税金

ビジネス

『Amazon』日本法人の税金「激安過ぎる!」問題

2016年に『パナマ文書』、翌17年に『パラダイス文書』が流出し、著名人たちのタックスヘイブン(租税回避地)を利用した課税逃れが明らかになった。 国税庁も他国の税務当局との情報交換や連携を強化し、将来的には、非居住者(個人・法人など)が、自国に持つ金融口座の残高や彼らの個人情報を交換し合う仕組みも始まる予定だ。 「ただ…

つづきを見る

黒毛和牛やヘリ貸し切り…「ふるさと納税」高額返礼リストの落とし穴

総務省が先ごろ、2017年度に全国の自治体が受け取った『ふるさと納税』の寄付額は前年度より28%多い3653億円だったと発表した。 ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付ができる制度で、手続きをすると所得税や住民税の還付・控除が受けられる。多くの自治体が地域の名産品などのお礼の品を用意しており、寄付金の“使…

つづきを見る

給料の手取り「高い国ランキング」韓国に負けた日本

所得の平均値と各種税金、健康保険や年金拠出などを比較した『純賃金が高い国ランキング』で、日本は8位になった。このランキングは、アメリカの金融情報サイト『howmuch.net(ハウマッチドットネット)』 が、OECD(経済協力開発機構)に加盟する35カ国から2017年のデータを参照に作成したものだ。 1位はスイス、次い…

つづきを見る

申告漏れで損する!? 個人住民税の通知金額が毎年違う理由

5月から8月にかけて送られてくる個人住民税の『納入告知書』『納付書』『特別徴収税額通知書』だが、思ったより「高い!」と感じたことはないだろうか。何となくそのまま納付している人が多いが、どのような計算で金額が決定しているかを知ることで、今後の節税に役立てることができる。 個人住民税は前年の所得を元に計算するため、高いと感…

つづきを見る

意外な品目も…4月からの「ステルス値上げ」に注意

新年度が始まる4月。この時期はさまざまな商品の値上げが予定されているが、特に嗜好品は家計への影響も決して小さくない。 日本たばこ産業(JT)は『エコー』、『わかば』、『ゴールデンバット』など、旧3級品6銘柄の価格を1箱40円値上げする。今回の値上げは、旧3級品にかかっていた特例税率が2019年4月1日までのあいだに段階…

つづきを見る

5年間の猶予がある「還付申告」いま一度チェックを!

今年の確定申告もいよいよ3月15日で申告期間が終了する。しかし、必ずしも期日までに申告書を提出しなければならないわけではない。年末調整を受けた会社員や、パート・アルバイトの人が『還付申告』をする場合は、3月15日という期日にこだわる必要はないのだ。 一般的にサラリーマンは会社で年末調整を受けるので、確定申告の必要がない…

つづきを見る

高過ぎる「固定資産税」に不満がある場合どうすべきか

東京都内や大都市で暮らしながら、田舎の実家の不動産を相続するケースがある。しかし、実家に戻る予定がないために、売りに出そうとするものの、田舎の不動産はそう簡単には売れない。もちろん、田舎と言っても場所によるのは言うまでもない。 不動産は売却できない場合、所有しているだけで毎年、『固定資産税』を納めなければならない。生活…

つづきを見る

税金が戻ってくる「セルフメディケーション税制」って?

個人事業主が確定申告をする際に、意外と盲点になっているのが『セルフメディケーション税制』だ。2017年から開始されたばかりの税制度で、名前は何となく聞いたことはあるけど、実際に詳しいことは分からないという人も多い。 これまで『医療費控除』を受け取るためには、年間10万円という目安があったが、実際のところ、大きな手術や怪…

つづきを見る

金

「年末調整」で1円でも多く戻すために注意すべきこと

今年も年末調整の季節がやってくる。会社員の人は、勤務先から渡された書類を適当に書いて提出してしまう人も多いのではないだろうか。 しかし、ちょっとしたことを確認するだけで、思わぬ節税につながることもある。いまからきちんと準備をしておこう。 そもそも年末調整とは、簡単に言うとその年の所得税を勤務先が計算してくれる仕組みだ。…

つづきを見る

もはや富裕層の「節税対策」と化したふるさと納税

ふるさと納税の新たな活用法が、富裕層を中心に注目を浴びている。 千葉県房総半島の中央にある、人口約1万人の大多喜町が始めたふるさと納税でもらえる『ふるさと感謝券』(金券)が、富裕層の一部で話題となった。同町は2014年12月に返礼品として金券を贈り始め、2015年度の寄付額は前年度の40倍近い18億5500万円になった…

つづきを見る