詐欺

お手軽『退社代行サービス』の裏に潜む“詐欺まがい”のトラブル集

最近は、会社を辞める際に『退職代行サービス』を利用する人が増えているが、急拡大の裏で業者の乱立によるトラブルが続出しているという。 同サービスは、会社を辞めたいと思っているのに申し出る勇気がない人や、辞表を提出したのに会社から激しい引き留めにあっている人に代わって、会社側に〝退職の意向〟を伝えてくれるサービス。昨年末か…

つづきを見る

『ぺ二オク事件』を神妙に語る小森純に“同罪芸能人”ども冷や汗たらり…

かつてテレビのバラエティー番組などでブレークしたモデルでタレントの小森純が、4月22日放送の『ヒロミーティング』(日本テレビ系)に出演。ブログの不適切記事を巡り活動自粛に追い込まれた経緯を振り返ったことが話題になっている。 小森は2003年にギャルメークが話題となり、売れっ子モデルとして活躍。その後、バラエティー番組で…

つづきを見る

「マジに危ない」電話による『グーグルマップ詐欺』に気をつけて!

『Googleマップ』を悪用した振り込め詐欺が横行しており、被害者が急増しているという。 通常、振り込め詐欺は、電話がかかってきたり通信文書を受け取ったりすることから始まり、相手に騙されて金銭の振り込みを要求される犯罪のことを指す。しかし、現在、アジア各地で横行している『リバースビッシング』と呼ばれる振り込め詐欺は、“…

つづきを見る

女子高生『第3次韓流ブーム』を狙う“悪質詐欺”の被害が増殖中!

このところ連日のように韓国アイドルグループ『防弾少年団』(BTS)の“原爆Tシャツ問題”がマスコミをにぎわせているが、一方で、そんな騒動どこ吹く風と、女子中高生を中心に“第3次韓流ブーム”が加熱している。 「日本における韓流ブームの始まりは2004年に放送されたドラマ『冬のソナタ』の“ヨン様ブーム”が始まりでした。けん…

つづきを見る

危険!「無料のはず」が…勝手に『課金』させる詐欺アプリが横行中

先日、米アップル社から最新モデルが発表されたばかりのiPhone。初心者でも分かりやすいユーザーインターフェースと最先端の技術が盛り込まれており、日本のスマホシェア率は何と68.5%(2017年10月時点)を占めている。 最新モデル『iPhone XS』では顔認証の“Face ID”がバージョンアップされ、アプリの購入…

つづきを見る

騙される女性が急増中!「メールレディ―詐欺」に気を付けて

「初心者でも簡単に稼げる!」「初期費用一切不要」――SNS上や求人サイトでこんな書き込みを見たことはないだろうか。 最近、女性をターゲットに副業を斡旋する詐欺広告が急増しており、大きな社会問題になっている。 「『メールレディー詐欺』と呼ばれています。最近、主婦向けに“在宅で気軽にアルバイトができる”という触れ込みの求人…

つづきを見る

「オレオレ」より流行しているハガキを使った詐欺手口

ここ最近、“ハガキ”を使った詐欺が再び増えており、被害も拡大している。全国の消費生活センターなどには、架空請求に関する相談が相次いでおり、2017年度は約18万件と前年比2倍以上に急増した。《未納料金があるので、支払わないと控訴する》といった内容のハガキが届いたら注意が必要だ。 「送られてくるハガキには《民事訴訟管理セ…

つづきを見る

詐欺で摘発された「クレーンゲーム機」の真実

ゲームセンターに設置されている『クレーンゲーム』で高額な商品をもらえるとうたいながら、実際には機械に細工して商品が取れないようにし、客から料金をだまし取ったとしてゲームセンターの経営者らが詐欺の疑いで逮捕された。 問題となっているゲームセンターは、店に来た客の前で商品を釣り上げるところを実演してみせ、実際に客がプレイす…

つづきを見る

安室奈美恵引退ツアーの「チケット詐欺」が増殖中

来年9月で引退する安室奈美恵の5大ドームツアー(来年2月~6月)のチケットが、とんでもない争奪戦になっている。先行予約の抽選に応募が殺到し、多くのファンにチケットが回り切らない可能性があるばかりか、これまで芸能界の人脈に頼って関係者席を押さえていた音楽業界人さえ、チケット確保が難しい状況だという。 「この事情に付け込ん…

つづきを見る

また忖度!?補助金詐欺企業と安倍晋三首相の「グレーな関係」

東京地検特捜部は12月5日、詐欺などの疑いで東京都千代田区のベンチャー企業『PEZY Computing』(ペジーコンピューティング)を捜索するなど強制捜査に入った。経済産業省が所管する国立研究開発法人『新エネルギー・産業技術総合開発機構』からの技術開発支援に対する多額の助成金を、社長らが不正に受け取っていた疑いがある…

つづきを見る