鼻セレブ」は現役時代からのご愛用品でもあり、浅田もいつも以上に饒舌になり、商品をアピールしていた。そして、司…

つづきを見る

浅田真央がまたまた珍発言「フィギュアの氷はカキ氷」

浅田真央がカキ氷のウンチクとこだわりを語り始めた。浅田は全国のファンにお礼を伝えるため、格安料金で設定したサンクスツアーの真っただ中だが、“浅田流カキ氷へのこだわり”は、今後の客足にも影響するくらい衝撃的だった。 「羽生結弦などトップ選手が出演するアイスショーは、特等席なら3万円近い金額が設定されます。一方、浅田のサン…

つづきを見る

浅田真央セクシーショット披露も「キム・ヨナは越えられない」理由とは

今年の春ごろ、元フィギュアスケート女王の浅田真央が姉の舞と2人で“セクシーショット”を披露したファッション誌が話題になった。 真央は胸の谷間だけでなく、服の上からでも分かる豊満なバストをアピール。一部から「引退後にバストが成長したらしい」などの声も聞かれたが、話はセクシーショットだけでは終わらない。 浅田は同じころ、自…

つづきを見る

今はxxxxに夢中?浅田真央に「メディアが仕事を頼みにくい」理由

昨年4月にフィギュアスケートの競技生活から引退した浅田真央が、6月15日放送の『ビビット』(TBS系)にVTRで出演し、子供のころからの念願だったというアイスホッケーを始めたことを明かした。 浅田は現在、自身がプロデュースするアイスショー『浅田真央サンクスツアー』で全国を回っているが、その傍らでアイスホッケーにのめり込…

つづきを見る

RADWIMPSの新曲「HINOMARU」抗議行動に批判炎上

音楽バンド『RADWIMPS』が6月6日に発売したニューシングル『カタルシスト』で、カップリングになっている曲の『HINOMARU』が、「軍歌のようだ」「ナショナリズムを高揚させる」など批判を浴びている。 批判されたのは《さぁいざゆかん 日出づる国の 御名の下に》、《気高きこの御国の御霊》という部分の歌詞だ。批判につい…

つづきを見る

浅田真央「ゆるふわスタイル」で自分探し?

元フィギュアスケート選手の浅田真央が、6月8日に茨城県庁を訪問すると発表した。現役時代のコスチュームや国際大会での写真などを集めた展示会が同庁内で開催されるためだ。このときに浅田がどんな格好で現れるのかに、にわかに注目が集まっている。 「浅田は先月発売された女性向けの美容雑誌に出演しています。そのときに髪を下ろしてふわ…

つづきを見る