詐欺

危険!「無料のはず」が…勝手に『課金』させる詐欺アプリが横行中

先日、米アップル社から最新モデルが発表されたばかりのiPhone。初心者でも分かりやすいユーザーインターフェースと最先端の技術が盛り込まれており、日本のスマホシェア率は何と68.5%(2017年10月時点)を占めている。 最新モデル『iPhone XS』では顔認証の“Face ID”がバージョンアップされ、アプリの購入…

つづきを見る

騙される女性が急増中!「メールレディ―詐欺」に気を付けて

「初心者でも簡単に稼げる!」「初期費用一切不要」――SNS上や求人サイトでこんな書き込みを見たことはないだろうか。 最近、女性をターゲットに副業を斡旋する詐欺広告が急増しており、大きな社会問題になっている。 「『メールレディー詐欺』と呼ばれています。最近、主婦向けに“在宅で気軽にアルバイトができる”という触れ込みの求人…

つづきを見る

「オレオレ」より流行しているハガキを使った詐欺手口

ここ最近、“ハガキ”を使った詐欺が再び増えており、被害も拡大している。全国の消費生活センターなどには、架空請求に関する相談が相次いでおり、2017年度は約18万件と前年比2倍以上に急増した。《未納料金があるので、支払わないと控訴する》といった内容のハガキが届いたら注意が必要だ。 「送られてくるハガキには《民事訴訟管理セ…

つづきを見る

詐欺で摘発された「クレーンゲーム機」の真実

ゲームセンターに設置されている『クレーンゲーム』で高額な商品をもらえるとうたいながら、実際には機械に細工して商品が取れないようにし、客から料金をだまし取ったとしてゲームセンターの経営者らが詐欺の疑いで逮捕された。 問題となっているゲームセンターは、店に来た客の前で商品を釣り上げるところを実演してみせ、実際に客がプレイす…

つづきを見る

安室奈美恵引退ツアーの「チケット詐欺」が増殖中

来年9月で引退する安室奈美恵の5大ドームツアー(来年2月~6月)のチケットが、とんでもない争奪戦になっている。先行予約の抽選に応募が殺到し、多くのファンにチケットが回り切らない可能性があるばかりか、これまで芸能界の人脈に頼って関係者席を押さえていた音楽業界人さえ、チケット確保が難しい状況だという。 「この事情に付け込ん…

つづきを見る

また忖度!?補助金詐欺企業と安倍晋三首相の「グレーな関係」

東京地検特捜部は12月5日、詐欺などの疑いで東京都千代田区のベンチャー企業『PEZY Computing』(ペジーコンピューティング)を捜索するなど強制捜査に入った。経済産業省が所管する国立研究開発法人『新エネルギー・産業技術総合開発機構』からの技術開発支援に対する多額の助成金を、社長らが不正に受け取っていた疑いがある…

つづきを見る

「金出した奴が本当にバカ」梅沢富美男が詐欺被害者を罵倒

俳優の梅沢富美男が、4月19日に放送された『バイキング』(フジテレビ系)にゲストで出演し、出資法違反容疑で熊本県警に逮捕された山辺節子容疑者に関する事件で、出資した人に苦言を呈した。 山辺容疑者は高い利息を約束し、知人男性2名から計6800万円を違法に集めた疑い。このほか数十人から同様の手口で計7億円以上を集めたとみら…

つづきを見る

内山信二「カニ」で大損!芸能人が教える本当にひどい詐欺事件

2017年になってから詐欺被害を告白する芸能人が多い。 2月21日に放送された『スッキリ!!』(日本テレビ系)では、はるな愛の過去の交際相手が、はるなの本名の『大西賢示』を悪用し、2億円を借金していたことを明かしていた。 その前日には山口もえが『あさイチ』(NHK)で、“お試し詐欺”の被害にあっていたことを告白している…

つづきを見る

高齢者だけじゃない「20歳」が狙われる悪徳商法の数々

悪質商法のターゲットといえば高齢者がすぐに思い浮かぶが、最近では20歳の若者も狙われているという。 「全国の消費生活センターに寄せられる20歳の人からの相談件数は、19歳の約2倍に増えるのです。例えば、昨年の国民生活センター調べによる、契約当事者相談数は18~19歳が5747件に対し、20~22歳は8935件となってい…

つづきを見る

NPO法人理事長にまで登り詰めた「名うての詐欺師」をのさばらせた東京都の雑な役人仕事

NPO法人『全国健康増進研究会』元理事長の滝川英吉容疑者(68)が、警視庁に詐欺容疑で逮捕された。 その手口はシンプルなもので、滝川容疑者は「障害者・福祉施設に寄付するテレビを買いたい。代金は翌月支払う」などと介護用ベッドの大手メーカー、パラマウントベッドの担当者に嘘を言い、約6年前から900台(約1億円相当)以上をだ…

つづきを見る